• アイデアを投稿する

お知らせ

お知らせがあるとここに表示されます

コメント

コメントがあるとここに表示されます

失敗しない家づくりの土地探し方法と土地購入の流れ

  • クリップ

土地の選び方

理想の土地を探し、実際に購入するためにはいくつかの手順が必要です。
土地との出会いはご縁の問題もありますが、まずは土地の形状によって家づくりにどんな影響があり制約がありえるのかを理解し、また安全な地質かを見極めるための基礎知識を身につけ、価格が相場かどうかもきちんと調べたうえで購入の意思決定をすることが大切です。
購入意欲が高まっても、一気に契約するのではなく、土地の重要事項説明書をよく読んで納得してから契約書にサインをするなど、おさえておきたい失敗を防ぐ契約の流れがあります。
以下は土地探しのための情報をまとめた記事です。土地探しのために、ぜひ参考にしてください。

 

■土地探し参考まとめ記事

土地探しに関する情報収集方法について

土地探しをするときには、情報収集をする必要性があります。どんな場所に暮らすかということには、自分や自分たち家族のライフスタイルが大きく関わります。家のように建て替えやリフォームができない分、土地探しは家づくり以上に情報を集め、吟味して選ぶつもりで取り組むべきといってもよいでしょう。

土地探しの情報源の種類

では実際に土地探しをするとき、情報収集の方法にはどんな種類があるでしょうか。

 

情報誌

駅やコンビニなどに、住宅情報のフリーペーパーが置かれていることがあります。

 

新聞の折り込みや広告

その地域の相場感をつかむことができます。

 

不動産屋

住みたいエリアが決まっていれば、そのエリアの不動産屋をあたってみるのもよい方法です。

 

住宅会社

土地選びと家作りのプランは切っても切れない関係。家づくりを頼みたい住宅会社が決まっていれば、住宅会社に土地情報を聞いてみましょう。

 

インターネット

数多くの物件を比較できます。

 

自分で探す

住みたいエリアを歩きまわり、空き地を見つけます。

 

土地情報収集方法別のメリットとデメリット

それぞれの情報収集方法の、メリットとデメリットを見てみましょう。

 

情報誌

メリット:身近な場所で入手できるため、とにかく一度手に取ってみましょう。多くの物件を比較することができ、エリアごとの相場感もつかむことができます。
デメリット:情報の新しさには期待できないこともあります。

 

新聞の折り込みや広告

メリット:住みたいエリアの情報が載っていれば、とても役立つものになります。
デメリット:遠方の土地を探したいときには向かない方法です。

 

不動産屋

メリット:事務所に入って話を聞くのには少し勇気が必要ですが、その土地、そのエリアに根付いた不動産屋は大きな味方です。行ってみたときに物件がなくても、希望条件に合う土地が出た時に連絡をもらうといったこともできます。
デメリット:「よい土地だから早い者勝ち」「手付け金を払いませんか」などと、契約を急がせるような不動産屋には注意が必要です。

 

住宅会社

メリット:選んだ土地に、希望の家を建てられるかどうかといった、トータルな判断ができます。新興住宅地などに、住宅会社が建築条件付きの土地を持っていることもあります。
デメリット:住みたいエリアが限定されている場合には対応できないこともあります。

 

インターネット

メリット:情報の豊富さ、情報の新しさがあります。自分の空いた時間で調べられます。
デメリット:情報量が膨大な分、住みたいエリアがある程度決まっていないと何も決められないことになりかねません。

 

自分で探す

メリット:自分の足で歩けば、周辺の環境もよく知ることができます。
デメリット:目処を立ててから行わないと、当てもなく歩くことになってしまうため。よほど住みたいエリアが絞られているときにこそ有効でしょう。

 

土地の情報収集をする際のコツと注意点

土地探しの情報収集を行なうとき、どんな注意点があるでしょうか。まずは「足を使う」ことです。各種紙媒体やインターネットで情報を得るだけでなく、気になった土地は必ず自分で見に行ってみましょう。
「土地に出物はない」と言われます。土地には高いなら高いなりに、安いなら安いなりに理由があるものです。「このエリアにしては安い土地だな」というところは、見に行ってみると道路幅が狭かったり急な坂道の上だったりと、何かしら「これが値引きの理由か」という点が見当たります。資料をあたり、そのあと足を運ぶ。何度かそれを繰り返すことで、土地の特徴がつかみやすくなり、自分たちの希望に合った土地かどうかが分かるようになります。

 

土地探しの情報収集まとめ

多くの人が、一生をそこで暮らすつもりで探す土地。自分たち家族の希望に合った土地を見つけたいものです。探すのには時間がかかるかもしれません。実際に何年も土地を探しているという人もいます。けれどなるべく妥協せず、土地に求めることに優先順位を付け、納得できる土地選びをしてほしいものです。

 

土地購入業者(不動産屋)の選び方

どんな商品を買うにしても、まずはお店でチェックをしてお店から商品を買うように、土地もその土地を紹介し、販売してくれる業者を介して購入することになります。業者(不動産屋)によって管理している土地もいろいろなので、どの業者を選ぶのかもとても重要になってきます。数軒を周って、誠実に対応してくれる業者を選ぶようにしてください。契約を急かす業者は要注意。
そして土地選びがひと段落したら、次に家をたてる業者を選びましょう。

★関連記事はこちら
失敗しない家づくりの依頼先・住宅会社の選び方

「さあ家づくり!」と思ったとき、誰もが悩むのが「どんな会社と家づくりを進めるか」でしょう。理想どおりの住まいを完成させるために、自分達が求める家のイメージに近いプランをだしてくれる依頼先で、かつアフターフォローや家づくりへの思いにフィットする依頼先を選ぶことが大切です。依頼先の選び方やそれぞれの特徴を紹介します。

土地の見方、調べ方

土地の値段は、場所はもとより、土地の形状や状態によっても差が生じます。以下の記事から一般的な土地の種類やその特徴、プランでの活かし方、見た目では分からない性質や状態の調べ方などを理解しましょう。

 

住宅建設時の特殊条件の土地と生かし方

特殊条件のある土地とは、住宅密集地や狭い路地が手前にある旗ざお状敷地などの変形敷地、敷地内に高低差がある傾斜地、埋め立て土地のような軟弱地盤の土地、定期借地権つきの土地、中古住宅つきの土地のことなどをいいます。そんなちょっと難有り土地をうまく生かすためのアイディアや工夫をご紹介。

 

調査ではじめてわかる!土地の性質と価値の調べ方

土地の地盤の悪さなど、見た目からでは分からない土地の性質などはいったいどうやって調べることができるのでしょうか。詳しく紹介します。

 

土地購入や家づくりに必要な手続きとお金(相場・費用)について

「土地を買って、家を建てるぞ!」と思っても、家づくり初心者にとっては、相場感も分からないし、どんな費用が発生するのかもピンとこないはず。以下の記事で、だいたいの金額目安や必要な費用について頭に入れておきましょう。

 

家づくり・土地購入の流れと相場・費用

家を建てる場合、いったいいくらくらいのお金が必要なの? 必要なお金は建物と土地以外にも何かある? そんな基本の疑問に答えます。

家づくり・土地購入にかかる税金

家を買う時に消費税がかかりますが、土地購入には実は消費税はかかりません。ですが、別の税金、例えば不動産取得税がかかってきます。住宅取得時に、何についてどんな税金がかかるのかについてまとめました。

土地に関する法規制や特殊条件

土地を誰もが自由に使えて、好き勝手に建物を建ててよいとなると、街はカオスと化してしまいます。誰もが平等に安心して暮らせて、なるだけ問題が生じないようにするためにも、土地にはある程度の法による規制は必要。ただし、規制や条件などを理解しないまま購入すると、あとで取り返しがつかなくなります。後悔しないためにも、事前に法規制や土地がもつ特殊条件について頭に入れておきましょう。

 
 

購入する前に知っておきたい土地の法規制

自分の土地であっても、好きな大きさの家を自由に建てられる訳ではなく、法律によってさまざまな規制を受けます。中心となるのが「建築基準法」でほかに「都市計画法」「消防法」「民法」などが関わってきます。プランニングにとりかかる前に、まず建設予定地にどれくらいの規模の建物が建てられるのかを把握しましょう。ここでは、最低限知っておきたい基本的な法規制について解説します。

­

土地がもつ制約の用途地域とその特徴

どんな場所にも自由に建物を建てられる訳ではありません。商業施設や工場、病院などが無秩序に乱立すると街が混乱してしまうため、「都市計画法」では用途地域を定め、用途の近い建物をまとめることで環境を守り、利便性が向上するようにしています。ここでは用途地域を住居系、商業系、工業系の3つに分けて、12種類をご紹介します。この機会に、ご自身が住みたいと思っているエリア(土地)の用途地域を知っておきましょう。

­

問題は克服できる!住宅建設時の特殊条件の土地とその生かし方

土地の敷地条件の善し悪しを判断するのは、素人にはなかなか難しいもの。ここでは、最低限知っておきたい特殊な条件の敷地や、それらの生かし方、また条件付き土地のメリット・デメリットについて説明します

­

悪い土地を克服する変形敷地の生かし方

世の中には、「細長い」「三角形」「傾斜」など複雑な形をした土地があります。土地は必ずしも整形地ではないため、変形した敷地はややこしくて買う気がしない、という方もいらっしゃるでしょう。しかし、変形敷地だとしても、そのデメリットをメリットにしたり、問題点を解決できるアイディアがあります。ここでは、変形敷地に家を建てるためのそれぞれの生かし方をご紹介。

­

土地探しのコツと注意点

家づくりをする上で、建物と同じくらい重要な土地探しですが、賢く見つけるためにはどうしたらいいの? 数多くの失敗&成功例を見てきたプロの立場から、土地を選ぶときの5つの鉄則を教えてもらいました。

 

土地探しの失敗例と成功例

土地についていろいろ調べたつもりでも、いざ住んでみると後悔することも。逆に、期待はしていなかったけれど、プラン法などでマイナス面をうまくプラスに変換できて、大満足な暮らしを手に入れることもできます。実際の失敗例と成功例からヒントを見つけてください。

 
 

失敗事例から学ぶ土地探しのコツ

長く暮らすことになる大切な土地選び。絶対に失敗したくありません。だからこそ、誰もが慎重に情報を集めて検討するはずなのですが、そうはいっても住み始めてから「失敗した!」と後悔することもはやりありえるのも実情。例えばどんな失敗事例があるのかを知って、リスクを回避しましょう。

 

土地探しでよくある失敗事例

①日当りが悪かった

紹介された土地を見に行ったのは初夏。そのときには日当りよく見えた土地でしたが、約1年のちに家が建って住み始め、初めての秋冬シーズン。3階建ての隣家の影によって家の中は暗くなり、昼間から電灯を点けなければならないこともあります。

 

②南側にマンションが

家の南側が畑という土地。見晴らしも日当りも風通しも抜群な家が建ちましたが、住み始めてしばらくしてから、畑の所有者がマンションを建設してしまいました。見晴らし、日当り、風通しがすべて悪くなった家の中で、気持ちもふさぎがちです。

 

③静かな住宅街の夜の怖さ

幹線道路や鉄道、繁華街から距離のある、閑静な住宅街に家を建てて静かで落ち着いた暮らしをしています。昼間はよいのですが、夜になると人通りも途絶え、街灯も少なく、一人歩きするのは怖いほど。子どもの帰宅時にはお迎えが必要です。

 

④ご近所の様子が分からなかった

住み始めてからご近所の様子が分かるといったこともあります。隣家からピアノの音が聞こえる、犬の鳴き声がうるさい家があるなどの騒音系や、自治体や子供会の活動が盛んで、仕事をしている人もなんとか都合をつける必要があって大変だということも。

 

⑤ゴミ集積所

新興住宅地で、どこも同じような広さの土地なのに、少し安めだった角地。飛びついて買いましたが、家の前がゴミの集積所に設定されていました。時々ゴミ出しマナーの悪い人がいたり、カラスが荒らしたりでゴミが散乱することもあり、掃除がたいへん。夏場などは匂いの問題もあります。

 

⑥建て替えできない

住み始めて20年。長く暮らした家にはくたびれてきた箇所もあり、建て替えを決意。3階建ての二世帯住宅にして息子夫婦と共に暮らす計画を立てましたが、容積率の問題で、3階建ては建てられないことが判明。同居を諦めるか、引っ越しをするか迷っています。

 

事例から学ぶ土地探しのコツとは?

失敗例①「日当りが悪かった!」のコツ:夏と冬、昼間と朝夕の日当りをチェック

紹介された土地を見に行ったのは初夏。そのときには日当りよく見えた土地でしたが、約1年のちに家が建って住み始め、初めての秋冬シーズン。3階建ての隣家の影によって家の中は暗くなり、昼間から電灯を点けなければならないこともあります。 日当りは、夏と冬で全然違います。夏至の太陽の高さはおよそ78度、冬至の太陽の高さはおよそ31度(どちらも正午時点)。78度の角度から注ぐ太陽は、ほとんど影を落とさないため、どんな土地も日当りよく見えます。しかし日が短くなるにつれて、まわりの建物の影がどんどん大きくなってくるのです。季節や時間が変わったときの日当りがどうなるのかをよくイメージしてください。

失敗例②「南側にマンションが」のコツ:用途地域チェック

土地のまわりの畑や駐車場は、実は要注意。この先、いつ背の高い物件が建つとも限りません。自分の買いたい土地の用途地域や建ぺい率、容積率はもちろんチェックするはずですが、道を一本隔てた向かいの土地はどうなのかも調べます。どのくらいの規模の建物が建つ可能性があるのかを知っておきましょう。

失敗例③「静かな住宅街の夜の怖さ」のコツ:土地は朝、昼、夜と時間を変えて見にいくことが鉄則

町の様子は一日のうちでも変わります。閑静な住宅街だと思っていたけれど、朝の通勤時間帯は車通りが多くてうるさいとか、失敗例のように夜が静かすぎて暗すぎて怖いとか、さまざまなことがあります。ウイークデーと週末でも印象が変わります。シチュエーションを変えて、土地と町の様子をチェックしてください。

失敗例④「ご近所の様子が分からなかった」のコツ:不動産屋さんやご近所さんに尋ねる

家を建てるとき、ほとんどの人がそこでずっと暮らすつもりで建てるでしょう。ご近所との関係性もずっと続いていくわけですので、なるべく良好なご近所関係を築きたいものです。土地の様子を見に行くときに、ご近所に住み心地や利便性などと共に周辺環境を聞いてみることができれば安心です。明らかなトラブルメーカーがいる場合などは、不動産屋さんもその情報を持っていることもあります。

失敗例⑤「ゴミ集積所」のコツ:土地に出物は無いと知る

相場より安い土地には、安いなりの理由があると知りましょう。ゴミ集積所が目の前にある土地は、5%からときには10%ほど安く設定されています。それほどゴミ集積所は資産価値を下げる施設なのです。 前日に出されたゴミを猫やカラスが荒らしたり、分別のできていないゴミが回収されずに残っていたりすると大変です。ゴミ収集車が来る時間が遅い地域だと、長く臭うこともあります。その地域のゴミ集積所がどんな使われ方をしていて、マナー面はどうなのか。事前にチェックできるといいですね。

失敗例⑥「建て替えできない」のコツ:建ぺい率・容積率をしっかり知る

土地には、土地の利用方法を定めた法律「都市計画法」があります。中でも良好な住環境を守ろうとする住居系の専用地域には、建ぺい率・容積率に加え高さ制限や構造などの厳しい規制があります。選ぶ土地によって、3階建てにできなかったり、これ以上の増築が不可能だったりという制限がかかります。その土地にどんな建物が建てられるのか、将来のことも考えながらチェックしてください。

 

土地探しの失敗事例まとめ

不動産業界では「土地に出物はない」と言われますが、また、「土地は出会い」とも言われます。直感でここだ!と決めて、そのあと何の不満もないという人もいますし、何年も何年も探し続けてやっと決めた土地に後悔する人もいるのが難しいところです。通勤や通学の利便性、日常の買い物をする場所や銀行、病院などの周辺施設の充実具合、ご近所との関係性など、土地選びの条件にはさまざまなものがあります。それらに家族なりの優先順位をつけ、自分の足を使って確認し、納得できる土地を選んでください。

 

土地探しの成功例

狭小地での家づくり成功例

狭くて隣家が接近した土地でも、視覚的に広く見せる工夫や縦の空間を活用して狭さをカバーしたり、窓のつけ方などで日当たりや通風を確保しながらプライバシーを守ることは可能です。小さくてものびのびと、豊かさを感じながら暮らせる家づくりのプランを紹介します。

­

希望のエリアでの家づくり成功例

希望していた土地でちょうどいいくらいの土地が売りに出された! そこから急展開した家づくり。どんな風に家づくりが進んでいったのか、実際のレポートから流れを体感してください。

­

変形地での家づくり成功例

変形地に合わせて家を建てると建物や部屋の形が変形になり、変形地に整形の家を建てると敷地に余白が生まれます。でも、それを「使い勝手が悪い」「家が狭くなる」と考えず、「個性豊かな家」「生活のゆとりスペース」ととらえれば、魅力的な家に一歩近づきます。余った敷地に小さな庭をつくるなど、何かおもしろいことができないか、考えてみましょう。デメリットはメリットにもなりえます。変形地をポジティブに捉えられるアイディアを紹介します。

傾斜・高低差での家づくり成功例

傾斜や高低差がある敷地は土地代が安く、高低差をうまく処理できればおトクなことも。ただし、擁壁工事や地盤改良工事が必要になるケースが多いので、注意が必要です。近隣の地盤データを参考にしたり、高低差の処理方法などを、専門家と相談しながら進めましょう。高低差のある敷地は扱いが難しい半面、眺望が素晴らしかったり、自然豊かな環境を手に入れることができたりと、独自の魅力も備えています。擁壁や土留め工事でかっちり造るのではなく、できるだけ自然の地形を生かしたプランを考えると、コストを抑えながら自然環境にとけ込んだ家にすることも。難条件をプラスに変えるアイディアを紹介します。

土地づくりの地盤と基礎工事について知る

家は土地の上にただ建てればよいとものではありません。草花に地中に根を張るように、家を頑丈にしっかりキープさせるにはしっかりとした土地という土台が必要になります。地盤の状態というのは、家を建てるにふさわしい土地かどうかの状態のこと。軟弱な土地だと家はすぐにグラついてしまうので、土地の改良が必要になります。
また整備した土地に家を建てるときにも、建物の土台をつくる基礎工事というものを行います。
ここではどういった種類の地盤改良法があり、どんな基礎工事があるのかを紹介します。

土地作りの安全な地盤と住宅の基礎工事

自然災害を止めることはできませんが、慎重に土地を選ぶことで、災害による住まいの被害を最小限に食い止めることはできます。被害をできるだけ抑えるためには、地盤の状態が重要なポイントです。こちらでは地盤工事の種類や方法、基礎工事の種類などを紹介します。

­

家づくりにかかる建築費の内訳と目安

家づくりには、土地以外にもいわゆる建物そのものの代金、つまり建築費がかかるのは誰もが想像できると思いますが、ではその建築費にどういう項目が含まれているのでしょうか? ここでは、家を建てる際に必要な建築費の内訳を分類して、その費用の目安をご紹介します。

土地探し関連お役立ち情報

【敷地選び編】コストダウンのアイディア集

「安くていい土地を見つけたい」とは誰もが思うこと。一見悪条件に思える土地でも、アイディア次第では快適な家を建てることができます。一方、高低差のある土地や地盤の悪い土地、井戸があるような土地は改善に費用がかさむので注意が必要です。また安くても水道が引かれていない土地も結果として普通の敷地と同じ金額になってしまうこともあります。上手な土地の選び方を紹介します。

土地探しQ&A

これから家を建てようという方にとって、土地の購入はその後の将来を左右するとても大切なプロセスです。その土地購入を成功させるためにも、少しでも多くの情報を頭に入れておきたいもの。専門家監修のもと、土地購入にまつわるQ&Aを紹介します。

まとめ

土地状態や価値は素人目には判断がつきにくいものですが、事前に情報を頭に入れておけば、だいたいの目安はつくようになります。また、何度か土地をチェックするうちに相場感も身についていくはず。ここで紹介した記事をしっかり頭に入れて、運命の土地を探してください。 そして、気に入った土地を手に入れたら、次は「家づくりのアイディアページ」に進みましょう。

次のステップはこちら 家づくりアイディアページへ アイデアを どんどん活かそう!

準備から完成までの流れがひと目でわかる! 家づくりカレンダー 「何から手をつけていいかわからない・・・」 そんな方、こちらをまずクリック! まずはここから CLICK

おすすめ記事

木造住宅のメリット・デメリット!耐久性・耐震性・耐火性は大丈夫?

注文住宅と建売住宅の違いとメリット・デメリット!どちらがおすすめ?

 

 

 

  • クリップ

コストコ男子さん

7909

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

おおもりメシ子さん

2805

おいしいもの妄想家♪ お鮨とお肉と日本酒とワイン...

ひこまるさん

1789

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

ちゃこさん

1686

8歳の女の子と7歳の男の子のママです。出産前は美...

michiカエルさん

1602

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...

ちゃこさん

83977

8歳の女の子と7歳の男の子のママです。出産前は美...

コストコ男子さん

66715

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

香村薫さん

44092

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

ひこまるさん

34733

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

原田ひろみさん

28197

兵庫県在住 ライフオーガナイザー/クローゼットオ...

コストコ男子さん

301126

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

244775

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ちゃこさん

183774

8歳の女の子と7歳の男の子のママです。出産前は美...

花ぴーさん

155088

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

ひこまるさん

132127

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

夏バテ解消!ねばとろレシピコンテスト
釘いらず!小さなDIYコンテスト
3ステップ以内!のっけ麺コンテスト