お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

じゃがいもって冷凍できる?おいしく保存する方法&アレンジレシピを紹介!

  • クリップ
じゃがいもって冷凍できる?おいしく保存する方法&アレンジレシピを紹介!

肉じゃが、カレー、フライドポテトなど、ホクホクの食感でどんな料理に使ってもおいしいじゃがいも。和食でも洋食でも合うので、毎日の食卓に欠かせない野菜のひとつです。

ストックしていつでもおいしく食べたいじゃがいもですが、いつの間にか芽が出たり、シワシワになってダメにしてしまった、なんてこともありますよね。
そんな経験がある人に朗報!なんとじゃがいもは冷凍保存ができるんです。

今回は、おいしいまま長持ちさせられる冷凍保存のコツや、冷凍じゃがいもを使った簡単アレンジレンジメニューを紹介しちゃいます。

じゃがいもの基本の保存方法は?冷凍できるの?    

普段、じゃがいもをどのように保存していますか?
買ってきた時のまま冷蔵庫に、という人も多そうですが、じゃがいもは常温での保存がオススメ。
風通しの良い冷暗所に置いておくことが、一番おいしい状態でじゃがいもを長持ちさせられる保存方法なんだそう。意外と簡単ですね。

でも生のままでは食べられないじゃがいもは、皮をむいたり茹でたりの下処理が面倒!時間がある時に下ごしらえをしておいて、ササっと使えたら便利ですよね。そんなときには冷凍保存がベスト。

冷凍庫から出してそのまま調理に使えるので時短にぴったり。おいしい状態をキープしたまま冷凍保存する方法をはじめ、冷凍・常温・冷蔵、それぞれの上手な保存の仕方をチェックしてみましょう!

冷凍で保存する場合(保存の目安:約1か月)

冷凍OKとは言っても、生のじゃがいもを丸ごと凍らせるのはNG。そのまま凍らせると組織が壊れてしまい、解凍した時に水分が抜けてホクホク食感がなくなってしまいます。

じゃがいも入りの料理をそのまま冷凍するのもダメ。料理に含まれる水分が氷になる時にじゃがいものデンプン質を壊してしまうため、解凍するとグズグズの食感になってしまうんです。

冷凍したカレーのジャガイモの味が落ちるのはこういうわけだったんですね。じゃがいもをおいしく冷凍するのはちょっとしたコツが必要。状態別の冷凍保存の仕方をご紹介!

・生のじゃがいもの冷凍方法

生のじゃがいもを冷凍する場合は、まず皮をむいて千切りにします。なるべく細めに切るのがおいしさを保つポイント!水にさらした後水気をしっかり取って保存袋などに入れ、冷凍庫に保存しましょう。

・加熱したじゃがいもの冷凍方法

調理した時に、よりおいしくするには、じゃがいもを加熱してから冷凍するのがオススメ。

フライドポテトなどにする場合は、まずじゃがいもをくし形や棒状に切って加熱します。キッチンペーパーなどで水気を拭いたら保存袋に入れて冷凍庫に。
この時、水気が残っていたりじゃがいもが重なっていたりすると使う時にじゃがいもがくっついてしまうので要注意。
金属バッドなどの上に乗せて平らな状態で保存すると、バラしやすくて使いやすいですよ。

コロッケなどにする場合は、マッシュしてから保存しましょう。加熱したじゃがいもをマッシャーやフォークなどでつぶし、粗熱を取ってから保存袋に入れて冷凍庫へ。

じゃがいもが柔らかいうちに区切りの線をつけておくと使う時に小分けできて便利ですよ。温かいうちに塩・コショウで下味をつけておくのもオススメ!

じゃがいもの加熱方法は、お湯で茹でても電子レンジで加熱してもどちらでもやりやすい方でOK!箸などを刺してみて、中までしっかり柔らかくなっているかを確認しましょう。

また、じゃがいもの水分をできるだけ飛ばすために、しっかりと冷ましてから凍らせるのがパサパサにならないためのポイントです。

調理するときには解凍せずに凍ったままで。自然解凍すると水分が抜けておいしくありません。
煮物やカレーなどに使う場合は、煮崩れないように調理の最後の方にお鍋に入れるといいですよ。
マッシュしたじゃがいもは電子レンジで加熱してから使いましょう。

常温で保存する場合(保存の目安:約4か月) 

じゃがいもをそのままの状態で一番長くおいしく保存できるのが常温保存。湿気や乾燥を防ぐため、ダンボール箱などに新聞紙を敷いてじゃがいもを入れ、さらにその上から新聞紙を被せて風通しの良い冷暗所に置いておきます。もしリンゴがあれば、一緒に入れておくとリンゴから出るエチレンガスがじゃがいもの発芽を抑制してくれると言われているのでぜひお試しあれ。

手軽ですが、マンションなどに住んでいると意外と置き場所に悩んでしまうかも。玄関の近くや涼しい廊下などに置いておくといいかもしれませんね。

冷蔵庫で保存する場合(保存の目安:約3か月)

じゃがいもは冷蔵庫で保存すると乾燥してしまい、おいしさが損なわれるのであまりオススメできません。でも気温の上がる夏場は芽がでやすいので、冷蔵庫に保存してもいいでしょう。

ただし、温度が低くなりすぎるとじゃがいものでんぷん質が低温障害を起こし早く傷んでしまうので、冷蔵室ではなく庫内の温度が比較的高い野菜室にいれるのがポイント。乾燥を防ぐためキッチンペーパーや新聞紙でくるみ、ポリ袋などに入れて保存するとより長持ちしますよ。

じゃがいもが黒く変色している…。食べないほうがいい?

じゃがいもを切って置いておくと、だんだん黒や紫に変色してきますよね。これは、じゃがいもが空気に触れた時に起きる酸化が原因。じゃがいもに含まれるアミノ酸の一種、チロシンが空気に触れて酸化されるとメラニンが発生し、黒や紫に褐変させるんです。

色は気になりますがこれは腐っているわけではないので、食べても問題はありません。切った後にじゃがいもを水にさらしておくと、防ぐことができます。

また、じゃがいもを半分に切ったら中が黒く空洞になっていた、ということもありますよね。これは「黒色心腐病」というじゃがいもの生理障害のひとつ。
生育過程に大雨などで畑が水浸しになったり高温で通気性が悪い環境で保管されたりすると、じゃがいもが窒息状態になり酸素不足になることで中がスカスカになり、黒くなってしまうという現象です。
これも黒くなるのはメラニンの影響なので、黒い部分を取り除けば食べられます。

注意が必要なのはじゃがいも全体が緑色に変色している場合。この緑色の正体は、じゃがいもの芽にも含まれている「ソラニン」というじゃがいもから自然発生する天然毒素です。
「ソラニン」は加熱しても毒が消えないので、緑色になったじゃがいもは、芽や根本をしっかり取り除き、皮も厚くむくこと。皮の内側も緑色になっている場合は、その部分を完全に取り除きましょう。

うっかり食べてしまっても少しなら問題はありませんが、食中毒になることもあるので要注意。特に抵抗力の弱い子供が食べると影響が大きいこともあるので、気を付けてくださいね。

ホクホクおいしい☆冷凍じゃがいもが使えるアレンジレシピ

ただ茹でてバターを乗っけるだけでも十分おいしいじゃがいもですが、ひと工夫でさらにおいしく!アレンジレシピをご紹介します。冷凍じゃがいもを使えばさらに簡単に作れるレシピもたくさんあるのでぜひ試してみて。

とろけるチーズサーモンの『もちもち芋餅』

【材料】 (9~10個分)

じゃがいも:正味300g
片栗粉:大さじ2
バターかマーガリン:大さじ1
パセリ:小さじ1
胡椒:適量
塩:ひとつまみ
スライスタイプのとけるチーズ:3枚
醤油・砂糖:同量用意
甘塩鮭:1切れ

もちもち食感の芋餅。じゃがいもと相性バッチリの鮭とチーズを入れた食べ応えある一品です。夕飯のおかずにもおやつにもぴったりですね。冷凍したマッシュポテトを使えば超簡単に作れますよ。

とろけるチーズサーモンの『もちもち芋餅』

2017.11.22

もちもち芋餅の中に鮭とチーズを入れて醤油をたっぷり塗りました♪じゃがいもと鮭と合いますよね(pq*'v'*)♪先日近くのスーパーで甘塩鮭~めちゃ脂が乗っていて美味しくってトラウトサーモンみたいで塩気がま...続きを見る

朝食に♪ 具沢山のハッシュドポテト

【材料】(1人分)

じゃがいも(男爵 大使用):1個
ハム:4枚
玉ねぎ:1/8個
人参:1/5本
ピーマン:1個
とろけるスライスチーズ:2枚
塩、胡椒:少々

じゃがいもを切って重ねて焼くだけの簡単レシピ!細切りにして冷凍したじゃがいもを使えば簡単にシャキシャキの食感を楽しめます。野菜もたっぷり乗せて栄養もバッチリ。

朝食に♪ 具沢山のハッシュドポテト

2015.11.24

朝食によく作る、ハッシュドポテトです。今回は、卵なしにしましたが、溶き卵を玉ねぎ、人参を散らした後に加えると、更にまとまりやすく、ボリュームも出ます(その場合は、卵がある程度固まってから裏返します)。 ご飯でもパンでも合い...続きを見る



豆腐とマッシュポテトとひき肉とチーズのオーブン焼き


【材料】 (1人分)

ひき肉(何でも合います):150g
じゃがいも:2個
絹ごし豆腐:1/2個
ネギ:1/3本
牛乳、塩、こしょう:少々
とろけるチーズ:1枚
ピザ用チーズ:適量
ケチャップ:少々
ソース:少々
めんつゆ:少々
油:少々

具材を乗せて焼くだけでできるお手軽グラタン。これも冷凍マッシュポテトであっという間に完成します。マッシュポテトと豆腐のふわとろ食感がたまらない…。チーズたっぷりで子供も大満足!

豆腐とマッシュポテトとひき肉とチーズのオーブン焼き

2016.03.24

〜☆豆腐とマッシュポテトとひき肉とチーズのオーブン焼き〜家にあったお安い豆腐で、マッシュポテトのかさ増しをしました。じゃがいもが足りなかったので、ちょうどよかったです。豆腐でヘルシーに、そして値段もおさえて、ボリュームたっ...続きを見る



ポテト1個♥ひき肉少々♥メイン級にお腹満足【*副菜 *お手軽 *味つけ簡単】

【材料】 (2人分)

じゃがいも:1個
豚ひき肉:120g
粗挽き胡椒:適量
万能ねぎ:少量
塩昆布:ふたつまみ
えごま油(又はごま油):大さじ1
炒りごま:小さじ1
梅ゆかり:小さじ1/2

じゃがいもとひき肉をレンチンするだけでボリュームたっぷりのポテトサラダに。お酒のおつまみにもぴったりです。生のジャガイモを使えばゴロゴロ食感で食べ応え抜群。冷凍マッシュポテトを使えばクリーミーな食感も楽しめます。

ポテト1個♥ひき肉少々♥メイン級にお腹満足【*副菜 *お手軽 *味つけ簡単】

2016.08.24

味付けは、塩昆布とゆかりにおまかせ!お肉とじゃがいも、一緒にレンジでチーン!あともう一品欲しい時、お弁当の隙間おかずにも是非♪続きを見る



まとめ

いかがでしたか?野菜はなかなか一度で使い切るのが難しいので、じゃがいもが冷凍できるというのは嬉しい情報ですよね!

茹でた葉物野菜を冷凍することはあっても、じゃがいもを冷凍したことはなかったという人は案外多いのでは。
ちょっとの工夫で簡単に冷凍できるので、いつでも冷凍庫にストックしておいしいじゃがいも料理をサクッと作っちゃいましょう!

文/田代智美

おいしく味わう!食材のキホン
食材は鮮度がいいうちにおいしく食べたいもの。そのために知っておきたい、選び方から保存法、調理のコツまで、食材の基本的な扱い方を紹介します。おすすめレシピもチェック!
おいしく味わう!食材のキホン

おすすめ

ニオイやくすみ、なかなか人には言えないけれど、気になっているという人も多いはず。今まで色々なケアを試してみたけど、どれもいまひとつ。家事や仕事で自分にかけられる時間も少ないし… そんなときの強い味方が「クリアネオパール」。ボディソープ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

三輪 里美さん

180589

ライフオーガナイザー®︎歴8年、名古屋在住です。...

2

ゆぅゆ❤️さん

166437

3月23日より『暮らしニスタ』スタート♪ 宜し...

3

yunyun(猪俣友紀)さん

114002

ヴォーグ学園講師◆ハンドメイド&DIYクリエイタ...

4

まどなおさん

75822

◆ライブドア公式ブロガー「いつでも、HOME」 ...

5

ハニクロさん

69787

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

1

🌠mahiro🌠さん

376951

R元年11月2日に★暮らしニスタ★投稿始めました...

2

三輪 里美さん

289099

ライフオーガナイザー®︎歴8年、名古屋在住です。...

3

yunyun(猪俣友紀)さん

266303

ヴォーグ学園講師◆ハンドメイド&DIYクリエイタ...

4

Noripokoさん

248322

毎日ラクする事ばっかり(だけ?)考えて生きていま...

5

happydaimamaさん

183997

3人息子の母ちゃん☆あんふぁんメイト6・7期・ユ...

ひこまるさん

6889287

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5815879

4児の母Romiです。100均/廃材/古着を活用...

コストコ男子さん

7485449

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

6224317

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

はぎれのリメイクアイデアコンテスト
いらないものの処分の仕方アイデアコンテスト