お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る

キッチンスタイルの種類とレイアウト・間取りプランニング(設計)方法

  • クリップ
キッチンスタイルの種類とレイアウト・間取りプランニング(設計)方法

家づくりでこだわりたいところといえば、やっぱりキッチン。
家事が得意な人も苦手な人も、ストレスなく楽しく作業できるキッチンが理想的ですよね。
ここでは、キッチンレイアウトの種類やプランニングのコツをまとめてご紹介。
キッチンレイアウトにはさまざまなパターンがあり、それぞれ違った使いやすさがあります。
基本的なポイントを知って、ぜひ自分にぴったりのキッチンレイアウトを見つけてください!

­

キッチンには、3つのスタイルと、6つの基本レイアウトがあります。 自分たちにとって使いやすい配置や作業スペースの大きさなどを思い浮かべて、プランに反映させましょう。

­

キッチンスタイルの種類

­

クローズドキッチン(独立型)­

独立型キッチン

­

「クローズドキッチン」は、ほかの部屋から完全に独立させたスタイルです。作業中の乱雑さを見られる心配がなく、調理中に発生した油煙も漏れにくいので、本格的に料理したい人や、リビングやダイニングを常にクリーンな状態に保ちたい人向き。
一方、調理する人がキッチンで孤立しがちになるのが欠点といえます。
­

­

セミオープンキッチン(半独立型)

「セミオープンキッチン」は、キッチンとリビング・ダイニングとの間を壁に開口部を設け、適度に仕切ったスタイルです。

キッチン側からはリビング・ダイニングの様子がわかりますが、逆側からはキッチン内部が見え過ぎないのがメリットです。
開口部を大きくするほど開放感が増しますが、音やにおい、煙が漏れやすいくなるので設備機器選びに注意が必要です。
­

­

オープンキッチン

­

オープンキッチン

­

「オープンキッチン」は、キッチンとリビング・ダイニングを仕切らないスタイルです。家族で調理したり、調理しながら来客との会話が楽しめる、コミュニケーション重視のキッチン。
広々とした空間が得られますが、キッチンが丸見えになるので、片付けやすい収納や、音やにおい、排気などへの配慮が必要です。

­

­

キッチンレイアウトの種類

­

キッチンのレイアウト・間取りは、スペースの大きさや向き、キッチンに立つ人数などで、ある程度決まってきます。自分たちにとって使いやすい配置や作業スペースの大きさを把握しておき、プランに反映できるようにしましょう。
­

­

Ⅰ(1)型

­

I型キッチン

­

シンクとコンロ、冷蔵庫などをI列におさめたもので、ダイニングキッチンに多く見られる配列です。省スペースで、ローコストでできるのもメリットです。
ただし、最大でも4mまでの幅にしておかないと、端から端まで移動するのが大変です。
­

­

Ⅱ(2)型

­

­

Ⅰ型キッチンの背面の壁に収納キャビネットや配膳カウンター、冷蔵庫などを設ける配列。収納や作業スペースが広くとれるのがメリットです。

各列の間隔は最低でも90cmは必要で、2人で作業するなら120cmはあけてください。
­

­

L型

­

L型キッチン

­

動線が短くてすむ効率的な配列で、夫婦や子どもと一緒など複数での作業にも向いています。コーナー部分がデッドスペースになりやすいので、工夫が必要です。

ダイニングセットを囲むように配置すると、食事のときに落ち着かないかもしれません。常に整理整頓を心がけ、インテリア性の高いキッチン設備やグッズを選ぶといいでしょう。
­

­

U型

­

U型キッチン

­

あまり動き回らずに3方向に手が届く便利な配列です。独立型のキッチンにぴったりですが、LDKをワンルームにして、LD側のカウンターを軽食がとれるスペースにするプランもおすすめ。

L型と同様、コーナーを上手に生かしてください。
­

­

アイランド型­

­

アイランド型キッチン

­

オープンキッチンスタイルが主流の今、特に人気を集めている配列。アイランド部分は4方向から使えるため、家族や友人たちと料理する工程も楽しみたい人にぴったり。まわりの壁をすべて収納にできるのもメリットです。
アイランド部分にシンクを設けたプランをよく見かけますが、シンクやコンロは壁側に設けて、アイランド部分を大きな作業台にするのも便利です。パンやお菓子をつくる人なら、こね台として大理石の板を埋め込んでもいいでしょう。
­

­

ペニンシュラ型­

­

ペニンシュラ型キッチン

­

Ⅱ型、L型、U型の端が、半島(ペニンシュラ)のように突き出した配列。半島部分が対面式となる。半島部分の間口を広くすると、キッチンへの出入りがしにくくなるので。注意が必要です。

­

­

キッチンの間取りプランニング(設計)方法が知りたい!

スタイルとレイアウトの種類が分かったら、次は実際のプランニングです。
ここでは、キッチンプランを考える上で大切なポイントをまとめました。

レイアウトは作業の流れと動線に沿って考える

キッチンでの作業効率をよくするには、シンクやコンロなどの配置がポイント。
基本ルールは、「作業の流れと動線に沿って配置する」ことです。
­
一般的な流れは
「食材をとり出す→水洗い&下ごしらえ→加熱処理→盛りつけ→食卓に運ぶ」
ですよね。ここにキッチン機器をあてはめると・・・
「冷蔵庫&食品庫→シンク&作業台→コンロ&鍋など→食器棚&配膳台→食卓」
となります。

動線から考えるキッチンの配置

­

でも、ただ横一列に配置すればよいというわけではありません。全体の距離はせいぜい4mくらいまでにしておかないと、端から端まで移動するのが大変だからです。あまり距離が長くなりそうなら、Ⅱ型やL型、アイランド型などのレイアウトも検討して、作業動線が短く効率的になるようにプランしましょう。
また、冷蔵庫は飲み物などをとり出しやすいように、ダイニングに近い場所に配置すると便利です。
­

キッチンの高さを使う人に合わせる

キッチンカウンターの高さが使う人に合っていないと、無理な姿勢をとることになり、作業がしにくいもの。腰痛などの原因にもなってしまいます。 使いやすい高さは、下のように身長から割り出します。 カウンターの高さは、身長(cm)×0.5+5(cm)が目安。 現在のキッチンの高さを基準にして、プラスマイナスしてもよいでしょう。 ショールームでは、家にいる状態になるように靴を脱いで高さを確認してください。

­

­

キッチンの高さ

­

­

広い作業スペースと収納の確保

上記のほか、使いやすいキッチンにするポイントは、広い作業スペースと出し入れしやすい収納の確保、そしてメンテナンスのしやすい素材を選ぶことです。

ゆとりあるカウンターがないと、下ごしらえも盛りつけなどの作業もはかどりません。シンクとコンロのまわりには必要なスペースを確保することが大切です。
下の図では、Ⅰ型キッチンを例に、それぞれのスペースの目安をあげていますので参考にしてください。ちなみに、Ⅰ型キッチンの場合、4畳半か6畳の部屋にちょうど設置できる、間口2m55cmのものがポピュラーです。

­

キッチンの広さ

­

また、カウンターの広さを決めるときは、現在のキッチンを基準にして、あと何cm広ければ使いやすくなるかを調べてみるのもおすすめです。狭いキッチンなら、シンク前に出窓をつけると、ちょっとしたものが置けて重宝します。

こちらの記事でもさまざまなキッチンレイアウトや、自分に合ったキッチンスタイルの見つけ方を、家づくりのプロが解説しています。
素材や設備選び、収納についてのアドバイスも要チェック!

家事動線を意識した快適なキッチンプランニングの方法・コツ

2016.08.17


­

家づくりでのキッチンの選び方

­
キッチンの選び方はレイアウトだけではありません。コンロやシンク、レンジフードや水栓なども、ぜひこだわって選びたいところ。
こちらの記事では、家づくりの際のキッチン選びについて、特に設備にしぼって解説しています。

知っておきたい住宅キッチンの選び方とポイント

2015.12.14
;
­

家や土地が狭い場合のキッチンレイアウトのプランニング方法

­
狭小住宅でキッチンのレイアウトを考えるときは、どんなポイントがあるのでしょうか? こちらでは、特に狭小住宅でのキッチンプランについて詳しくご紹介しています。
小さな家で工夫をこらしたキッチン実例も豊富。ぜひ参考に!

狭小住宅に向くキッチンプラン・レイアウト実例と考え方

2017.06.13

­

二世帯住宅の場合のキッチンレイアウトのプランニング方法

­
二世帯住宅のキッチンのレイアウトは、どんなタイプが理想? 
これから二世帯住宅を考える人にとっては、気になるところですよね。
こちらの記事では、二世帯住宅のキッチンプランについて家づくりのプロがアドバイス。
ミニキッチンを設置した実例もご紹介しています。

二世帯住宅ではミニキッチンが便利!?

2017.07.03

­­

種類別のキッチンレイアウト実例集を見て参考にしたい

ここでは種類別のキッチンレイアウトの実例を写真でご紹介。それぞれの特徴が一目でわかりますよ。
­

【アイランド型】

アイランドカウンターとダイニングテーブルを一体型にした
­
アイランドカウンターとダイニングテーブルを一体型にしたプラン。家事をしている間も家族とふれあえます。( 神奈川県・M さん )

コンロをレイアウトに

コンロは壁側にレイアウト。調理中の油はねなどが気になりません。よく使うものはハンギング収納にしています。
­

­
【ペニンシュラ型】

ペニンシュラ型キッチン


カウンターをペニンシュラ( 半島 )のように配置したキッチン。奥にはたっぷりしまえるパントリーもプランしました。( 高知県・U さん )

­
カウンターの中からダイニングを見てみた


カウンターの中からダイニングを見たところ。シンク前の壁を立ち上げたので、ダイニング側から汚れものが丸見えになりません。
­
­

【Ⅰ型】

I 型キッチン

シンプルな壁づけのI 型キッチン。コンパクトで無駄がなく、ダイニングに入る家族との一体感も味わえます。( 埼玉県・U さん )
­
­

【Ⅱ型】

Ⅱ型キッチン
­

白い面材でまとめたシンプルモダンなキッチン。カウンターの内側が見えないのですっきりした印象です。( 東京都・S さん )


Ⅱ型キッチンの対面カウンター


Ⅱ型キッチンの対面カウンター側。シンクもコンロもこちら側にレイアウトしました。
­
I 型キッチンの壁側


I 型キッチンの壁側。ものが置けるカウンターと、大容量の壁面収納を造りつけました。
­
­

【L型】

L 型キッチン

窓に向けてレイアウトしたL 型キッチン。オープンスタイルなので、親子で一緒にキッチンに立ってもゆとりがあります。( 大阪府・Y さん )
­
シンクの前を窓に

シンクの前を窓にして、手元を明るく。コーナー部分にものを置けるため、作業スペースはゆったり。
­
­

【U型】

U型キッチン

カウンターをU 型に配置して、一部をダイニングテーブルとして使っています。木製カウンターのぬくもり感も◎。
キッチンは吊り戸棚も含めて、すべてオリジナルで造作。カウンター下はオープンにして、コーナー部分も収納に無駄なく使っています。( 埼玉県・I さん )
­
­
こちらでも素敵なキッチン実例をご紹介しています。
キッチンのレイアウトはもちろん、実際の使い方や暮らしの中での生かし方も、ぜひ参考に!
­
【この建築家と家を建てたい】大きなアイランドキッチンが家族だんらんの場に
­
大きなテーブル兼カウンターで “作りながら食べる” ライフスタイルを満喫中!
­
リビングにもダイニングにもつながるキッチンがわが家の中心!
­­

失敗しないキッチンレイアウトにするために注意すべきポイントはなに?

­
キッチンレイアウトで失敗しないために、それぞれのプランで気をつけたい注意点を挙げてみました。

­
I(1)型・Ⅱ(2)キッチンでの注意ポイント

I(1)型・Ⅱ(2)型キッチンで気をつけたいのは「動線が長くなりすぎないようにする」こと。カウンターを広くしたいからと幅を広げすぎると、横移動の距離が長くなり、かえって作業しにくくなります。必要なカウンターの広さと動線の長さのバランスを取ることが大切です。
­

U型・L型キッチンでの注意ポイント

U型・L型キッチンでは、「コーナー部分の使い方」がポイント。ここを使いこなせないと、せっかくの収納スペースが無駄になってしまいます。
システムキッチンなら、コーナー部分用の回転式ラックなどのパーツを活用するのが一般的。大工さんなどにお願いして作ってもらう造作キッチンの場合は、カウンター下をオープンにしておいて、ワゴンなどを組み込む方法もあります。
­

アイランドキッチンでの注意ポイント

アイランド型で特に注意したいのは、「シンクやコンロをどう配置するか」ということ。それによって必要な空間の広さが大きく変わってくるからです。代表的な2つのパターンをご紹介しましょう。
­

アイランドにシンクとコンロを設置した場合

シンクとコンロの間に調理スペースとして60cmは必要で、コンロやシンクの脇は最低15cm、鍋などを置くなら30cmは欲しいところです。
­

アイランドカウンター パターン1

­

シンクとコンロの間に調理スペースとして60cmは必要で、コンロやシンクの脇は最低15cm、鍋などを置くなら30cmは欲しいところです。


アイランドにシンクだけを設置した場合

アイランドの幅はパターン1に比べて小さくなりますが、カウンターを2列に配置することになるので、スペースの奥行きが必要になってきます。 壁側のカウンターにコンロとシンクを設置し、アイランドを大きな作業台として使うのも便利です。

­

アイランドカウンター パターン2

­

­
また、「収納不足になりやすい」ことも、アイランドキッチンの要注意ポイント。キッチンとは別にパントリー(食品庫)を設けたり、家電やゴミ箱の収納場所をあらかじめプランにしておくだけで、すっきりとしたアイランドキッチンをつくることができます。
­

オープンキッチンでの注意ポイント

LDとつながっているオープンキッチンでは、「においや油汚れが広がりやすい」のが気になります。
排気能力の高い換気扇や、コンロの幅より広いレンジフード(コンロが幅60cmなら、レンジフードは幅90cmにするなど)を選ぶといいでしょう
通常のレンジフードではなく、コンロの近くに排気口がある下引き排気装置もおすすめです。
IHクッキングヒーターも、上昇気流による油などの飛び散りが少ないため、オープンキッチン向き。ただし、天ぷらや炒め物が多いお宅なら、コンロは壁に向けたほうがベターです。
­
オープンキッチンはLDから見通せるので、「生活感が出やすい」のも問題
防ぐにはやっぱり収納が大切です。
LD側から見える収納は扉つきにするなどして、ごちゃつき感を防いだり、冷蔵庫をLDから死角になる場所に配置すると、さらにすっきりした印象になります。
対面式キッチンの場合、シンクの前を25cmくらい立ち上げておくと、シンクの中の汚れ物がLDから見えなくなります。
パーティをよく開くなら、食洗機をつける手も。
食後すぐに食器類をセットすれば、シンクやカウンター上がすっきり。
静音設計の機種なら、運転中も会話の邪魔になりません。
­
­

まとめ

キッチンレイアウトにはさまざまなポイントがあるんですね。
しかも、キッチンの使いやすさには大きな個人差があります。
料理する人の体格や家事のクセ、しまいたいものの量なども、家庭によってそれぞれ。
ぜひ、自分の普段のキッチンの使い方を見直してみて、理想のキッチンレイアウトを見つけてください。

★おしゃれな注文住宅を建てたい方はこちら

★注文住宅のカタログを取り寄せたい方はこちら

 

水回りに関するおすすめ記事

“家事ラクに役立っている” コーナー&スペース

2016.08.06

じつは奥深い!洗面室の間取り・プランニングのコツ

2016.03.08
https://kurashinista.jp/house_building/detail/3396

家事動線を意識した快適なキッチンプランニングの方法・コツ

2016.08.17

  • クリップ

このカテゴリの人気タグ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

コストコ男子さん

10818

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

2

おおもりメシ子さん

3336

おいしいもの妄想家♪ お鮨とお肉と日本酒とワイン...

3

香村薫さん

3080

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

よんぴよままさん

2380

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

RIRICOCOさん

2128

築30年を越えるマンションを快適に暮らせるように...

2

コストコ男子さん

58790

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

3

香村薫さん

49023

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

桃咲マルクさん

44150

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

tanari_nuさん

37822

元看護師、防災備蓄収納1級プランナー・整理収納教...

1

コストコ男子さん

266214

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

2

よんぴよままさん

181627

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

3

香村薫さん

151576

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

桃咲マルクさん

150879

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

りんりんまるさん

127375

見ていただきありがとうございます。 暮...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

わが家のシチューレシピコンテスト
100均のフォトフレーム活用アイデアコンテスト
バレンタインのラッピングコンテスト