お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

わが子を危険から守るために、小学校6年間でやっておくべき9つのこと

  • クリップ
わが子を危険から守るために、小学校6年間でやっておくべき9つのこと
小学校に入学するころになると、子どもは心身共にぐんぐん成長し始めますよね。親の目の届かないところで過ごす時間が増える分、危険に遭遇する可能性も増してしまいますが、同時に、自ら身を守る力も伸びる時期なんです。
とはいえ、親が教えるべきこともまだまだたくさん。では、具体的にどんなことを教えたら、自分で自分の身を守れる子に育つのでしょうか?日本こどもの安全教育総合研究所理事長の宮田美恵子先生にお話を伺いました。
­
宮田先生によると、まず、小学校低学年の時期は、自分の命や体を守る具体的な方法を体得し始めるのに最も大切な時期なのだそう。
­
「幼児期に培った、親子の信頼関係による“心の安全力”を身体で表現できるようになるのがこの時期。自分を守るために必要な『前を見て歩く』『危険を予測する』『大きな声で伝える』『危険から離れる』などの行動が迅速に取れるよう、少しずつ練習していきましょう。といっても、“練習”と思ってやる必要はありません。鬼ごっこやかくれんぼなどの遊びを通して身体にすりこませることも大変有効ですので、テレビゲームばかりでなく外遊びも大いにさせてほしいものですね」と宮田先生。
­
では、学年別にやっておくべき事項を確認していきましょう。ますは、小学校に入ったばかりの1、2年生から。
­

1、2年生の子どもの安全教育


▼入学前後に子どもと約束する
「先生の言うことを聞き、親に教えること」「学校からはまっすぐうちに帰ること」「1人にならないこと」「イヤなことはイヤと言うこと」「おうちの人以外の車に乗らない、一緒に行かないこと」の5つは最重要項目。子どもとしっかり確認しましょう。
­
▼自分の体の力を使って守る、道具を活用する
犯罪者に遭遇した際、周囲に助けを求めるために大声で叫ぶことは有効ですが、恐怖感などから声が出なくなることもあります。「自分は声が出せる」という自信を身体に記憶させるために、本人に練習させるだけでなく、親自身も声を出して一緒に体験しましょう。また、防犯ブザーをつける際は、犯罪者から見える位置につけることが大切。同時に、何かあったときにすぐ鳴らせる位置である必要があります。電池が切れていないかのチェックもお忘れなく!
­
▼思いっきり走って、叫んで逃げるための基礎訓練
犯罪者から逃げるためには、とにかく近くに駆け込むことが大切です。たくさん走らせるほど、子どもを危険場面に置くことになります。一刻も早く危険から離れ、近くの商店などに駆け込むこと。そのためにも、鬼ごっこ、かくれんぼ、リレーなど、「走る」「叫ぶ」の動作を含む遊びをすることは、走って逃げる基礎作りにつながります。思いっきり走る体験をこの時期にさせてください。
­
3、4年生になると、子どもたちはまちの事情に精通してきますから、そうなったら今度は子どもたち同士で安全マップを作るのがおすすめです。毎日通学している子どもたちだからこそ知っている危険スポットもあるので、できあがったマップを確認して、親が把握しておくことも大切です。
では、その他の必須事項を見ていきましょう。
­

3、4年生の子どもの安全教育


▼何より大切な自分の命を守る行動ができる
緊急場面を想定し、ランドセルを背負った状態で走ってみることも必要です。重たくて走り難いと感じるでしょう。大切なランドセルだけれども、命はもっと大事。そのためにはためらわずに持ち物をあきらめて身軽になって走ることも、1つの選択肢として教えてほしいと思います。また、もしも手をつかまれたりしたら、手や体を大きく振ってバタバタさせることも有効です。走りきる体力がない場合、「防犯ブザーを鳴らしながら走る」「手を振り回しながら大声で叫ぶ」などの策を講じておくことも有効です。
­
▼ルールを守ることの意味を知る
ルール違反やルール無視をすることが、危険に巻き込まれるきっかけとなる場合も少なくありません。だからこそ、「なぜこのルールがあるのか」「守らなかったらどういう危険があるのか」について、親子で話し合い、考える機会を持って、ルールに従って行動できるようにしていきましょう。
­
▼安全マップを作る
学校で作る前に、まずは家庭で「安全マップ」を作成しましょう。家族全員で集まって「この道は陽が落ちると暗い」などと話しながらマップを作り、実際にできたものを持ってもう一度親子で歩いて確認しましょう。
­
最後に、中学校入学を控えた5、6年生の安全教育。自分で危険を予測して、回避するための選択肢から状況に相応しい対応が取れる力をより高める時期です。自分の安全ばかりでなく、周囲の人の安全のためにも行動できることが大事です。
­

5、6年生の子どもの安全教育


▼自分や周りの人の安全にも配慮しようとする
自分や周りの人の安全にも配慮し、危険を察知した際には親や先生をはじめとする周りの大人に報告したり、けがや事故が起こらないよう、家庭や教室などの環境を整えることが予防につながることを教え、実践させましょう。また、この時期は「恥ずかしい」などという気持ちが芽生える時期でもあるので、親子の会話が減らないよう心掛けることも重要です。
­
▼シミュレーション力をつける
「いつもと違うのはなぜなのか」「違うことによってどういう事態に陥ることが考えられるのか」「それを避けるために自分はどう動けばいいか」を子どもに考えさせることはとても大事。「こういうことがあったらどうする?」と親子で危機のシミュレーションをすることで予想・判断する力が身に付き、自ずと子どもは危険なものに近付かないようになります。
­
▼地域の人とつながる
さらに、子どもの学年に関係なく、安全教育は「子どもと親との間だけでおこなうもの」と捉えるのではなく、地域の人との関わり、つながりを大事にし、事故が発生しやすい道などの情報を交換し合ったり、災害に備えることも大切です。子どもが毎日安心して通学できるよう、周りの大人たちみんなでサポートしていきたいものですね。
­
<プロフィール>
宮田美恵子
順天堂大学医学部協力研究員。放送大学非常勤講師。日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人http://www.kodomoanzen.org/ )。大学で学生への講義のほか、児童・生徒の授業、および成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動にも力を入れている。新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など多数に出演。
­
写真© yukieairikaren - Fotolia.com
※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)/『「自分を守れる子」に育てよう!
Profile宮田美恵子
順天堂大学医学部協力研究員。日本こどもの安全教育総合研究所理事長(特定非営利活動法人 )。
大学で学生への講義のほか、児童・生徒の授業、および成人を対象とした市民安全のための生涯学習活動にも力を入れている。
新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など多数に出演(安全教育学)。

おすすめ

お部屋の掃除、片付け、収納は主婦にとって共通の悩み。そんなときもうひと工夫したいのがお部屋の香りです。お客様を招く際はもちろん、自宅で家族と過ごす時間やひとりでのリフレッシュタイムにも、居心地の良い空間をメイクする方法を暮らしニスタさ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

髙木 あゆみさん

101218

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

2

花ぴーさん

67389

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

もんでん ななさん

65507

東京都在住ライフオーガナイザー®︎。 夫、子供...

4

saori.612さん

52782

1ldkの賃貸アパートでパートナーとふたり暮らし...

5

よんぴよままさん

34880

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

1

花ぴーさん

373316

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

happydaimamaさん

170068

元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふ...

3

髙木 あゆみさん

164462

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

4

桃咲マルクさん

144701

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

香村薫さん

140961

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

ひこまるさん

5465242

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4619103

大学生の長男、JK長女、小6次女、小5次男の母R...

コストコ男子さん

5001179

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4355899

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

包丁いらずのおつまみレシピコンテスト
リメイクシートの使いこなしアイデアコンテスト