お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
特集

カルパッチョソースの作り方!鯛やサーモンの簡単人気レシピ26選も紹介

カルパッチョソースの作り方!鯛やサーモンの簡単人気レシピ26選も紹介
  • クリップ

カルパッチョは、牛肉や魚肉を生のまま薄切りにして、オリーブオイルなどで和えたイタリア料理のひとつです。お刺身はわさび醤油で食べることが一般的ですが、ときどきカルパッチョにすると、いつもと同じお刺身のネタも新鮮な気持ちで召し上がることができますよ。ソースや食材を変えれば、何通りにもレシピが広がりますよ。

カルパッチョとは?どんな意味?

カルパッチョは、生の牛ヒレ肉や魚の薄切りに、チーズやソースなどの調味料をかけた料理の総称です。日本では、カルパッチョといえばイタリア料理の代表的前菜で魚の薄切りを使っているのがメジャーですが、実は魚のカルパッチョは日本が発祥。お刺身文化から生まれた和製イタリアンなのです。イタリアでは牛ヒレ肉の薄切りこそがカルパッチョと呼ばれる料理なので、現地で注文するとお肉が出てきてびっくり!なんてことも多いみたい。ただ、世界的な和食ブームもあり、近頃ではイタリアの都市部においては魚のカルパッチョをいただける店も増えてきたそうです。
ちなみに、カルパッチョ(Carpaccio)という名称はどこからきたのかというと、諸説あるようです。
ひとつめは、イタリアの画家、ヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノをかけた料理が大好物だったので彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれているという説。
また、彼の独特の赤色を基調とした作風が、皿に並べられた薄切りの生牛肉の色彩に似ているのでそういう名称にしたという説。
また、ヴェネツィアで行われた彼の生誕500年回顧展の期間中に、同地のレストラン「ハリーズ・バー」が考案したという説。いずれにしても、ヴィットーレ・カルパッチョさんの名前に由来しているようです。

カルパッチョのソース

カルパッチョを作るうえで、その味を決めるのが「ソース」です。ソースさえ作れば、あとは刺身の上にかけるだけで、もうカルパッチョが1品できあがります。いくつか作り方をマスターして、いろんな味のカルパッチョに挑戦してみましょう。

菊の花びらを散らしたおもてなしカルパッチョ

【材料】(2~3人分)
・刺身用の真鯛:8枚前後
・菊の花びら:大さじ1
・とびっこ:大さじ1
<ソース>
・しょうゆ:小さじ2
・オリーブオイル:大さじ2
・レモン果汁:小さじ1
・粒マスタード又はホール胡椒:適量
・ハーブ:適量

菊の花びらが映えるカルパッチョにかけるソースのご紹介です。しょうゆ、オリーブオイル、レモン果汁、粒マスタード、ハーブを混ぜ合わせるだけでOK!真鯛やホタテ、タコにかけてもおいしく召し上がれますよ。

つくりおきができるにんにくレモンじょうゆ

【材料】
・しょうゆ:100cc
・にんにく:30g
・レモン:1/2個分
・だし昆布:8cm

作り置きができるレシピをご紹介します。にんにくをラップに包み、レンジで1分加熱したら、材料をすべて保存容器に入れて、2時間以上漬け込みましょう。お刺身以外にも、いろんなものにかけられるので、一度作っておくととても重宝しますよ。

サーモンのカルパッチョ

サーモンというと、鮭だと誤解している方が多いですが、サーモンと表記されているものは「アトランティックサーモン」をのぞき、すべてニジマスだということをご存知でしょうか。ニジマスは「トラウトサーモン」という呼び名で出回っています。お寿司のネタとしても人気の高い「サーモン」を使って、カルパッチョを作ってみましょう。

10分調理でおもてなしにオススメ‼サーモンのレモンカルパッチョ

【材料】(サーモン 150~200g分)
サーモン(刺身用):150~200g
レモン:1/4個
☆さとう:大さじ2
☆酢:小さじ1
☆塩:ひとつまみ
☆ブラックペッパー:少々
☆オリーブオイル:大さじ1
パセリ:お好みで

見栄えもよく、おもてなしにぴったりなカルパッチョです。制作時間はサーモンのカット時間も加えて10分以内! レモンとパセリも加えて色どりも華やかで食欲をそそります。

サーモンのカルパッチョ

【材料】(2人分)
サーモン(刺身用):80g
玉ねぎ:1/4個
ベビーリーフ:適量
醤油:大さじ1
オリーブオイル:大さじ1/2
レモン汁:小さじ2
きび砂糖:小さじ1

レモンと醤油で作った和風ドレッシングとサーモンは好相性!
サーモンにさっとかけてカルパッチョに。

タタキ風のサーモンのカルパッチョ

【材料】
・サーモン:適量
・野菜:適量
<ソース>
・ポン酢:大さじ3
・オリーブオイル:大さじ1
・マヨネーズ:大さじ1弱

お刺身の定番「サーモン」を、カツオのタタキ風にアレンジしたレシピがこちら。サーモンの柵の表面を焼き、氷水につけてしめておきます。食べやすい大きさにカットしたら、野菜の上に並べておきましょう。ソースの材料を混ぜ合わせてかけて召し上がってください。いつもとは一風違ったサーモンが味わえますね。

★ガス料金の見直しをしたい方はこちら

おすすめ

ニオイやくすみ、なかなか人には言えないけれど、気になっているという人も多いはず。今まで色々なケアを試してみたけど、どれもいまひとつ。家事や仕事で自分にかけられる時間も少ないし… そんなときの強い味方が「クリアネオパール」。ボディソープ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

この特集が含まれるカテゴリ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

2

coyukiさん

40046

著書『大丈夫!実家は片づけられます』12月6日発...

3

Asakoさん

39082

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

4

happydaimamaさん

35606

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

5

michiko.hさん

35305

ファッションライター 日本色彩学会正会員 ...

1

香村薫さん

256024

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

2

Asakoさん

222560

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

3

happydaimamaさん

131145

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

4

よんぴよままさん

123903

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

sugarkeiさん

113117

岐阜県在住。のんびりとした田舎の土地で暮らしてい...

ひこまるさん

6333915

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5484778

4児の母Romiです。100均/廃材/古着を活用...

コストコ男子さん

6619722

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

5491560

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

クリスマスデコレーション☆コンテスト
お豆腐のファミリーレシピコンテスト