コラム

おすすめのテレビと選び方を家電のプロが伝授!メーカーの特徴から機能面まで細かく教えます

  • クリップ
おすすめのテレビと選び方を家電のプロが伝授!メーカーの特徴から機能面まで細かく教えます

今回は、家電製品を幅広く扱う(株)MOAの鈴木様にご協力いただき、テレビの選び方から各機能、設置時の注意点まで詳しくお教えいただきました!いつも家電選びに迷っている主婦「白井」さんとともに、テレビについてたっぷり学びましょう!

主婦「白井」さん
愛娘を持つ主婦。いつも家電選びにお悩み中
­
(株)MOA「鈴木」さん
いつも笑顔でわかりやすく教えてくれる家電のプロ
­
テレビを選ぶ際は、画面サイズや映像の綺麗さはもちろん、録画機能だったり、外部出力だったり、知っておくべきポイントがたくさんあります!
­
ぜんぜん詳しくないから何から調べていいのか……教えてください~!

目次

テレビを選ぶポイント/選び方/比較

­
ではまずは選ぶポイントをご紹介します!

ポイント(1)種類

・液晶テレビとは

テレビの主流になっている液晶テレビ。8インチから100インチまで幅広いサイズで展開。現在、液晶パネルの低価格化と各メーカーの競争により、選択肢が豊富になり、販売当初に比較するとかなりお手頃価格で購入することができます。

­

・メリット

(1)画面が見やすい
(2)消費電力量が少ない

・デメリット

(1)バックライトで照らすため、黒色が濃いグレーに見えてしまう「黒浮き」がある (2)残像が残りやすい

­

・有機ELテレビとは

現在、日本国内販売している有機ELテレビの最小サイズは55インチ、価格も同サイズ液晶テレビの約2倍になっていますので、手を出しづらいことは否めないですね。「スポーツ番組をよくご覧になる方」「映画やライブを臨場感あふれる高画質で楽しみたい方」におすすめです。

­

・メリット

(1)圧倒的な高画質
(2)遅延がほぼない
(3)液晶テレビより薄型、軽量

・デメリット

(1)消費電力が液晶テレビよりもかかる
(2)寿命が液晶テレビよりも短い

­

補足をすると液晶と異なり、有機EL自体が光ることができるため、白はより白く、黒はより黒く表示され、圧倒的な高画質を実現。データを即時に画面に表示させることができ、遅延はほぼありませんので、ゲームやスポーツなど動きの激しい映像もストレスなく視聴できます。また、有機EL自体が光りバックライトが必要ないことで、液晶テレビよりもさらに薄型化でき、重量も圧倒的に軽いです。一方、消費電力が液晶テレビより大きい、寿命も液晶テレビより短いというデメリットもあります。

ポイント(2)画面サイズ

­
フルハイビジョンはテレビ画面の高さ×3倍、4Kはテレビ画面の高さ×1.5倍がおすすめの視聴距離です。

­

ポイント(3)パネル性能

­

­
テレビを選ぶ際に目にする3K、4Kの「K」は解像度を指します。簡単に言うと、同じサイズの画面では解像度は高ければ高いほどキレイに見えるんです。

­

・「フルハイビジョン」

フルハイビジョンは2Kと呼ばれ、現在日本国内の主流となっています。解像度は1920×1080です。22インチから80インチまで展開しています。4Kと比べると、数値上はやや劣ることになりますが、50インチくらいまでのサイズであれば、フルハイビジョンでも十分高精細な映像を楽しめます。

­
「中小型テレビの購入を検討している」「予算が限定されている」「使用期間や視聴時間が短い想定されている子供部屋・書斎」なら、手頃な価格で良質のフルハイビジョンテレビがおすすめです。

­

・「4K」

4Kの解像度は3840×2160で、フルハイビジョンの4倍、約829万画像を保有しています。50インチ以上の大型サイズが中心だった4Kテレビが、現在40インチクラスにも展開されています。大画面でも高精細な画質を実現し、フルハイビジョンでは表現しきれなかったディテールまで美しく再現します。また、画面に近くても画素の粗さが気にならないため、視聴距離の目安は同じ大きさのフルハイビジョンテレビの約半分になり、圧倒的な臨場感と没入感を味わえます。

­
「高画質の映像を見たい!」「大型テレビで迫力がある映像を見たいけど、画面の高さの3倍距離を取れない」という方には4Kテレビをおすすめします。

­

ポイント(4)液晶光沢

­
液晶光沢によっても見え方が異なります。

­

・「光沢」

光沢仕様は、画面が綺麗に見えるというメリットがありますが、画面に自分や家具などが映り込んでしまうという欠点もあり、日当たりの良い南向きのタワーマンションなどでは不満に感じる可能性もあります。映り込みは特に気にならず映像を綺麗に見たい方にはおすすめです。

・「非光沢」

非光沢仕様の見え方は普通ですが画面に映り込んでしまう恐れがありません。テレビ画面に集中したい方におすすめです。

­

ポイント(5)LEDバックライト

­
LEDバックライトが主流となり、省エネかつ映像画質がとても美しいです。

­

・「省エネ」

以前の液晶テレビのバックライトには、「CCFL(冷陰極蛍光管)」と呼ばれる蛍光灯のようなものが用いられていました。現在、基本は消費電力が低いLEDが用いられています。

­

­
LEDバックライトの配置方式があることをご存知でしょうか?

­

・「直下型搭載」とは

「直下型」は液晶の裏側にLEDバックライトが余すことなく敷き詰め方式です。多くのLEDを使うことで、画面を明るくでき、リアルな精細感や豊かな色再現を実現できます。一方、裏側にLEDを敷き詰めるため薄型化が難しいし、価格もエッジ下型より少し高いです。

・「エッジ下型搭載」とは

「エッジ下型」は液晶の裏側ではなく、上下左右にLEDを配置する方式です。LEDが少ないため、薄型化でき、消費電力も抑えられます。しかし、直下型と比べ、画質がやや劣ります。

­

ポイント(6)各機能と使い方

­
一時話題を呼んだ「3Dテレビ」が生産終了になったりと日々変化しています。機能の使い方を知って何が必要かしっかり抑えましょう。

­

・「内臓HDD録画対応」

テレビ本体に録画できるハードディスクが内臓されたテレビです。外付けのハードディスクの接続は必要なく、手軽にテレビ番組の録画・再生ができます。

・「内臓ブルーレイ録画対応」

テレビ本体にブルーレイレコーダーが内臓されたテレビです。別途ブルーレイレコーダーの購入は必要なく、ブルーレイディスクの録画・再生ができます。

・「外付けHDD対応」

テレビにUSBケーブルでハードディスクをつないで、録画できるテレビです。市販のHDDを接続すると、すぐ録画できます。内蔵HDDの容量が足りない時に増設したり、複数のHDDを接続したりすることもできます。

・「ブルーレイレコーダー」

ブルーレイレコーダーは再生・録画などの機能が充実しています。最近、3ch同時に録画できるモデル、スマホやタブレットでも視聴できる無線LAN搭載モデルなどのブルーレイレコーダーが注目されています。

・「倍速液晶」

テレビの残像感を軽減できる技術です。液晶テレビは速い動きに弱く、残像感が出てしまう弱点があります。テレビでは1秒に60コマ(枚)の映像を表示されますが、倍速液晶では前後のコマから新しいコマを作成し、120コマ・240コマの映像を表示することができます。これにより残像を抑え、躍動感のあるクリアな映像を楽しめます。

・「画面分割」

テレビの画面を分割し2種類の映像を同時に再生できる機能です。テレビ&テレビ、テレビ&ゲーム、テレビ&PC、テレビ&DVDなどの組み合わせで映像を表示できますので、時間を有効活用できます。

・「3Dテレビ」

3D映像を再生できるテレビです。こちらは3D映像を見るために専用の3Dメガネをかけなければならないことと、3Dコンテンツが少ないことで、2017年から各メーカーは3Dテレビの生産を終了しました。

­

ポイント(7)外部出力機能と使い方

­
外部出力機能がしっかりあるものを選ぶことで、購入後に「あ、これテレビに接続したい!」というときにとても便利ですよ。

­

・「HDMI端子」

「HDMI」とはHigh-Definition Multimedia Interface(高精細度マルチメディアインターフェイス)の略称です。1本のケーブルで映像と音声をデジタル出力可能です。ブルーレイレコーダー・パソコン・ゲーム機と接続する時に使用します。

・「ARC」

「ARC」とはAudio Return Channelの略称です。テレビとAVアンプ・ホームシアターをHDMIで接続する際は光ケーブルが必要となりますが、ARC対応にしていると、HDMIケーブルのみでテレビとAVアンプ・ホームシアターを接続することが可能になります。

・「MHL」

「MHL」はMobile High definition Linkの略称です。モバイル端末側のMicroUSBと接続が可能になる機能です。スマートフォン・タブレットを充電しながら画面をテレビに映すことができます。

­

メーカー別 テレビの特徴について

­
テレビメーカーの特徴について教えてくださいっ!
­
もちろんですよ、9メーカーの特徴をご紹介します!

パナソニック テレビの特徴

­
テレビブランドネームは「VIERA(ビエラ)」。10インチから85インチまで広範なサイズのテレビをラインナップ。2017年、パナソニックが日本国内向けの初の4K有機Elテレビを発売しました商品についてはこちら。リモコンに話すだけでチャンネルの切り替え・検索ができる「音声操作」、ネット動画やゲームといったアプリを楽しめる「スマートTVアプリ」など、一人ひとりの使いやすさを追求した便利機能が充実しています。

・パナソニック 49V型 フルハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-49D305

­

49V型のフルハイビジョン液晶テレビ。シングルチューナーを搭載したシンプルモデルです。録画番組を別部屋のパナソニックテレビで見られる「お部屋ジャンプリンク」、インターネットで映画やドラマが楽しめる「アクトビラ」などシンプルな機能で手軽に使えます。また、「ARC対応」により、ホームシアターとつないで映画やスポーツを迫力ある音で楽しめます。寝室や子供部屋にぴったりの1台です。

・パナソニック 55V型 4K 液晶テレビ HDR対応 ハイレゾ音源対応 VIERA 4K TH-55DX850

­

画質も音質も非常に高いレベルに仕上がっている55V型の4K液晶テレビ。4K+高輝度広色域パネル+HDRで高画質はもちろん、ハイレゾ対応スピーカー搭載により、発売当時のシリーズ史上最高音質に達成し、他社との差別化を図りました。また、表面に光の反射を抑える加工により明るいリビングルームの環境下でも安心して使えます。「高画質と高音質を兼ね備えたテレビが欲しい」方におすすめです。

シャープ テレビの特徴

­
テレビブランドネームは「AQUOS(アクオス)」。日本国内では圧倒的なシェアを誇るシャープは、高速応答性と高いコントラスト比を実現する「UV2A技術」や、豊かな色表現を実現する「4原色技術」など技術的な付加価値の高いパネルの開発に力を入れています。

・シャープ 40V型 AQUOS フルハイビジョン 液晶テレビ 外付HDD対応(裏番組録画) Wi-Fi内蔵 ブラック LC-40W35-B

40V型のフルハイビジョン液晶テレビ。2チューナー搭載、番組を視聴しながら放送中の裏番組録画ができます。「番組カテゴリ」や「人名」などを選ぶだけで、録りたい番組や見たい番組を絞り込んで検索、キーワードを入力する手間なく探せます。また、無線LANを内蔵し、ワイヤレスでインターネットやホームネットワークを楽しめます。

・シャープ 50V型 AQUOS 4K 液晶テレビ HDR対応 高精細4K低反射液晶パネル LC-50U40

50V型の4K液晶テレビ。4K+低反射液晶パネル+HDR+リッチカラーテクノロジーで色彩豊かな映像を再現できます。画面角度を左右計約30°、水平方向に調節できるスイーベルスタンドを採用し、どんな位置でも快適に視聴できます。別売りの「AQUOSココロビジョンプレーヤー」を接続すると、人工知能がユーザーの嗜好を学習し、おすすめ番組を音声で教えてくれます。

東芝 テレビの特徴

­
テレビブランドネームは「REGZA(レグザ)」。先進の映像処理エンジン「レグザエンジン」により、精細感のある高画質を実現します。2011年日本国内初の4Kテレビを発売しました。途中から見始めた映画を最初から鑑賞、見逃した番組やドラマをすぐ再生できる「タイムシフトマシン」など東芝独自の機能も充実しています。

・東芝 40V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応) LED REGZA 40S20

40V型のフルハイビジョン液晶テレビ。40V型液晶テレビでは業界No.1の省エネを実現し、高画質を楽しみながら消費電力も節約することができます。室内の明るさをリアルタイムに検知・解析し、自動で環境に適した画質に調整します。また、東芝独自の音源分離技術により、リモコンのボタン1つで映画やドラマではセリフを明瞭に、バラエティ番組では背景音を抑え、深夜の小音量でもはっきり聞き取りやすい音声を再構築します。

・東芝 65V型地上・BS・110度CSデジタル4K対応 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 65Z810X

65V型の4K液晶レグザの最高級モデル。肌の質感を美しく、リアルに再現する「美肌高画質機能」、地上デジタル放送などで発生するノイズを抑える「地デジ高画質機能」、見逃した番組が今すぐみられる「タイムシフトマシン」、放送中の地デジ番組最大6チャンネルを画面上に同時に表示可能「まるごとチャンネル」など東芝最新技術満載!

ソニー テレビの特徴

­
テレビブランドネームは「BRAVIA(ブラビア)」。独自の4K高画質プロセッサー「X1」、超解像エンジン「X-Reality PRO」を搭載しており、高品質な4K映像を提供でき、地上デジタル放送・ブルーレイディスクなどのフルハイビジョン以下の映像も4K表示を実現できます。また、オーディオメーカーとして培った技術を注ぎ込み、映画も音楽も高音質で楽しむことができます。

・ソニー SONY 48V型 フルハイビジョン液晶テレビ ブラビア KJ-48W730C

48V型のフルハイビジョン液晶テレビ、細かな質感までくっきりと描く超解像エンジン「X-Reality PRO(エックス リアリティー プロ)」を搭載し、どこまでもリアルな映像を再現できます。ゲームに適した高画質、低遅延でストレスなくゲームを楽しめる「ゲームモード」、スタジアムにいるかのような臨場感あふれる音場を再現する「サッカーモード」、「外付けHDD裏番組録画」対応やインターネット機能などの基本機能も充実しています。

・ソニー SONY 55V型 4Kテレビ ブラビア KJ-55X9500E(2017年モデル) KJ-55X9500E

55V型の4K液晶テレビ。今年6月10日新発売!ソニーのテレビ史上最高画質モデル「Z9Dシリーズ」にも搭載の4K高画質プロセッサーを搭載することにより、さらなる高コントラストを実現し、高精細な4K映像を再現します。ハイレゾ対応の「磁性流体スピーカー」を搭載し、スリムなデザインと高音質を両立、お気に入りのコンテンツを臨場感豊かに楽しめます。また、映像は表示せず音楽を楽しめる「消画機能」で、家事をしているときなど映像は見ずに音だけを聞きたい場合には消費電力を抑えることができます。

LGエレクトロニクス テレビの特徴

­
日本のメーカー各社の液晶テレビに最も多く使われているのが韓国LGのパネルです。2015年世界に先駆けて有機ELパネルの大画面テレビを発売しました。現在、テレビに使用できる大型の有機ELパネルを量産しているはLG1社のみのため、有機Elテレビの価格は日本メーカーより圧倒的に安いです。

・LGエレクトロニクス 49V型 4K 液晶テレビ UH6500シリーズ HDR対応 IPS4Kパネル スリムボディ Wi-Fi内蔵 49UH6500

49V型の4K液晶テレビ。視野角の広い「IPS 4K」パネルを採用します。HDRをフルに活かす最新の映像技術「3D Color Mapping技術」でHDRの映像が持つ色彩を最大限に楽しめます。また、スリムで美しいたたずまいを徹底追求し、さらにフレーム幅も極めて細く、画面だけの存在感を高めたデザインも特徴です。

日立 テレビの特徴

­
ブランドネームは「Wooo(ウー)」。ハードディスクを内蔵する「録画テレビ」をいち早く発売したことで知られています。カセットHDD方式のiDVRに対応する「アイヴィーポケット」、録画時間を約最大12倍まで拡大できる「長時間録画モード」などさまざまな録画スタイルで楽しめます。

・日立 24V型地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンLED液晶テレビWooo(別売USB HDD録画対応) L24-A5

24V型のハイビジョン液晶テレビ。ダブルチューナー搭載、裏番組録画対応のスタンダードモデル。ブロードバンド回線に接続して、多彩な映像コンテンツを楽しめます。

・日立 43V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン LED液晶テレビWooo (別売USB HDD録画対応) L43-H3

43V型のフルハイビジョン液晶テレビ。広視野角178度の「IPS」パネルを採用し、上下左右どこから見ても、明るく色鮮やかな映像が楽しめます。音声補間技術「リニアフェイズ技術」を採用し、高音・中音・低音すべてが聞き取りやすくなり、さまざまな映像シーンに合わせた最適な高音質を実現します。

三菱 テレビの特徴

­
ブランドネームは「REAL(リアル)」。テレビにブルーレイレコーダーとハードディスクをまるごと内蔵することは三菱テレビ最大の特徴です。「テレビの視聴・番組の録画、ブルーレイの再生・ディスクへのダビング」が1台で実現できます。あと、リモコンで見やすい角度にテレビ画面を回転できる「オートターン」も三菱の特徴ですね。

・三菱 50V型地上・BS・110度CSデジタル フルハイビジョンLED液晶テレビ(1TB HDD内蔵、BDレコーダー録画機能付) REAL LCD-A50BHR8

50V型のフルハイビジョン液晶テレビ。ブルーレイレコーダーをまるごとテレビに内蔵。レコーダーの起動を待ったり、入力切換をする煩わしさがなく、ブルーレイやDVD、CDまでさまざまなディスクを気軽に楽しめます。3チューナー搭載・1TBHDD内蔵で見たい番組たっぷり録画できます。「Bluetooth機能」により、スマートフォンなどの音楽をテレビのスピーカーで楽しめます。

hisense テレビの特徴

­
中国でフラットパネルテレビ13年連続売上No.1のハイセンスは2011年に日本国内で製品販売を開始しました。テレビをメインに事業を展開し、お客様に安心して商品をお使いいただけるよう、すべての液晶テレビには3年メーカー保証が付いています。

・Hisense HJ24K3121 [液晶テレビ 24型]

24V型のハイビジョン液晶テレビ。地デジ、BS・100°CSをそれぞれ2チューナー搭載で、番組を見ながらでも別のチャンネルの番組を録画できる裏番組録画が可能です。「スーパーバス」搭載で、人間の視聴特性に着目し、低音域のデータを補完することで、臨場感豊かな音を再現します。

・ハイセンス 50V型 4K対応液晶テレビ -外付けHDD録画対応(裏番組録画)/メーカー3年保証- HJ50N3000

50V型の4K液晶テレビ。フルハイビジョンの映像を4K画質相当に楽しめる「4K upscale」、臨場感あふれる音声技術「dbx-tv」など機能を搭載!4Kテレビとしての「画質」「音質」に特化したハイ・コストパフォーマンスモデルです。

マクスゼン テレビの特徴

­
余計な機能は省き、必要な機能に絞った家電を創る「ジェネリック家電」メーカーです。機能と価格のバランスを徹底追求し、低価格で高画質を実現します。

・maxzen J32SK02 [32V型 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ]

­

32V型のハイビジョン液晶テレビ。楽天市場内、全店舗の液晶テレビ部門3ジャンルすべてのランキングで1位を獲得した人気モデル。直下型LEDバックライトとIPSパネルで高画質化を実現します。

・maxzen J50SK01 50V型 地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン液晶テレビ

­

50V型のハイビジョン液晶テレビ。高性能フルハイビジョン、直下型LEDバックライト光源の液晶パネルを採用。高画質な映像をフルにお楽しみいただけます。1番組を同時に録画しながら、もう1番組視聴できる「2チューナー」搭載。ブルーレイ再生中でも録画が可能です。

おすすめの4Kテレビ

­
4Kテレビでおすすめのテレビってありますか?
­
厳選した3商品をご紹介します!

パナソニック(PANASONIC) 55V型4K有機Elテレビ TH-55EZ950

­

55V型4K有機Elテレビ。日本国内市場向けではパナソニック初の4K有機ELテレビ。4Kの有機ELパネルと独自の高画質技術「ヘキサクロマドライブPLUS」の搭載で、完全な黒が実現できる有機ELの特性を生かし、きめ細やかな色彩と高コントラストな映像を実現します。プラズマテレビ開発で培った自発光方式のノウハウを生かしたチューニングにより、一般的な有機ELでは黒浮きや黒潰れが生じるシーンにおいても、微妙な差異をしっかり描き、ノイズの発生を抑制します。

ソニー(SONY) 65V型4K有機ELテレビ KJ-65A1

65V型4K有機ELテレビ。4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載し、有機ELパネルの特徴を最大限に引き出すことで、現実世界により近い深い黒や明るさが表現できます。また、スピーカーや背面に配したスタンドが正面から見えない構造で、今までのテレビのスタイルを覆す全く新しいデザインを実現しました。ベゼルも極限まで薄くすることで、映像だけが浮かんでいるような、これまでにない没入感を体験できます。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 55V型4K有機ELテレビ OLED55C6P

55型の3D対応の4K曲面有機ELテレビ。有機ELの特徴によって純度の高い「黒」を表示できるため、たとえば真昼の太陽から夜の星まで豊かに表現するなど、HDR規格の持つ膨大な明暗情報をあまさず受け取ります。緩やかに弧を描くカーブドスクリーンが、従来生じやすかった画面周辺部と中央部の視野角差を解消し、映像世界に包み込まれるような深い没入感をもたらします。 注目したいポイントや文字を最大500倍まで拡大可能「マジックズーム」機能も備えます。実売価格30万円を切っており、もっとも入手しやすい有機ELテレビのひとつです。

おすすめのポータブルテレビ

­
お風呂に入っているときにゆっくりテレビを見たりな~。でも本当に使うかなって……それに、どれがいいか迷っちゃって。
­
ポータブルテレビですね。なくても不便に感じないけれど、家に1台あると使いたいと思う場面が出てくるものです。もし迷われているようでしたら、この商品がおすすめですよ!

パナソニック 10V型 ポータブル液晶テレビ 防水タイプ プライベート・ビエラ ホワイト UN-10E7-W

10V型のポータブル液晶テレビ。無線LAN内蔵のチューナー部と防水仕様のモニター部がセットになっていますので、キッチンやお風呂など、家中好きな場所に持ち運んで番組を楽しむことができます。また、USBケーブルでチューナー部と接続するだけで、別売のUSB-HDDに直接番組を録画できます。

テレビ設置時の注意点について

­
大型テレビ購入の際、事前に設置場所までの運搬経路(エレベーター、階段、玄関、廊下など)の横幅を確認しましょう。基本的には商品の幅+10cmの大きさが必要です。また、商品の重量や大きさによっては、平日の配送のみや時間の指定が出来ない商品もある為、事前に確認する必要があります。

テレビに関連する豆知識

セリアの蓋つきボックスとケーブルタイでテレビまわりの配線コード問題をスッキリ*

2017.05.17

まとめ

­
鈴木さん、ありがとうございます!教えてもらった選び方を振り返って慎重に選びます!
­
お役に立てたようでよかったです。またわからないことがあれば聞いてくださいね。

決して安い買い物とは言えないテレビだからこそ、しっかりポイントを抑えて、「あーこの機能もほしかった!」と後悔しないよう慎重に選びましょう!

※ 今回ご紹介した商品がタイミングによっては品切れになる可能性があります。株式会社MOAの公式サイトより、お問い合わせください。その際、「暮らしニスタの記事を見た」とお伝えいただくとスムーズです。

取材協力/株式会社MOA(デジタル家電・通信販売 PREMOA / A-PRICE) 鈴木様

・PREMOA
https://www.premoa.co.jp/
・A-PRICE
http://www.rakuten.ne.jp/gold/a-price/

編集/暮らしニスタ編集部 木村

  • クリップ

コストコ男子さん

2328

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

ハニクロさん

1495

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

roseleafさん

1317

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ちゃこさん

877

7歳の女の子と5歳の男の子のママです。出産前は美...

MINTOさん

828

3歳と5歳の男の子を育児中です♪子供は男の子だけ...

roseleafさん

42026

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

コストコ男子さん

40208

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

ハニクロさん

35145

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

ひこまるさん

29891

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

23261

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

roseleafさん

107180

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ひこまるさん

98083

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

kiiro-sorairoさん

97120

ぶきっちょ・大雑把なりに、年月を経てきた住まいを...

コストコ男子さん

89204

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

4児ママRomiさん

86462

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け