お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

注目の4Kテレビ!選び方・買い方のコツと“20万円で10年間楽しめる”おすすめ商品

  • クリップ
注目の4Kテレビ!選び方・買い方のコツと“20万円で10年間楽しめる”おすすめ商品

昔、1インチ1万円と言われたテレビですが、今は全然安い。1インチ5000円を切っています。中国で多量のテレビが作られるようになったため、価格が軟化したわけですが、それでもテレビはそれなりにします。そうなると、長い間楽しみたいと思うのは当たり前です。

4Kテレビは、地上波の2Kの倍の解像度があるので、一見、どれを買ってもお得に見えます。しかし「安物買いの銭失い」と昔から言われた通り、安いからで買うと損をすることがあります。損をしないためには、何を確認すれば良いのか? 今回はそのお話です。

4Kテレビでも確認すべきスペック 〜アップコンバーター〜


地デジ化が行われたのが、2011年夏。この時のテレビが2Kと言われるモノです。2K、4Kと言っていますが、これはテレビの画質のうち、解像度のこと。要するに、どれだけ細かく描写できるのかということです。
­
スマホも、解像度を上げに上げて来ました。スマホが多くの情報量を扱うには、細かな文字を読んでもらう必要があります。細かい字がスムーズに見えるように解像度をアップしたわけです。このように高解像度は、「キレイに見える」という効果があります。
­
「でも、私は普通地上波の2K放送しか見ないし…」と思いながら4Kテレビを買おうか、どうしようか迷っている人への第一アドバイス。
ちゃんとした、4Kテレビは2Kの画像データーを4Kに変換する、「アップコンバーター」が付いています。日本メーカーはまず大丈夫ですが、海外メーカー、特に中国メーカーでは付いていないことも。そうなると4Kテレビの良さは全く発揮できません。これが確認すべき最初のポイントです。

4Kテレビの次世代色 〜HDR〜

解像度の次に見るべきことは、色です。2Kの時は、色のスペックはありません。4Kでできたスペックです。ちょっと考えてみてもらえるとご納得いただけると思うのですが、画素数が少ない場合、微妙な色味は必要ありません。淡緑と深緑なら、そう色づければ良いだけの話です。
­
ところが解像度と画素数が上がると、描写点数が増えます。その場合は、色が移り変わる間の中間色が必要となります。2Kより色数が増えたわけです。そのためにできた規格が、HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)という規格です。
­
この規格を取り入れたテレビは色鮮やか。9月に行われたIFA(イーファ。ドイツ、ベルリンで行われる世界最大の家電博覧会)でも、今までのテレビ(SDR(スタンダード・ダイナミック・レンジ)と呼ばれるようになりました)とHDRを採用したテレビの色味比較は、大人気でした。実は、ちょっと前まではなかった規格。4Kテレビでも採用していない場合があります。型落ちは安いですが、これが付いてないと、色で大幅に損をする可能性があります。

コンテンツを確保するために 〜有線LAN、Wi-Fi(無線LAN)〜

テレビで最後にチェックすべきは、有線LAN、無線LANの有無です。
今、民放は無料ですが、質はどんどん落ちています。見たいスポーツ、音楽イベントなどを放映するためには、高額な放送権を買わなければならないのですが、予定通りの視聴率が取れるかは不明です。エンターテイメントの種類が増えた今、どちらかと言うと、取れない可能性が高い。つまり割が合わない。と言うことで、安くできるバラエティー番組が増えています。当然似てしまうので、面白みが減るというわけです。
­
逆に、スポーツ、音楽イベントなどは、ペイビューが世界の常識。日本でも有料になりつつあります。放送もありますが、今、増えているのは配信。「今、そこまではいいや」と思うかもしれませんが、2〜3年後で配信を受けられるようにするとなると面倒臭いです。あるに越したことはありません。

音を強化して、より面白く

テレビを買えば、それだけで楽しめるかと言うと、ちょっと寂しいモノがあります。理由は音。平面テレビの泣き所はオーディオ再生です。スピーカーをキチンと鳴らすには、ある程度の奥行きが必要なのですが、平面テレビは薄いのが特長。必要な奥行を確保することができません。メーカーもいろいろ工夫をしているのは事実ですが、音のイイ映画、スポーツ、音楽などだと、プアな感じがするのは否めません。
­
このため、テレビメーカーは各社、専用スピーカーを用意しています。横に長いのが特長で、名付けて「サウンドバー」。AVライフを十分楽しむためには、テレビと共に欲しいモノです。
­


こちらはパナソニックのサウンドバー DY-SP1。DY-SP1は一体型ですが、重低音用スピーカーを独立させたり、メーカーにより形式などが異なります。

BDプレーヤーはあると便利

今後は、配信コンテンツが充実してきます。が、日本の場合はまだまだレンタル店が多いのも事実。連休の前後には、旧作100円/枚など安くなりますし。配信の方もあの手、この手を駆使してきますが、ここ当分、レンタル店がなくなることはないと思われます。いったんディスクに落とすことが多い。また、多くの人が、コレクションとは言わないまでも、大切なディスクを持っていると思います。
­
そんな時便利なのが、BDプレーヤー。ブルーレイ、DVD、CDを含め、ほとんどのディスクを再生することができます。ただし、10年使うなら、4Kのブルーレイ・ディスクが増えることを見越して、Ultra HDブルーレイプレーヤーがお勧めです。
­


写真はソニーのUltra HDブルーレイプレーヤー UBP-X800。同一メーカーだと、テレビかプレーヤー片方のリモコンですむことが多く、楽です。

4Kテレビ単体ではなく、まとめ買いがおすすめ

テレビ系家電の買い方は、買い足しでなく、一気買いがお勧め。理由の1つは、まとめ買いなので、少し勉強してもらえる可能性が高くなります。商品そのものでなくとも、おまけを付けてくれたりしてくれる時があります。
­
理由の2つめは、配送時に配線もやってもらえるということです。同じお金を出すなら、ラクしたいものです。ゆっくり買い足すのも、面白いものですが・・・。
­
以上のことを踏まえ、40〜50型の4K液晶テレビ(アップコンバーターはもちろん、HDR対応)に、サウンドバー、BDプレーヤーを付けて、実売:20万円以下で買えるおすすめモデルをメーカー別にセレクトしてみました。極めて実際的なセレクトです。今、全メーカー共、技術は拮抗しており、画質などでも、普通の人だと決定的な差はないレベルです。このため、各モデルには画質以外の寸評を入れてあります。
­
今回は、テレビメーカーからセレクトしましたが、サウンドバーは、ボーズ、オンキョー、ヤマハ他、オーディオ専門メーカーも手がけています。少々お高くなりますが、予算に余裕がある人は、どうぞ。

­

■シャープ

テレビ:アクオス US45シリーズ(45V/ 50V型)
→低反射パネルのため明るいところでも見やすい。
­

­
サウンドバー:AN-SA1
→AC電源不要。ケーブル1本接続でOK。

■ソニー

テレビ:ブラビア X8000Eシリーズ(43V / 49V型)
→シルバー、ブラックの2色が選べる。


サウンドバー:HT-MT300
→サブウーハーを備えた本格派。オーディオ用としても使える。
BDプレーヤー:UBP-X800
→映像もキレイだが、音もハイレゾ対応でキレイ。

■東芝

テレビ:レグザ M510Xシリーズ(40V / 50V型あり)
→USB HDDに直接録画可能


サウンドバー:RSS-AZ55
→テレビの後ろに設置できるので目立たない
BDプレーヤー:DBP-S600
→DVD特典映像を子画面で出すことができる

■パナソニック

テレビ:ビエラ TH-43EX750(43V型)
→放送番組、録画番組、無料・有料のネット動画を一覧表示可能な、アレコレチャンネル搭載。


サウンドバー:DY-SP1
→ビエラと一緒に使うと、テレビ番組のジャンルに合わせて自動でサウンドモードを切り替える「番組ぴったりサウンド」搭載。
BDプレーヤー:DMP-UB30
→幅:32cmと小型。

■LGエレクトロニクス

テレビ:UJ6500シリーズ(43V / 49V型)
→LGは有機ELパネルの供給で有名だが、液晶TVも自社。世界的にも評価が高い。

­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ ­ 
BDプレーヤー:UP970
→4Kのインターネットコンテンツに対応。有線 / 無線双方のLANに対応。


【筆者プロフィール】
多賀一晃 さん
1961年生まれ。慶應義塾大学大学院理工学部卒。大手メーカーにて商品開発、企画を担当後独立。国内はもちろん、世界最大の家電見本市「IFA」等で世界中の家電を取材し、役立つ情報を「生活家電.com」から発信中。日本経済新聞夕刊の家電製品特集や土曜日別冊「日経プラス1」の「家電ランキング」選者、WEDGE Infinity「家電口論」主筆としても活躍。
生活家電.com ­
­

おすすめ記事

【2019】おすすめの液晶テレビの選び方を家電のプロが伝授!メーカーの特徴から機能面まで細かく比較します

2018.05.02

今回は、家電製品を幅広く扱う(株)MOAの鈴木様にご協力いただき、テレビの選び方から各機能、設置時の注意点まで詳しくお教えいただきました!いつも家電選びに迷っている主婦「白井」さんとともに、テレビについてたっぷり学びましょう!続きを見る

【2019】人気おすすめのブルーレイレコーダー(プレーヤー)を比較!家電のプロから教わる選び方の秘訣

2018.05.01

家電製品を幅広く取り扱う(株)MOAの鈴木様にご協力いただき、ブルーレイレコーダーについて教えていただきました!いつも家電選びに悩む白井さんと一緒に学びましょう!続きを見る

お得さ抜群!「ふるさと納税」で人気の返礼品、テレビをゲットしよう

2018.06.06

手続きが簡単で節税になると人気の「ふるさと納税」。各自治体、工夫をこらした返礼品を用意しています。中でも好評なのが家電製品!多くの家電製品のうち、今回は、テレビにフォーカス。「ふるなび」でおすすめの返礼品をご紹介します!続きを見る

ふるさと納税でもらえるブルーレイレコーダーとは?人気返礼品をチェック!

2018.05.23

前々からブルーレイディスクがほしいと思いつつ、先延ばしにしたまんま……。それなら思い切って、お得に入手できるふるさと納税を利用してみては? ふるさと納税のポータルサイト「ふるなび」で人気のブルーレイディスク2商品と周辺機器...続きを見る

人気急上昇!ふるさと納税でもらえる家電人気ランキングBEST10

2018.08.14

地方次自体への寄付により、様々な返礼品をもらえる「ふるさと納税」。実は家電ももらえるって知ってましたか? この機会にぜひチャレンジしてみてください。続きを見る

知らなきゃ損かも!今ドキ♡家電
メーカーで商品開発に携わった経験もある、家電のプロ中のプロ、多賀一晃さんの連載です。ちょっとドキドキする“今ドキ”家電の使い方や、トリビア、おすすめ家電とその理由…など、知らなきゃ損な情報をお届けします。★多賀さん...
知らなきゃ損かも!今ドキ♡家電

おすすめ

お部屋の掃除、片付け、収納は主婦にとって共通の悩み。そんなときもうひと工夫したいのがお部屋の香りです。お客様を招く際はもちろん、自宅で家族と過ごす時間やひとりでのリフレッシュタイムにも、居心地の良い空間をメイクする方法を暮らしニスタさ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

くりくりくりさん

84291

2児の母。暮らしの中で小さな幸せをたくさん見つけ...

2

おおじり(小野田亜由美)さん

76633

大阪府在住 整理収納アドバイザー1級・クリン...

3

*ココ*さん

62265

目の前にある小さな小さな当たり前のことを「いいね...

4

よんぴよままさん

61336

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

*yuko*(曽布川優子)さん

43625

20年間のイタリア生活で料理を学びディプロマを取...

1

花ぴーさん

253636

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

*ココ*さん

197020

目の前にある小さな小さな当たり前のことを「いいね...

3

香村薫さん

163543

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

よんぴよままさん

149981

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

わんたるさん

121240

17歳長男と9歳長女、3歳次男の3児ママです。 ...

ひこまるさん

5282420

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4538314

大学生の長男、JK長女、小6次女、小5次男の母R...

コストコ男子さん

4598504

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4170650

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

楽しくお出かけ!旅支度のアイデアコンテスト
変幻自在!卵レシピコンテスト
書類の整理&収納コンテスト