関連するキーワード
全てのキーワードを見る

足りないくらいがちょうどいい。 余白を残したシンプルで小さな家

  • クリップ
足りないくらいがちょうどいい。  余白を残したシンプルで小さな家

Kさん(東京都)

結婚当初から住んでいたマンションが手狭になったことから、家づくりを決めたKさん夫妻。設計のコンセプトは「足りないくらいがちょうどいい」でした。

「部屋の用途まで決まっている家は、親切なようで窮屈。暮らしは家族それぞれ。しかも子どもの成長などで変わっていくものでしょ。だからこそ、つくり込みすぎず“余白”を残したかったんです」

そんな思いを受け止めてくれたのが「ストレートデザインラボラトリー」の東端桐子さん。新宿の「リビングデザインセンターOZONE」で何百という建築家のポートフォリオを見て、潔いほどシンプルな設計に即決したそう。

設計に際し、間取りなどの要望ではなく、家族が好きなもののリストを手渡したというご主人。「好みを共有したうえで、あとはおまかせしました。具体的なお願いはオープンキッチンくらいでしたが、最初のプランがほぼ理想でした」

かくしてにぎやかな商店街から少し離れた小さな土地に、建坪11坪ほどの家が完成。「ご近所に工事の挨拶に伺ったところ、ここに4人家族の家が建つの?と驚かれました」と笑いますが、2階のリビングの心地よさといったら! 三角屋根の形状を生かした天井はすっきり高く、大きな窓や天窓からさし込む光の美しいこと。奥さま念願のオープンキッチンは子どもの様子を見ながら料理ができるうえに、開放感にも一役買って一石二鳥。寝室まで続く通路を子どもたちが「よ~いドン!」と走り抜ける姿に、のびのびとした暮らしぶりが伝わってきます。

オープンな2階に対して、1階はあえて天井を低く落ち着いた雰囲気に。右手に浴室など水回りを配し、左手の壁一面に本棚をつくりました。廊下のような部屋のようなあいまいな空間は一家のライブラリーであり、ご主人の書斎であり、プレイルームであり……。「将来は壁で仕切って子ども部屋にしてもいいし、夫婦の寝室にしてもいい」と、まさに「余白」のスペースです。何にでもなりえる空間のおかげで、気持ちにゆとりが、暮らしに楽しみが生まれたそう。

そもそも建坪が小さく、施工費用はほぼ予算どおりだったそうですが、さらに素材の種類をしぼったシンプルな内装も功を奏したとか。天井や壁はラワンの構造用合板を直接白くペイントしたもの。キッチンの面材、書棚の棚板などもすべてラワン合板です。2階の床は全面無垢のウォールナット材、1階は室内からトイレに至るまでモルタル仕上げで統一したことで、資材を手配する手間や使い残しの無駄をカット。「僕たち好みの簡素な設計がコストダウンにもつながるなんて、まさに願ったり叶ったりでした(笑)」

 

コストダウン3ケ条

  1. コンパクトな家にして建築面積を減らす
  2. 素材の種類をしぼり、資材を手配する手間や無駄をなくす
  3. 余分なものを削ぎ落とし、シンプルな設計に徹する

 

2F LD

ダイニングテーブルはあえて置かず、家族でゆったり過ごす
LD。ウォールナットの床材は夏はサラサラ、冬は床暖房でぽかぽか。

コーナー窓によって部屋と外の境があいまいになり、広々感がアップ。造りつけのベンチは収納にも子どもたちの机にもなります。壁紙は貼らず、ラワンの構造用合板に直接白の塗装を施すことでコストダウンにも。

塀を積み直して余った大谷石をテレビ台として利用。「家具をつくり込んでしまうと、自由度下がでしょ」 これなら模様替えも簡単!

おもちゃはベンチ収納におさめてすっきり。スペースが有効活用できるうえ、子どもたちが自分で片づけやすいと、いいことずくめです。

2F LDK

天窓から太陽の光がたっぷりな2F! 特に朝の光の気持ちよさは格別だそう。階段を上ると急に視界が開けて、真っ白なLDKがあらわれる仕掛けです。ほの暗い1階との落差に、訪れる誰もが感嘆の声を上げるのだとか。床暖房は、家族みんなで過ごすリビング部分のみに完備しました。

ソファはトランポリン、通路はランニングコース。家じゅうを遊び場に、子どもたちの笑い声が楽しげに響いて。

外観

シンプルな外観。塀は「街の記憶として残しておきたくて」と、古家で使われていた大谷石を積み直しました。

2F キッチン

リビングから見たキッチン。「設計当初は型でしたが、東端さんが工夫してくださりL型に。調理中もリビングの子どもの様子が見える理想形になりました」 壁は白いタイル+グレーの目地で清潔かつ端正な雰囲気に。

施工途中、大工さんのアドバイスL字の角を急収納に。「驚くほどモノが入って便利。大工さんに感謝ですね」と奥さま。

大黒柱にとりつけた天然木の身長計は、「NATURE DESIGN」のもの。友人からの素敵な新築祝いです。

「水と火が使えればいい」と割りきったシンプルイズベストのキッチン。腰を曲げずに調理ができるようワークトップは高めです。天井や壁と同様に手頃なラワン合板を面材に使うことでコストダウンにつなげました。

コンロ背面に食器棚を造作。必要なものにすぐ手が届き、使い勝手がいいそう。収納造作は上部のみで、下部はオープンにして「無印良品」のダストボックスを活用し、コストダウンを狙いました。

1F フリースペース

1階の奥に設けた小上がり。「中央を壁で仕切り、2人分の子ども部屋にする想定ですが、そのときにならないとわかりませんね」 暮らしの変化に合わせてフレキシブルに変わる間取りです。

「せっかくデスクをつくったのに、小上がりで本を読むほうが多くて(笑)。天井を低くしたせいか落ち着けるんです」とご主人。

ご主人の書斎スペース。本棚にはお気に入りのアートを一緒にディスプレイ。眺めて楽しむ収納にしています。本棚の一部をデスクにし、窓を生かしながら家具購入の費用をカット。

引き戸を閉めれば個室に。「今はほぼ開けっぱなし。いずれ子ども部屋にしたら活躍するかな」

 

蹴上げ部分を抜いた階段から、穏やかな光と、2階で遊ぶ子どもたちの声が届いて。「なんとなくつながっている感じがいいですね」 棚板にもオイル塗装のラワン合板を駆使してコストダウン。

奥のテラスまでトンネルのようにのびる土間の空間。玄関とテラスの窓を開けると風がスーッと通り抜け、夏は特に気持ちがいいそう。

1F WC

フリースペース横にある2畳ほどのWIC4人分の衣類や季節家電を収納。モノが少なく、整理上手なKさん。収納はここと寝室のクローゼットで十分だそう。ちなみにWICはスペースだけを用意し、棚や引き出しは既製品で対応。

2F 寝室

北側のおだやかな光が心地いい寝室。余計な家具やモノは置かず、静かな眠りのスペースを演出。寝室の照明はシンプルな電球ひとつです。

ときに収納、ときに客室、ときに息子さんの秘密基地にもなるロフト。「天袋だと収納にしかならず、もったいない」と、クローゼットの上部はゲストルームにもなるロフトに。今は息子さんの秘密基地として活躍中です。

すっきり洗練された窓辺の秘密はスイスメイドのカーテンレール。埋め込み式でおさまりが美しく、インテリアをさりげなくランクアップ。

1F エントランス

靴脱ぎスペースから3㎝ほど上がった室内まで、床は全面モルタル仕上げ。左官の手間賃を含めると、価格はフローリングと同等。

ブルーグレーの扉が目を引く外観。ご主人が自転車で街じゅうをめぐり、気に入った家やお店のイメージを集めて参考にしたそう。外壁はフレキシブルボードを採用。

1F 洗面室

湿気がこもらないよう窓を設け、シンク下はオープンに。掃除機がかけやすく、清潔に保ちやすいのもメリット。

上部のウォールシェルフは「イケア」で購入し、大工さんに設置してもらいました。小分け収納にも「イケア」グッズが活躍。

TOTO」の実験用シンクに「LIXIL」の医療用水栓をコーディネート。アノニマスなデザイン性とリーズナブルな価格が魅力! 水栓はレバーが大きく、子どもでもひねりやすいと実用性も◎

1F トイレ

トイレットペーパーや掃除グッズなどはトイレ内には置かず、小さなオープン棚のみ。潔い空間に機能美が光ります。

1F 浴室

在来工法はあきらめて「LIXIL」で一番シンプルなシステムバスをセレクト。「本当は在来工法でタイル貼りの浴室にしたかったのですが、予算もあってシステムバスに。使ってみると掃除もラクで快適です」

教えて、先輩! 家づくりの本音トーク!

家づくりを始めたきっかけは?

A 結婚して2年後、長男が生まれて手狭になったので。家賃よりローンのほうが安くなりそうだったのも大きな要因ですね。

家づくりでいちばん苦労したことは?

A 土地探しです。家は東端さんの力でいくらでもよくしてもらえると思いましたが、土地の条件だけはどうにもならない。千葉、鎌倉まで足をのばし、一時期は中古住宅や中古マンションのリノベーションも視野に入れました。広さ、地の利、周辺環境、もちろん価格など、夫婦ともに納得できるまで妥協せずに探した結果、最良の土地に出会えました。

 

コストにおける意外な盲点は?

A ずばり、司法書士のかたなどに支払う登記関係の費用。かかるのは最初からわかっていましたが、同時期に引っ越し費用も発生。ローンの手続きが終わりホッとしたところに、数十万円というお金が次から次へと出ていくのは気持ち的に痛かったです(笑)。

家づくり成功へのアドバイスをぜひ!

A 信頼できる建築家を探すこと。仕事や子育てに忙しい私たち世代が家づくりのすべてにかかわっていく時間はありませんし、「この人なら大丈夫」と信頼できる建築家にある程度おまかせしたほうが、いいものができると思います。なんといってもプロですから。

 

profile

30代のご夫妻と小学2年生で工作好きの息子さん、3歳の娘さんの4人家族。2年の歳月をかけ、都心に近くて緑が多い地域に土地を得て、念願の新居を建てました。

DATA

家族構成:夫婦+子ども2

敷地面積:65.43㎡(19.79坪)

建築面積:36.44㎡(11.02坪)

延べ床面積:72.44㎡(21.91坪)

        F36.00㎡+2F36.44

構造・工法:木造2階建て(軸組み工法)

工期:201211月~20134

本体工事費:1800万円(そのほか設計料12%)

3.3㎡単価:82万円

設計:ストレートデザインラボラトリー

        042-571-6698

        www.straightdesign.net

構造設計:ハシゴタカ建築設計事務所

施工:山菱工務店☎0422-46-5588

 

一級建築士事務所 ストレートデザインラボラトリー

東端桐子さん

1971年生まれ。京都工芸繊維大学卒業。篠原一男アトリエ、難波和彦+界工作舎を経て独立。建築設計のほ
か、大原温氏(camp)とプロダクトブランド「SAT.PRODUCTS」を運営。

シンプル&コンパクトというご希望がそのままコストダウン対策になりました。寝室とLDKの間仕切りの上部をオープンにするなど、奥行き方向の視線を遮らないことで、約11坪という建坪以上の開放感を生み出しています。1階は天井を低く抑えて包まれるような空間に、対して2階は三角屋根の形をそのまま生かした高天井ののびやかな空間に。バリエーション豊かな空間演出によってメリハリをつけ、コンパクトな家でも日々、新鮮な気持ちで暮らせるよう配慮しました。

  • クリップ

コストコ男子さん

3210

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

1263

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

よんぴよままさん

1144

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

1071

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

おおもりメシ子さん

606

おいしいもの妄想家♪ お鮨とお肉と日本酒とワイン...

Rieさん

75307

「壁紙から始める新しい暮らし」 ライフオーガナ...

colfunさん

23632

モノ、エネルギー、時間を省力化しつつ、いつもの暮...

コストコ男子さん

21380

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

21130

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ひこまるさん

21073

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

丸 マイさん

140841

『楽に暮らしたい!』をモットーに、アイデアお掃除...

roseleafさん

97344

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

コストコ男子さん

91955

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

4児ママRomiさん

82753

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

ひこまるさん

82716

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け