お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

はあちゅうさん「子どもには失敗する権利がある。体験が宝物になる可能性を奪いたくない」

  • クリップ
はあちゅうさん「子どもには失敗する権利がある。体験が宝物になる可能性を奪いたくない」

現在、3歳の息子さんとふたり暮らしをしている作家・ブロガーのはあちゅうさん。「子どもを持って、初めてわかったことがたくさんある」と言います。また「子育てをしながら、自身の子ども時代を振り返る機会が増えた」とも。

そこで、自身の子ども時代のお話から、息子さんや世の中の子どもたちへの想いまで、“子どもとの暮らし”について語っていただきました。

「嫌なことは嫌」と言える環境が理想

—はあちゅうさんの子ども時代。どんなお子さんだったのでしょうか

「私は頑固な一面はあったものの、基本的におとなしく、自分を出せない子どもでした。

地方出身でサラリーマンの父と専業主婦の母、私と妹の4人暮らし。両親は特別厳しいわけでもなく、母は料理がとても上手で、子どもながらに『お母さんはセンスが良いな』と感じていました。

ただ、父と母の仲が悪くて、物心ついた頃から社会人になるまで、ずっと家の中には不穏な空気が流れていて。

子どもの頃は、『こうなったのは自分のせいなのかな?』と責任を感じていたり、親の顔色をうかがって自分の意見を言えなくなったり…。家に帰りたくないと思ったこともありました」

—子ども時代、大人に言われて(されて)嫌だったことは何ですか?

「『嫌なことでも我慢しなきゃいけない』。そんな考え方を植え付けられたことです。例えば、習い事。『せっかく始めたんだから』『長いことやってきた時間がもったいないから』という理由で、エレクトーンやテニス、そろばん、バレエなどの習い事をなかなかやめさせてもらえませんでした。

最初は自分がやりたいと言って始めたわけですから、親には感謝しています。でも、今思えば、嫌々やっていた時間に大好きな本をもっと読むなど、好きなことをすれば良かったですし、好きなことを伸ばすことに注力していたらと感じることがあります。

親の世代は我慢をすることが美徳で、私はその影響を色濃く受けました。苦手なことも我慢して続け、さらに克服しなくてはいけないという考えが根付いたせいで、就活のときも、得意分野とも思えない金融業界を受けたりして。金融業界に入れば、数字に対する苦手意識を克服できるだろうと思ったんです(笑)。

『オールマイティーに何でもできることが素晴らしい!』という考えが根底にあったんですよね」

自己肯定感やフェミニズムを学ぶチャンスがほしかった

—子どもの頃に、親や周囲の大人、社会にしてほしかったこと、考えてほしかったことはどんなことですか?

「何事も一度挑戦してみて、『もし合わなかったら、無理して続けず、辞めていいんだよ』という環境だったら良かったなと思います。同時に、体験のテイスティングが、もっとたくさんあったらうれしかったなと。だから、息子にはさまざまな体験をさせてあげて、続けるか否かの判断は本人に任せたいと考えています。

また、『あなたは自分のままでいいんだよ』と、自己肯定感を与えてもらえたらラッキーだったかもしれません。日頃から、日本は自己肯定感を削るような言葉をかけがちだなと感じる節があって…。

例えば、日本ではピアノを上手に弾けない子どもに対し、親が『まだ全然ダメね』『もっと練習しなさい』などと言いがちではないでしょうか?一概には言えませんが、海外では、『あなたは天才!素晴らしい!』と褒めちぎる(笑)。それで、褒められた子どもは自信がつく。

子どもの頃にこんなふうに自己肯定感を与えてもらえることができたら、その後、いろんな壁にぶち当たっても、いい意味で何とかなるような気がしています。

それから、フェミニズムを早いうちに知りたかったですね。女性が一歩下がって男性を立てなくてはいけない、女性は常にニコニコしていなくてはいけないといった考えを、自分が育った家庭環境や周囲の環境から刷り込まれてきたなと感じることが多々あるので、『もしもっと早くフェミニズムに出会っていたら、今の自分は違ったかもしれない』という期待を込めて…」

子どもには失敗する権利がある

—お子さんを持つ親として、自身の事実婚解消という出来事はどう捉えていますか? 

「私自身が父と母の不仲な関係に嫌な思いをし、1日も早く離婚してほしいと思っていました。

父と母は、妹が大学を卒業して、ようやく熟年離婚をしたわけですが、そんなこともあり、私は息子に夢や愛のある家庭を見せたい思いが人一倍強いのかもしれません。だからこそ、無理して一緒にいることは回避したかったんです。

それに、夫婦関係の悪化によって、家の中に不機嫌な人がいるという状況がどうしても耐えられなくて…。

私が彼を憎んで、息子にパパを嫌いになってほしくないという思いもありました。もちろん、ママである私に対しても然り。

パパ、ママどちらかの味方をすることなく、どちらも好きでいられる環境や距離感を大切にしたいと常々思っています」

—自身のお子さんを含め、今の子どもたちにはどう育ってほしいと思いますか? 

「息子はもちろん、世の中の子どもたちには、とにかく自分の人生を楽しんでほしいです。子どもに失敗を経験させたくないと思うあまり、つい過剰に口出しをしたり、ときには邪魔をしてしまうことがあるのかなと。

でも子どもには挑戦する権利とともに、失敗する権利もあります。私の大好きな「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」というドラマでも、主人公が父に、失敗する権利を奪わないで欲しいと説得するシーンがありますが、「失敗しない」ことが正解じゃないんですよね。その体験が本人の貴重な宝物になる可能性もあるわけで。

だから、子どもが助けを求めてきたときは全力で手を差し伸べますが、そうでなければ、親である私は子どもをひたすら信じ、ときに失敗を体験させてあげることが、子どもへの究極の愛なのでは、と思っています」

 

はあちゅうブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒業後、電通、トレンダーズを経てフリーに。2018年7月に事実婚を発表し、2019年9月に第一子を出産。2022年9月に事実婚を解消。「週末野心手帳」などのプロデュースの他、著書多数。Twitter @ha_chu インスタグラム @ha_chu

撮影/MEGURO.8 ヘアメイク/山下光理 取材・文/濱田恵理

こどもニスタ
「あそび」と「ふしぎ」をとことん探究!各分野のプロフェッショナルと《子どもの夢中》を見つけよう!
Supported by…
こどもニスタ
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

ハッピー(小寺 洋子)さん

203936

料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を...

2

舞maiさん

112855

本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運び...

3

智兎瀬さん

44443

ちとせと申します(*^▽^*) 元ホテル従業員...

4

KMママさん

27792

男の子2人と幼稚園に通う娘の子育て中の母です。 ...

5

もちパパさん

23370

伊勢志摩出身。 幼年期、国際救助隊に就職して、...

1

ハッピー(小寺 洋子)さん

611096

料理愛好家。大阪在住/日常の小さな喜び(宝物)を...

2

舞maiさん

595916

本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運び...

3

智兎瀬さん

384433

ちとせと申します(*^▽^*) 元ホテル従業員...

4

🌠mahiro🌠さん

274442

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

5

mamayumiさん

191697

おうち料理愛好家。福岡在住/夫と小2の息子の3人...

RIRICOCOさん

4251239

築40年60㎡マンションに家族5人暮らし。子ども...

ひこまるさん

10577556

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

Asakoさん

5433546

グリーンに囲まれた北欧インテリアが憧れです。 ...

おおもりメシ子さん

8160001

おいしいもの妄想家♪ 最近は野菜と果物とお豆が大...

*ココ*さん

4846478

気持ちいい時間を過ごせたらそれでいいのだ