お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

“浮き輪”取りたい…!更年期のお腹まわりをスッキリさせる秘策とは?

  • クリップ
“浮き輪”取りたい…!更年期のお腹まわりをスッキリさせる秘策とは?

「お腹周りについた脂肪(=浮き輪)が取れない」とお悩みの人はいませんか?

40代〜50代の更年期女性は、今まで通りの生活をしていても、脂肪がつきやすくなってしまうもの。健康のためにも、体型を維持したいですよね。

今回は、更年期の女性が太りやすい理由と、その解決方法をご紹介します。

更年期にお腹周りが太る理由とは?

更年期に太る理由は、若い頃とはちょっと違います。今までと同じ生活をしてるのに、なぜ太ってしまうのでしょうか。

もしかしてメタボ?

更年期は、メタボリックシンドロームになりやすい時期です。メタボリックシンドロームは、内臓脂肪が多いことに加え、「高血圧・高血糖・脂質代謝異常」のうち2つに当てはまることで診断されるもの。

つまり、いくつかの生活習慣病を抱えていて、心臓病・脳卒中などの大きな病気を引き起こしやすい状態ということです。

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、脂肪をつきにくくしたり、食欲を抑えたりする効果があります。そのため、更年期でエストロゲンが減少すると、皮下脂肪や内臓脂肪がつきやすくなってしまうのです。

また、エストロゲンの減少によりコレステロールが増加しやすくなるため、脂質異常症を発症したり、それに伴って動脈硬化、高血圧を起こしてしまう可能性も。

さらに、エストロゲンには血糖値を下げる働きもあるため、更年期をきっかけにして糖尿病を発症してしまう方もいます。

更年期の痩せにくさは内臓脂肪が原因?

更年期には、エストロゲンが減少する影響で、皮下脂肪だけでなく内臓脂肪もつきやすくなります。

二の腕や太ももなど、わかりやすい場所につく皮下脂肪と比べて、お腹の内臓の周囲につく内臓脂肪は「隠れ肥満」と呼ばれることも。お腹周りだけがサイズアップしているという方は、内臓脂肪が増えているといえます。

更年期の肥満は、若い頃の肥満と違い、内臓脂肪を減らすための対策をしなくてはいけません。

更年期のメタボ対策方法

更年期につきやすい内臓脂肪は、つきやすい一方で落としやすいという特徴もあります。日常生活で、何に気をつければ良いでしょうか。

糖質を控えめに

炭水化物やスイーツにたくさん含まれる糖質は、血糖値を上昇させる原因です。血糖値を下げてくれるインスリンというホルモンは、糖を脂肪に変えて蓄える働きがあります。

食事は、パスタや丼ものなどの一品料理ばかりになっていませんか? コンビニスイーツを頻繁に食べている方もいるかもしれません。

少しだけ炭水化物やスイーツを減らすように意識してみましょう。

食物繊維をたっぷり摂る

食物繊維には、糖質や脂質をからだの外へ排出する働きがあります。

サラダを食べるほか、お米を玄米や雑穀米にする、きのこ料理を一品取り入れる、味噌汁に海藻を入れるなどの工夫をしてみませんか。

糖質や脂質は、吸収されて内臓脂肪になってしまう前に、食物繊維に排出してもらいましょう。

有酸素運動をする

食事で内臓脂肪の増加を抑えるほかに、有酸素運動を取り入れるとさらに効果的です。酸素を消費する運動をすることで、糖質や脂質の代謝が促され、内臓脂肪が燃焼していきます。

ランニング、水泳、エアロビなどはいかがでしょうか。あまり時間がないという方は、普段から歩く習慣をつけたり、少し早歩きしたりすることもおすすめ。良い有酸素運動になりますよ。

また、腕や脚などの皮下脂肪も多いという方は、筋トレなどの無酸素運動も合わせて取り入れるのがおすすめです。

記事を読む⇒⇒⇒急に心臓ドキドキ。更年期の動悸がおきたら…知っておくと安心な対処法

記事を読む⇒⇒⇒夫へのイライラがスッと消える!?家族円満の方法とは?

 

更年期のメタボ対策には漢方がおすすめ

もっと根本から体質改善したいという方は、漢方薬の力を借りるのもおすすめです。

漢方薬のなかには、脂肪の吸収を抑制したり、脂肪の燃焼や排出を促進したりする作用があるものもあります。また、水分の代謝や血液の巡りを改善することで、太りにくく痩せやすい体質を目指すこともできます。

漢方薬には、更年期の肥満やそのほかの症状を解消する働きがあります。お悩みの状況に合わせて選んでみましょう。


<更年期太りにおすすめの漢方薬>

・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):生理痛や肩こり、冷えが気になる方向け
血(けつ)の巡りを改善し、代謝をよくします。また、更年期症状であるのぼせやめまいを解消します。

・大柴胡湯(だいさいことう):肩こりや動悸、便秘が気になる方向け
比較的体力がある方向けの漢方薬です。脂質代謝に働きかけます。

・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん):便秘やむくみ、高血圧が気になる方向け
脂肪の分解をうながす生薬である麻黄(まおう)が含まれます。便秘の解消にも効果的です。


漢方薬を選ぶときには、個人の状態や体質に合っているかを見極めることが重要です。うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合うのかわからないときは、プロの力を借りるとよいでしょう。「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみませんか。

漢方に詳しい薬剤師が一人ひとりに効く漢方薬を見極めて、お手頃価格で自宅まで郵送してくれますよ。

●「あんしん漢方」を詳しく見てみる

更年期太りをスッキリ解消

更年期は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで、生活習慣病が気になったり、脂肪がつきやすくなったりする時期です。内臓脂肪が原因で、お腹周りのサイズが変わってしまうことも。

内臓脂肪は、食事や運動に気を付けることで落とすことができます。また、根本から体質を見直したい方は、専門家に相談して漢方薬を取り入れるのも良いでしょう。

<この記事を書いた人>

薬剤師 中山 歩実
大学病院、市立病院での勤務を経て、長期療養型の病院へ転職。なかなか改善しない症状に対し漢方を使ったサポートを実施している。
さまざまな病気の段階の方と接する中で、正しい医療情報を得ることの難しさを痛感し、ライター活動を開始。がんや感染症、生活習慣病など幅広い疾患や薬についての記事制作を担当。「誰もが自分のからだを労れる社会」を目指し、漢方のプロがAIを活用して自分に適した漢方薬を選び、お手頃価格で自宅に郵送してくれる「あんしん漢方」で情報発信をしている。
●あんしん漢方(オンラインAI漢方)

  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

舞maiさん

127955

本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運び...

2

おおもりメシ子さん

45857

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

3

mamayumiさん

38207

無理なく!楽しく! 目標は「ていねいに生きる」...

4

智兎瀬さん

33287

こんにちは♡✨ちとせと申します(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)...

1

智兎瀬さん

398066

こんにちは♡✨ちとせと申します(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)...

2

🌠mahiro🌠さん

306947

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

3

舞maiさん

280539

本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運び...

4

mamayumiさん

232789

無理なく!楽しく! 目標は「ていねいに生きる」...

5

おおもりメシ子さん

154324

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

桃咲マルクさん

6063131

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

ハニクロさん

3831918

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

*ココ*さん

4604370

シンプルで気持ち良い生活に憧れる🖤現実は?はて?

michiカエルさん

4361055

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...

4児ママRomiさん

9956123

100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け