お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

「あー痩せたい!」 皆のダイエットのホンネをリサーチ

  • クリップ
「あー痩せたい!」 皆のダイエットのホンネをリサーチ

女性にとって「ダイエット」は永遠のテーマ!

特に暮らしニスタ世代は妊娠・出産・加齢など体型に変化が起こるタイミングです。悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで暮らしニスタユーザーに緊急アンケートをとり、皆のリアルな実情と本音に迫りました。どうやら、コロナ禍の今はより「無理なく」日常生活をキープしながらのダイエットに需要が高まっているようです。

みんなとにかく「痩せたい!」衣替えや健康診断などが現実を直視するタイミング

Q1 今、「痩せたい!」と思っていますか?

思う 75.9%
思わない 24.1%

8割近くが「痩せたい」と回答。女性はいつでも「痩せたい」と思いがちですが、その理由を聞いてみると、暮らしニスタ世代特有の切実な背景が見て取れました。

痩せなきゃ!と思う理由

●服が着られない

「産前の服が着られなくなった!」(mimi)
「衣替えをしたら服が入らず、急遽ユニクロなどでそろえる羽目に。おしゃれが全然楽しくない」(おつまみ)
「手持ちの服がキツイ、きれいに着こなせない」(funaco)
「服も結婚指輪も入らない…」(さっちゅ)

●日常生活に支障をきたしている

「太りすぎて腰痛がつらい」(茶々丸)
「血液検査の結果にも影響してきて焦った」(ぱん)
「コロナ禍で一気に太り、膝が痛くなってしまったから」(aco)
「かがむのがつらく、腕や足の動かせる範囲が明らかに狭くなってきた」(こまにゃん)

●自分が嫌いになってしまう

「鏡や写真を見るたびに落ち込む」(とめ)
「自分の姿を見たくなくなった」(mico)
「自分に自信がなくなってしまった。心身の健康を取り戻したい」(mi-cha)
「旦那の体重を超えてしまい、夫婦関係にも自信がもてない」(かなっぴ)
「デブな母親だと子どもに申し訳ないから」(匿名希望)

大きく分けてこの3つが「太ってしまった」ことを認識したタイミングとして挙げられました。

産後などに衣替えで、手持ちの服が入らなくなっていたパターン、健康上いよいよ直視しなければいけなくなったパターン、太っていることで自信を無くしてしまっているパターン。どれも本当に憂うつですよね…。

若いころから5キロ以上増加している人が7割!減量目安は「3~5キロ」、部位は「お腹」がTOP

Q2.あと何キロ体重を落としたいと思いますか?

3キロ 31.7%
5キロ 28.9%
8キロ 12.7%
10キロ 14.1%
それ以上 12.7%

Q3.ご自身のベスト体重と比べて、今何キロくらい増えていますか?

~3キロ 26.1%
~5キロ 26.8%
~8キロ 13.4%
~10キロ 14.1%
それ以上 16.2%
ほぼ変わりない 3.4%

Q4.どこを痩せたいと思いますか?上位3つまで教えてください

お腹まわり 89.4%
太もも 35.9%
二の腕 26.1%
お尻 23.9%
顔 23.9%
背中 21.8%
顎 13.4%
ふくらはぎ 12%
部位は関係なく、とにかく体重を落としたい 9.9%

若いころのベスト体重から「5キロ以上増加している」と回答した人は7割近く。しかしいま現在、減量したいのは「3キロ」が最多、続いて「5キロ」と、ベスト体重よりは少ない数字になりました。

大人になって、現実的で無理のないダイエットを検討している人が多いのかも。

また、痩せたい部位としては「お腹まわり」が9割とダントツ!

日常生活で無理なくできるダイエットで自信を取り戻したい!

Q5.今やっている(やろうとしている)ダイエットを教えてください(複数回答可)

ストレッチ 50.7%
ウォーキング 40.8%
食事制限 37.3%
糖質オフ 19.7%
脂肪燃焼系のエクササイズ 19.7%
ヨガ 16.9%
ダイエットサプリ 10.6%
ジム通い 8.5%
マラソン 4.9%
その他(ファスティング、スイミング、筋トレ等)

ダイエット方法について興味深いのは「ストレッチ」が1位という点。ストレッチは、疲れがたまってガチガチの身体をほぐし、柔軟性をUPさせることで代謝も上がります。むくみや冷えを解消する効果もありますから、何か別の方法にストレッチを組み合わせるという人が多いようです。

そしてウォーキングや食事制限など、日常生活のなかで無理なく続けられる方法をセレクトする声が非常に多くみられました。コロナ禍もあってか、ジムなどは下火な傾向に。

また、ダイエットのモチベーションとなる「目標」についても聞いてみました。こちらは「ファッションやおしゃれ」と「もっと人生を楽しみたい」の2大柱が目立つ結果に。いくつかコメントを抜粋します。

ダイエットが成功したら、どんなことがしたい?

●体型を気にしないで、いろんな服が着たい!

「体型の出る服装、スキニーとか着てみたい」(ちりん) 
「ウエストが締まったワンピースを着たい」(tomotine) 
「ピッタリしたトップスを着たい。夏に腕を出したい」(Ayaka) 
「太って着られなくなった服を復活させたい」(匿名希望) 
「体型を着にせず、思いっきりおしゃれをしたい」(匿名希望) 
「娘と双子コーデでお出かけしたい」(mi-cha)

●アクティブにいろんなことに挑戦したい!

「海やプールに行きたい」(繊維メーカーの人)「子どもと一緒にアスレチックなどで元気に遊びたい」(ねむンダ)、「アイスダンスを習ってみたい」(ぼん)、「子どもと親子マラソン大会に出場したい」(aco)

ただでさえ体型に変化が訪れる世代なうえ、コロナ禍もあって「過去最大に太った!」なんて声もよく耳にしますよね。とはいえ、「ダイエットしたい」気持ちになれているのは、すこぶる前向きな現象といえるでしょう。

アンケートでは、若い世代より現実的で「無理のないよう」ダイエットしたいという声が目立ちました。大人世代ならではの健康的でストレスの少ないスローなダイエットが一層求められているのかもしれませんね。

まとめ・文/小林みほ

 

主婦の本音がズバリ!暮らしニスタ白書
暮らしにまつわるアレコレについて、主婦のみんなはどんな風に考えているの?暮らしニスタを対象としたアンケート結果から、現役主婦の本音に迫ります。
主婦の本音がズバリ!暮らしニスタ白書
釣りは一度体験したら病みつきになる人も多いアウトドアレジャースポーツの一つですが、その魅力とは何なのでしょうか?いったい何が楽しいの? 老若男女を問わず、みんなが釣りに惹かれる理由をご紹介します。
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

153587

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

バジリコさん

101755

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

3

GreenTeaさん

90051

家時間に比例して、暮らしニスタの利用が大幅増。 ...

4

舞maiさん

83214

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

5

ろっかさん

53679

I Love Stuffed Animals ...

1

舞maiさん

324194

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

2

funkyさん

250241

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

3

バジリコさん

186062

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

5

mimi.bonheurさん

121463

誰でも簡単にできるキャラ弁、 可愛くて簡単に作...

なが みちさん

3377517

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

🌠mahiro🌠さん

6655580

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

花ぴーさん

6565947

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

香村薫さん

4747614

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

よんぴよままさん

5137669

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

100均アイテムで★手作りバッグコンテスト
春を楽しむ♡お花見レシピコンテスト