お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る

都市部に多い狭小地・住宅密集地を生かすプランニング

  • クリップ
都市部に多い狭小地・住宅密集地を生かすプランニング

都市部ではどうしても狭小地や住宅密集地のような、限られた土地で建物を建てることが多くなってしまいます。建主には「狭い土地を少しでも広く見せられたら」「密集地でも風通しやプライバシーを守りたい」などどうしても克服したい希望があると思います。

ここでは、狭小地・住宅密集内でもその土地を生かすプランニングをご紹介します(「プランニングに役立つ人気プランの特徴とメリット・デメリット」も参考に)。

 

逆転プラン

 

逆転プランにより2階に設けられたLDK

 

日照や通風、眺望に恵まれた2階に設けたLDKは、仕切りのないワンルーム。リビングは天井を高くし、高窓からの光がいっぱいに広がる。

住宅密集地では、どうしても1階部分の日当たりや風通しが悪くなるので、日中家族が長くいるLDKを設けると、決して快適にはなりません。

そこでおすすめなのが、2階にLDKを設ける「逆転プラン」。建て込んだ住宅地でも、2階なら隣家に遮られることなく光や風が届き、1階より日照時間が長くなるので、快適なだんらん空間がつくれます。

また、道路など外からの視線が届きにくいため、プライバシーが保ちやすくなります。天井を高くとれば、床面積が同じでもボリューム感のある部屋に。

1階の部屋では、そうそう天井を高くするわけにはいきません。その点、2階をLDKにするプランなら、屋根の形に合った勾配天井にするなどして、開放的な空感が実現。

ただし、2階のLDKは玄関へ下りるのに時間がかかるなどの欠点も。目が届かない1階の防犯対策やキッチン脇にサービスバルコニーをつくるなどの工夫も必要。夏の暑さ対策には、屋根断熱を施しましょう。

 

オープンプラン

 

オープンプランによる2階に仕切りのないLDK

 

風致地区のため、十分な床面積は無理。 そこで2階を仕切りのないLDKにし、吹き抜けや勾配天井をとり入れることで、狭さを解消。

小さな家に提案したいのが「オープンプラン」です。これは間仕切りをなるべく省いて、部屋と部屋との連続性を持たせるものです。

具体的には、家の中で一番広がりを持たせたいLDKを間仕切りのないワンルームにする、2人で使う子ども部屋は、1つの広い空間にしておき、将来必要に応じて仕切る、などがあります。

 

間仕切りのないワンルームのイメージで設計されたLDK

 

家全体を大きなワンルームのイメージで設計。ダイニングセットの手前にある吹き抜けにより、1階、2階のフロアを一体化。左奥が玄関。

また、廊下や階段、玄関ホールなど、通常は移動にしか使われないスペースを、部屋の一部にとり込む方法もあります。リビングのLDの間仕切りを省くなど、いろいろ応用できます。サニタリーの場合は、洗面室とトイレをひとまとめにすると広々します。

オープンプランは、機能の異なるスペースを一体化させて、広がりをつくる設計方法です。しかし、使い方によっては、何らかの仕切りが必要になることも。その場合は、普段は開け放しておける引き戸をつけたり、ロールスクリーンを設けたりするといいでしょう。

 

スキップフロア 

 

スキップフロアの説明図

 

半階ずつ床の高さを変えるスキップフロア。一般的な建て方と違って、視線が斜め上・斜め下にのびるため、広がり感が生まれ、変化に富んだ空間になる。

通常の建物は、1階、2階とフロアが分かれています。「スキップフロア」とは、半階ずつ床の高さをずらす建て方をいいます。

設計上の注意点は、階段のすぐ上や下に壁やドアをつけて仕切らないこと。階段が部屋の一部になるように、間仕切りは低めの手すり壁を設ける程度にしましょう。そうすると、階段を通して上下のフロアがやわらかくつながります。

スキップフロアにすると、上図に示したとおり、視線が斜めにのびるので、それぞれの部屋が狭くても、のびやかな印象に。各部屋は完全に仕切られていないので、家族の気配が伝わりやすいという効果もあります。

また、階段によりゾーン分けされるので、部屋に適度な独立性も生まれます。

 

スキップフロアを採用した家のLDK

 

敷地のゆるやかな高低差を生かして、スキップフロアを採用した家。手前の洋室と奥のLDKはワンルームながら各スペースの適度な独立性も実現。

スキップフロアは、立体的な広がり感やドラマチックな空間ができるなど、通常の建て方より変化のある住まいになるのも特徴。ただ、階段が多いのでバリアフリーにはならず、高齢者のいるお宅には不向き。

傾斜地では、敷地の高低差を生かして、上の写真のようにスキップフロアを採用するケースがよくあります。

 

視線の抜け 

 

視線の抜け 間取り図

 

DKとリビングのコーナーが重なるようにつなぎ、奥行き感を出したプラン。視線の先に眺めの良い窓があるのが理想的。

狭さを解消するにはオープンプランが効果的ですが、プライバシーや冷暖房の効率などを考えると、仕切りが必要な部屋もあります。そんな時はガラスに注目を。

一般的なのが浴室と洗面室の境をガラスのフィクス窓にし、ドアもガラスにする方法。ワンルームのサニタリーでは浴槽の湯気がこもってしまいますが、ガラスで仕切る方法なら、その心配はなし。

 

視線の抜けにより広がり感と採光を確保した部屋

 

寝室(手前)と廊下(奥)の間を、床から天井までのガラスにして、広がり感と採光を確保。床はすべて同じタイルで、いっそう広々。

上の写真では、寝室と廊下の間をガラスにしています。2つの空間の床と天井が連続して見えるため、より空間的な一体感が生まれました。プライバシー保護のために、寝室側にはブラインドを設置しています。

同様の考え方で、欄間をガラスにすると天井がつながって見えるため広々し、採光面でもメリットが。ただし、場所によっては、万が一割れてもケガの心配が少ない強化ガラスや合わせガラスなどにすると安心です。

 

広く見せるテクニックのまとめ

  • 斜めに視線がのびるように、部屋と部屋をコーナーでつなぐ。

 

  • 借景を利用する。※窓などから外の景色を見えるようにし、外の開放感を家の中にとり込む。
  • 間仕切りやドアに透ける素材を使う。欄間をガラスにすると、2部屋の天井がつながったように見えて広々する。窓やドアを天井までの高さにすると、内と外、部屋と部屋の連続性が生まれるほか、天井が高く見える効果もある。
  • 視線をさまたげる場所に間仕切り家具を置かない。置くなら、低めのものにする。
  •  階段は、視線が抜けるデザインにする。
  • 内装は白っぽい色に。なるべく壁紙や床材を統一すると連続性が生まれる。

 

★おしゃれな注文住宅を建てたい方はこちら

 

★注文住宅のカタログを取り寄せたい方はこちら

 

おすすめ記事

注文住宅の間取りの決め方やアイデア・失敗談や成功事例まとめ

2018.01.21

住宅ローンを借りる流れや必要な手続き、注意点まとめ

2018.03.06

住宅展示場を見学するときの後悔しない注意点とコツ

2017.12.28

  • クリップ

このカテゴリの人気タグ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

コストコ男子さん

10818

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

2

おおもりメシ子さん

3336

おいしいもの妄想家♪ お鮨とお肉と日本酒とワイン...

3

香村薫さん

3080

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

よんぴよままさん

2380

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

RIRICOCOさん

2128

築30年を越えるマンションを快適に暮らせるように...

2

コストコ男子さん

58790

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

3

香村薫さん

49023

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

桃咲マルクさん

44150

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

tanari_nuさん

37822

元看護師、防災備蓄収納1級プランナー・整理収納教...

1

コストコ男子さん

266214

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

2

よんぴよままさん

181627

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

3

香村薫さん

151576

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

桃咲マルクさん

150879

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

りんりんまるさん

127375

見ていただきありがとうございます。 暮...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

わが家のシチューレシピコンテスト
100均のフォトフレーム活用アイデアコンテスト
バレンタインのラッピングコンテスト