お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

子どもの指しゃぶりが直らないのは、親の愛情不足が原因?

  • クリップ
子どもの指しゃぶりが直らないのは、親の愛情不足が原因?
育児に悩みは尽きないもの。ママたちの悩みに、子どもの「発達心理」の研究をされている菅原ますみ先生(お茶の水女子大学教授)がアドバイスします。

【ママからの相談】
4才の息子は、指しゃぶりがやめられません。ほめたり、叱ったり、はげましたりしながら、いろんなやり方をためしてみましたが、眠っているときやボーっとテレビを見ているときに、つい手が口にいくようです。「愛情不足じゃないのか?」と夫に言われ、ショックでした。でも、そんなことはないと思っています。(年中 男の子のママ)

子どものクセに「意味づけ」は必要ありません

そんなママの悩みに、菅原先生からはこんなアドバイスがありました。

「『なくて七癖』というように、年齢にかかわらず、クセというものはだれにでもあるものです。ご自身はいかがですか? 大人になって指しゃぶりする人はあまりいませんが、話しながら髪の毛をいじったり、食事のときにひじをついたり、語尾に『ね』などをつけたり。

私にも髪の毛をついさわってしまうクセがありますが、アメリカのスピーチトレーニングの場などでは『髪の毛をさわるのは自信のない証拠』と言われているため、プレゼンテーションや会議の場では『絶対に髪の毛をさわってはいけない』と言われたことがあります。単なるクセなのに『自信のない証拠』という意味づけがなされてしまうのです。

子どものクセも同様で、なかなか直らない習慣があると、大人はどうしてもそこに意味づけをしたくなるものです。2才児なら見過ごすことができても、4才で指しゃぶりしていると、『甘えがたりないから』『さびしいから』という意味づけをしたくなってしまうのです」

胎児期から指しゃぶりをするケースも

­
「でも、『愛情いっぱいに育った子は指しゃぶりはしない』という根拠はどこにもありません。愛情不足で指しゃぶりをする子は確かにいますが、愛情いっぱいでもなかなか指しゃぶりのクセが直らない子もいるのです。

指しゃぶりは、多くの場合、泣いたときにたまたま口に指をいれて(胎児期からずっと指しゃぶりしているというケースもあります)、吸っていたら安心できたので続けてしまう、ということから始まるようです。ある意味、自分を落ち着かせるためのスキルともいえると思います。

まれにストレスとクセが重なってしまう子もいるかもしれません。けれど、愛情いっぱいで育っても、クセが直らない子はたくさんいます。深読みしすぎる必要はありません。

もしもふり返って、『かまってあげる時間が少なかったかも』『さびしい思いをさせちゃったかな』などの気になることがあれば、いつもよりたっぷりかわいがってあげてください。寝つくまでそばにいてあげたり本を読んであげたりするなど、子どもが安心できるような場面をたくさんつくってあげるといいですね」

クセを直すときに注意することは?

­
「では、気になるクセは直した方がいいのでしょうか。それはお母さんの考え方次第だと私は思います。

指しゃぶりの場合、幼稚園などでお友だちに指摘されたりして『赤ちゃんっぽくて恥ずかしい』と気がついて、自主的にやめる子が多いようです。『自分から自然にやめるまで待ちたい』と思うなら、それもひとつの方法です。

ただ、4~5才以降も指しゃぶりを続けてしまうと、永久歯の歯並びに影響が出ることも多いそうです。『指をチュッチュしていると、前歯がネズミさんみたいに前に出ちゃうんだって』と話してみるのもいいかもしれません。
もちろん、言われてすぐにやめられるとは限りませんし、言われても全然気にしない子もいます。永久歯の歯並びを気にされるお母さんは、歯医者さんに相談してみるといいかもしれませんね。

また、指しゃぶりはテレビを見ているときや、寝つくまえにすることが多いので、テレビの見せすぎに注意したり、寝つくときには手をつないであげたりするということも、いい方法です。

いずれにせよ、『指をしゃぶるなんてダメ』としかりつけて、無理やりやめさせるようなことは避けたほうがいいと思います。気付いたときにその都度、やさしく注意してあげるようにしましょう」

取材・文/神 素子
Profile菅原ますみ
お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授。子どものパーソナリティー発達と精神病理を専門とし、0才~30才までの発達を追う、日本では数少ない長期にわたる縦断研究をおこなう。働きながら子どもを育ててきた先輩ママでもある。

おすすめ

お部屋の掃除、片付け、収納は主婦にとって共通の悩み。そんなときもうひと工夫したいのがお部屋の香りです。お客様を招く際はもちろん、自宅で家族と過ごす時間やひとりでのリフレッシュタイムにも、居心地の良い空間をメイクする方法を暮らしニスタさ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

髙木 あゆみさん

124228

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

2

saori.612さん

49594

1ldkの賃貸アパートでパートナーとふたり暮らし...

3

花ぴーさん

43094

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

4

イチゴ♪さん

37322

青森県八戸市♡自撮りと暮らしの雑貨を楽しむ58歳...

5

よんぴよままさん

35126

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

1

花ぴーさん

344445

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

髙木 あゆみさん

159660

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

3

happydaimamaさん

155756

元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふ...

4

桃咲マルクさん

143075

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

5

中山由未子さん

139350

☆仕事:小学校の理科支援員 ☆趣味:インテリア...

ひこまるさん

5453971

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4613888

大学生の長男、JK長女、小6次女、小5次男の母R...

コストコ男子さん

4975551

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4347112

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

包丁いらずのおつまみレシピコンテスト
リメイクシートの使いこなしアイデアコンテスト