お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

海外では逮捕者も!“親子で入浴”のタイムリミットとは?

  • クリップ
海外では逮捕者も!“親子で入浴”のタイムリミットとは?
親子での入浴は、楽しい時間でもありコミュニケーションの場でもありますよね。だからこそ、子どものころにお母さんやお父さんとお風呂に入った記憶というのは、大人になった今なおいい思い出として残っている人は多いのでは?
でも、海外の人から見ると「日本人の親子入浴」は信じられないことだとか。とくに、パパと娘が一緒に入浴するのは性的虐待が疑われるそう…。日本人からすると、そんな考えの方が信じられませんよね?!
けれど、親子での入浴はいったい“いくつまでがセーフ”なのでしょうか?

親子での入浴は日本独自の文化だった!

「子どものお風呂はパパの仕事」という家庭は思いのほか多いものですよね。仕事で忙しいパパにとっても、子どもと触れ合う貴重な時間だったりするのではないでしょうか。
でも、世界的に見ても「湯船につかる」という文化を持つのは日本だけ。似たような文化を持つ中国や韓国でも、湯船につからないだけでなく、物心がつく幼児にもなれば親子でお風呂に入ることはないそうです。
そして、西洋文化ではシャワーが主流。幼いときに親が体を洗うのを手伝うことはあっても、一緒に湯船につかることはほとんどありません。
毎日のように湯船につかるのは日本独自の文化。また、そこから生まれた親子入浴も日本独自の文化だったのです。

「パパとの入浴」は、いつ卒業?

某新聞社が行ったアンケートによると、ママと息子の入浴は「小学校低学年まで」がトップで、「小学校高学年まで」「小学校前まで」と続く結果でした。一方、パパと娘は「小学校高学年まで」がトップで、「小学校低学年まで」「19歳以降も」「中学校まで」という結果でした。
“19歳以降もパパと入浴する娘”という状況が3位なのにはさすがに驚きがありますが、小学校を卒業する頃には多くの娘達がパパとの入浴を卒業するようです。
­
卒業のパターンとしては、「娘・パパのどちらかがイヤがる」「ママやきょうだいがイヤがる」など、家族の誰かがイヤがったときになるよう。
娘がイヤがるケースは、体や心が変化して“恥ずかしくなる”という理由から。成長しているという証拠でもありますよね。
また、パパがイヤがるケースとしては、成長期を迎えた娘が女性として見えてきたとき、照れくさくなってしまうということのよう。
確かに、ある程度の年齢になっても人前で裸をさらすのが平気というのも困りもの。親子であってもデリケートゾーンは隠すということを教えるチャンスかもしれませんね。
また、ママやきょうだいがイヤがる場合は、夫婦関係やきょうだい関係がギクシャクしているのかも…。一度、家族で話し合うことをオススメします。

中学生になってもパパと入浴はセーフ?それともアウト?

親子での入浴を卒業するのは家庭環境や価値観にもよりますが、健常な発達や感性を持つ子どもに育てるためには、子どもが中学生以上になったら性別を問わず、異性の親との入浴は控えた方がいいようです。もちろん問題のない家庭もあるでしょうが、一般的には要注意だとか。
­
精神科医によると、子どもはある程度の年齢になると異性の親を「気持ち悪い」と感じて離れるのが自然で、そのタイミングを逃すと性的発達・性的自立が遅れ、恋愛に消極的になるそうです。
ファザコン・マザコンなども含め、親子関係が子どもの恋愛感に影響を与えるのは間違いありません。中学生になっても異性の親と入浴している家庭は…、アウトかもしれませんよ!

海外では犯罪!?

アメリカやヨーロッパなどの欧米諸国では、お風呂場はプライバシーが守られるべき場所という考えが強く、親子であっても一緒に入浴することは“非常識”だと考えられています。
­
外務省の海外安全ホームページでは、「ある先進国で暮らす日本人家庭で、現地校に通う娘が作文で『お父さんとお風呂に入るのが楽しみ』と書いたところ、学校が警察に通報。父親は性的虐待が疑われ、逮捕された」と紹介しています。
また、「旅行中に家族で撮った写真を現像したら、子どもが入浴している写真があるとして警察に通報され、事情聴取を受けた」という事例も紹介されています。
海外では性的虐待だけでなく、児童ポルノに関する規制や処罰も厳しく、日本では全く問題にならない当たり前の習慣も犯罪になってしまうことがあるようですね。
­
パパにとっては、娘との入浴がなくなるのは寂しいことでしょうが、成長の過程では必要なこと。思春期を迎える頃には卒業するようにしましょう。親子のコミュニケーションは入浴だけではありません! そんなときにこそ、新たなコミュニケーション方法を見つけてみてはいかがでしょうか?
­
<プロフィール>
ナツキレイ
フリーライター/日本語家庭教師
タイ在住を経てオーストラリアへ。現在はオーストラリアの田舎で日本語を教える傍ら、ライターとしても活動。政治・経済・教育などの分野から、子育て・旅行・セレブ情報など生活や趣味の分野まで幅広いジャンルで執筆中。定期的に英語のニュース・雑誌サイトの記事を翻訳してリライトも行う。日本生まれ海外育ちの2児の母。
­
写真© chihirock - Fotolia.com
Profileナツキレイ
フリーライター/日本語家庭教師。タイ在住を経て、オーストラリアで日本語を教える傍ら、ライターとしても活動。政治・経済・教育などの分野から、子育て・旅行・セレブ情報など生活や趣味の分野まで幅広いジャンルで執筆中。定期的に英語のニュース・雑誌サイトの記事を翻訳してリライトも行う。日本生まれ海外育ちの2児の母。
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

花ぴーさん

72354

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

よっちゃんさん

70931

昔「山女」今「ママさんタグラグビー」をちょこっと...

3

emicombさん

48062

9歳と7歳の男の子2人のママです。 お裁縫、D...

4

RIRICOCOさん

31659

築40年近いマンションを快適に暮らせるようDIY...

5

happydaimamaさん

29338

元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふ...

1

花ぴーさん

202948

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

髙木 あゆみさん

192157

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

3

香村薫さん

124235

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

よっちゃんさん

122637

昔「山女」今「ママさんタグラグビー」をちょこっと...

5

よんぴよままさん

118721

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

5555401

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4664436

大学生の長男、JK長女、小6次女、小5次男の母R...

コストコ男子さん

5210932

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4510259

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

手作りファブリック小物コンテスト
包丁いらずのおつまみレシピコンテスト