お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

「育児を助けてくれなかった恨みは一生忘れない」主婦あるあるに共感のアラシ!

  • クリップ
「育児を助けてくれなかった恨みは一生忘れない」主婦あるあるに共感のアラシ!

大人気ブログ「主夫の日々」が書籍に。元サラリーマン主夫(シュフ)の無理ゲーな日常が、家庭を会社に、子どもを部下に置き換えたマンガとエッセイで綴られています。

人というものは大変なときに助けてもらった恩は決して忘れないもの。そして、その恩人が困っていたら助けたい、役に立ちたいと思うものですよね。

逆のパターンを想像してみてください。
妻が乳幼児の育児に奔走、疲労困憊しているのに、それを見て見ぬふりでやりすごす夫。育児の大変さ+夫への憤懣が妻に貯まっていくことに気づかない夫……。

この本の中から、暮しニスタ編集部が選んだ「シュフあるある」3つ目はこれ!

「助けてくれなかった…」→「助けてやるもんか!」になるのは当然の結果!?

乳幼児期の育児の大変さは
半端じゃない。
助けてもらえなかったという
つらい記憶はずっと残り続け、
後々の夫婦関係に
確実に影響を及ぼしてくる



大変なときに助けてくれた人のことはいつまでも覚えているものだ。

長く続く夫婦生活、奥さんにはたくさん助けてもらうだろうし、自分も助けてあげたい。だから出産には可能な限り立ち会うべきだと思うし、特に大変な産後の期間やその後の子育ては積極的にサポートするべきだと思う。そうやって築いた夫婦の絆はちょっとやそっとじゃ壊れることはないでしょう。

だが、人の記憶に残るのは何も助けてもらった記憶だけではないのだ。助けてもらえなかった記憶もまたいつまでも覚えている。

この人は自分が本当に大変なときに何も助けてくれなかった……と、それまで向いていた好意は一瞬で冷めるし、心の奥底でくすぶり続けるのだ。そして一度そうなってしまったら、元に戻すのは生半可なことで到底不可能。


助けてもらえなかった記憶が夫婦関係に悪影響を及ぼす


例えば夫婦の一方が風邪をひいたとする。風邪をひいていない方が看病をするものだが、大変な時期に育児や家事を見て見ぬふりをした相手をシュフは看病したいと思うでしょうか。

そう聞かれて「うちは大丈夫」と答えられる人は果たしてどれだけいるでしょうか。もし自分はこの質問に大丈夫と答えたとして、パートナーも同じく大丈夫と答えてくれるのでしょうか。

結婚当初なら多くの場合、大丈夫と答えてくれるでしょう。だが家事育児にも参加せずシュフを助けず、また助けを求められても軽く受け流し続け、そんな状態が続いたとして、その相手を助けたいと思う人がいるでしょうか?

その影響は言葉ではなく態度に少しずつ出始めます。最初のころは風邪をひいたら熱心に看病をしてくれて、次第にドリンクを買ってきてくれるだけになり、最終的には寝かせておくだけで自分のことは自分でやってと言われてしまう。ひどいと思うでしょうか? 

しかし自分が大変だったときに助けてもらえなかったのは、助けなかったのは、どちらが先か、ということです。

困ったときに助けてほしいなら、まず助けるのが先決


結局、夫婦関係というのは人付き合いと変わらないと思います。相手が大変なときには助け、自分が大変なときには助けてもらう。いくら結婚相手だろうと、助けてくれない相手を助けようとは人は思えないのです。

そして自分を一番理解し、また一番助けてくれるのは仕事仲間でも親でも身内でもない、パートナーだ。

パートナーが大変なときに助けないというのは、結局自分の首を絞めることになる。

またシュフが大変なのは子どもが小さいうちだけではなく、家事育児をしている間中ずっと大変。だから助けてくれなかった記憶は残り、更新され続けるのだ。それで自分が困ったときは助けてもらいたいと思うのは、どう考えても思い上がりではないでしょうか。


夫婦はどこまでいっても平等。自分が困ったときに助けてほしいのなら、まず自分が先に助けるべき。

特に大変な乳児期の子育ては積極的に助け合うことが大切だし、それが夫婦関係を長く円満に保つ、唯一の方法だ。夫婦関係が円満ならいつでも相手は自分を助けてくれるでしょう。

最終的に大事になるのは家庭・家族です。

一番大切な人が一番大変な時期に見て見ぬふりをしてはいけないのだ。

『主婦をサラリーマンにたとえたら想像以上にヤバくなった件』

【第1章】シュフになってみて驚いた件
【第2章】子育てとセットになった家事が大変すぎる件
【第3章】夫婦円満に過ごすためにシュフが夫にお願いしたいことをまとめてみた件

河内 瞬:著 (主婦の友社)

Amazonで詳しくみる

<著者プロフィール>
河内 瞬(かわうちしゅん)元サラリーマン。主夫ブロガー。妻、娘2人の4人暮らし。
サラリーマンから主夫に転身して分かった家事・育児の大変さを『主夫の日々』で発信中。
「子育てを部下に置き換えてみた」「主夫はおすすめの職業」など、
独自視点からの記事とオリジナルマンガにファン急増中。


 


まとめ/暮らしニスタ編集部

おすすめ

お子さんに、ご主人に、自分用に、お弁当作りを頑張っているママたちからよく聞かれるのが、「お弁当箱を洗うのが大変!」という声。 そんなお弁当ママのお悩みを解決するアイテムが『キュキュットCLEAR泡スプレー』です。 毎日お弁当を作っ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

Asakoさん

82322

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

2

happydaimamaさん

52247

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

3

まどなおさん

34635

◆ライブドア公式ブロガー「いつでも、HOME」 ...

4

michiko.hさん

31920

ファッションライター 日本色彩学会正会員 ...

5

coyukiさん

29348

著書『大丈夫!実家は片づけられます』12月6日発...

1

香村薫さん

288825

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

2

Asakoさん

213693

北欧インテリア、マリメッコ(服、インテリア、手芸...

3

happydaimamaさん

143570

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

4

よんぴよままさん

119300

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

sugarkeiさん

113073

岐阜県在住。のんびりとした田舎の土地で暮らしてい...

ひこまるさん

6317433

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5478501

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

6593811

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

5471463

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

クリスマスデコレーション☆コンテスト
お豆腐のファミリーレシピコンテスト
きのこを使った一皿コンテスト