お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

子どもの人間関係に親はどう関わるべき?覚えておきたい9つのポイント

  • クリップ
子どもの人間関係に親はどう関わるべき?覚えておきたい9つのポイント
子どもが小学校に通いだすと、親は束の間、育児から解放されホッと一息つけますよね。
しかしその反面、学校は親の目が届きにくい空間。だからこそ、子どもたちがどんな人間関係を築いているのか、イジメや仲間はずれはないかなど、心配になるもの。
もし「子どもの人間関係がうまくいってないかも」と感じることがあったら、親はどんなスタンスで子どもと接したらいいのでしょうか?
実体験をもとにした、全国のママさんの体験を集めました。
­
­

1:原則は見守ること!入り込みすぎないで

­
「子どもたちは自分たちの世界をつくり始めています。遊びの内容や人間関係を詳しく知りたいなんて思わないことが一番。『席替えあったの?誰の隣の席になった?』『誰と一緒に帰ってきたの?』程度のことを日々確認するだけで十分」
­
幼稚園時代のトラブルには親の出番がたくさんありましたが、小学生になると「見守るのが親の仕事」という声がいっぱい。子どもの世界に親が入りこみすぎると、逆にトラブルの元になるようです。
­

2:言葉より様子や表情でわが子の変化に気づいて

­
「友人関係についてあまり話さない娘ですが、何かあると急に忘れ物が増えます。そんなときは原因を探すより、わたしが連絡帳をチェックしてフォローします。そして、『いつでもお母さんはあなたの話しを聞くよ』という雰囲気を心がけます」
­
気持ちが集中せず忘れ物が増える。食事の量が減る。いつも楽しむゲームをしないなど、何かあると「気づくポイントがある」という意見も少なくありませんでした。無理に問いたださず、さりげないフォローと「話しを聞くよ」という雰囲気づくりが大事なよう。
­

3:聞き出そうとしない!相談されるまで待つ

­
「うちの子の場合は、『ただいま』の言い方で「今日は何かあったな」とわかります。でも絶対「何があったの?」とは問いただしたりしません。心配ではありますが、子どもたちが自分たちで解決しようとしているのだから、子どもから相談されるまで放っておきます」
­
学年が上がると、トラブルがあったことを親に隠したり、「話すことが恥ずかしい」「言いたくない!」と感じるようになるようです。また、「心配かけたくないから話さない」というお子さんもいるでしょう。何かあったと思うと、根ほり葉ほり聞きたくなりますが、聞いているうちに親の方が興奮してしまうことも。まずは親が冷静になり、グッと我慢を!
­

4:聞き役に徹する。「大人の常識は」は言わない

­
「せっかく子どもが相談してきてくれたのに、途中で「それってあなたが悪くない?」なんて言っちゃうとオシマイ。もちろん、そう感じることもあります。でも、ただひたすら聞いてあげるということだけに徹します。すると、話すうちに自分で自分のどこが悪かったのか、気づいて納得していくみたい。これも成長してる証拠ですね」
­
親が頭ごなしに「あなたが悪い!」と言うと反発するけれど、『自分で気づいた方が心に深く残る』という意見も。まず、子どもと同じ目線に立つこと。そして親は子どもの話しを全面的に受け入れ、最後まで聞くこと。もし子ども方からアドバイスを求めてきたら、そのときにはじめて意見を言うのがベストのようです。
­

5:友だちの気持ちをいっしょに考える

­
「まずは子どもの意見を十分に聞いてあげます。それから『じゃあ、相手はどう思ったかな?』『ママが○○ちゃんなら、こう感じたかも』と話します。人ぞれぞれ顔が違うように、考え方も違うということを少しずつ伝えていけたらと思っています」
­
いろいろ聞いてみて、わが子の方が間違っている場合には、そのことを子どもに伝えたいもの。とくに、低学年のうちは自分中心の発想で怒ったり、ケンカをするケースも少なくありません。そんなときは、まずわが子の気持ちに寄り添って共感してから、相手の気持ちをいっしょに考え、思いやる心を伸ばすのがポイントのようです。
­
­

6:子どもどうしで解決させることが一番

­
「大人が出て行くと早く解決はできますが、子どもたち自身で考えさせ、解決させることが大事。はじめは不安だし、親にも勇気がいりますが、子どもたちは話し合う力を身につけていったと思います。とくに上級生が加わると、雰囲気もグッとよくなります」
­
子どもどうしのささいなモメごとは、子どもどうしで解決させる!そのことで、子どもがまた一段と成長する!という意見が多数でした。親の任せる勇気、見守る勇気、そして子どもを信じる気持ちが試されますね。
­

7:子どもの人間関係は変化して当然と心得る

­
「人間関係の変化も、多くの場合は深刻なトラブルではないみたい。とくに男の子の場合、1人の子に固執することが少ないようです。そのときの気分やノリで遊び友だちがどんどん代わるのが普通のよう」「クラスで遊ぶ友だち、放課後に遊ぶ友だち、一緒に帰る友だちが別ということもよくあること。心配しなくてOKですよ」
­
ずっと仲良しだった子と遊ばなくなったり、誘っても断られたり…といったことがあると、大人は「大丈夫かしら?」と思ってしまいますが、子どもの世界ではよくあることのようです。過度に心配しないようにしましょう。
­

8:すっきりと吐き出させてあげることも必要

­
「うちの子は気持ちがうまく言葉にできず、胸のうちに溜めがち。「何かあったな」と感じたら、わざと挑発するように息子を怒らせます。すると、溜まっていた感情が爆発し、気になっていたことを一気に吐き出して、大泣き。これでスッキリするようです」
­
見守ることももちろん大事だけど、溜まった感情をうまく吐き出させてあげることも大事ということ。見守るだけでいいのか、少しつついて気持ちを言わせてあげた方がいいのか。子どものタイプをしっかり見極めて。
­

9:子どもの友だちと仲良くなろう

­
「なるべくお友だちを家に呼んで、子どもの友だちと仲良くなるようにしています。おやつを食べながらおしゃべりしているのを見ると、子どもどうしの人間関係も見えてきますしね。相手の親御さんによっては、夕食に誘ったりするとグッと親しさが増します」
­
小学生になると子どもの行動範囲も広がり、どこで何をしているか見えにくくなることも。だからこそ見える範囲に招き入れ、お友だち全員を見守ってみるのも手のようです。
­
­
いかがでしたか?ハラハラする人間関係も成長に欠かせない一つのステップ。見守る、話しやすい雰囲気をつくるなど、子どもの様子を普段からじっくり見て、小さい変化を見落とさないことがすべての基本のようです。
­
写真© milatas - Fotolia.com
※出典:雑誌『Como』(主婦の友社)/「小学校ママ入門講座」より
コロナ禍で人々の衛生意識が高まっている今。アルコール除菌や手洗いうがいなど、何をするにも第一に“清潔”を心がけているという方も少なくありません。自分や家族の体だけでなく、家にあって普段触るもの・身につけるものの清潔さも気になりますよね...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

舞maiさん

118948

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

2

funkyさん

112037

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

3

Asakoさん

105886

北欧インテリア好き。 100均アイテムや植物を...

4

🌠mahiro🌠さん

57839

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

5

GreenTeaさん

54973

家時間に比例して、暮らしニスタの利用が大幅増。 ...

1

🌠mahiro🌠さん

660799

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

2

舞maiさん

355285

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

3

おおもりメシ子さん

302063

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

4

花ぴーさん

236843

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

5

funkyさん

234015

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

よんぴよままさん

5243540

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

4児ママRomiさん

8328200

100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが...

コストコ男子さん

10413579

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

ちゃこさん

3307828

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

ハニクロさん

3379626

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

捨てる前に!ペットボトルの活用アイデアコンテスト
「ジブリの食卓 アーヤと魔女」レシピ 作ってみた♡投稿キャンペーン
腸元気♪納豆のアレンジレシピコンテスト