お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

育児のプロがアドバイス!小学生の友だち関係、親はどこまで口をはさむべき!?

  • クリップ
育児のプロがアドバイス!小学生の友だち関係、親はどこまで口をはさむべき!?
育児に悩みは尽きないもの。ママたちの悩みに、子どもの「発達心理」の研究をされている菅原ますみ先生(お茶の水女子大学教授)がアドバイスします。

【ママからの相談】隣の女の子に振り回される息子が心配!

「家の隣に長男(小1)と同級生の女の子が住んでいるのですが、息子のことが好きと言ってくるわりには、ちょくちょくひどいことを言ったりするので困っています。親の前や先生の前などでは絶対に言わず、息子だけがいるときに言うのだそうです。
­
一度、『○○くんが胸を思いっきり押した!』と泣いて、息子をどなったことがありました。たまたま私がずっと見ていたのですが、息子はそんなことまったくしていませんでした。息子は争い事が嫌いなので、反論はしませんでしたが、すねてしまいました。家が隣なので先が思いやられています。
­
息子は真面目で、人にも穏やかに接するタイプです。そのせいで、いじわるをされたりたたかれたりしたときでも『やめて』となかなか言えないところが気になっています。いやな気持ちを伝えるように言ってはいますが、どうなっているのかなかなか私には言ってくれません。今後、隣の子との付き合いに親はどのように関わればいいでしょうか?」

【先生の回答】小学生になったら、友だち関係への口出しは控えめに

息子さんは小学1年生とのことですね。まずこの年齢の子の心の発達について、少しお話したいと思います。
­
乳児期から幼児期前半にかけては、親によるコントロールが不可欠な時期です。24時間すべて親(大人)が見守るべき段階なので、子どもにプライバシーは存在しません。保育園のトイレを見るとわかりますが、上からのぞけるようになっていますよね。
­
けれど、幼児期の後半(4才頃)に入ると羞恥心が芽生え始めてきます。他人の気持ちにも気づけるようになるので、「自分はこう思っている。でも、ママはこう思っている」という考えの違いもわかり、親に知られたくないことも少しずつですが増えてきます。
­
小学生になると、その気持ちは顕著になります。精神面では相変わらず親を頼っているし、生活面では親まかせの部分も多いものですが、「自分」に関する部分、つまり服装、趣味、そして友だち関係については親に口だしされたくないと思う気持ちが少しずつ育ってくるのです。
­
幼児期、親は子どもの友だち関係をほぼすべて把握しコントロールできたことと思います。遊ばせたくないな、と思うような子には親子で近づかないということもあったかもしれません。
­
でも、小学生になった子どもは友だち関係に親があれこれ口を出すことを、「なんだか嫌だな」「ちょっと困るな」と感じるようになってくるものです。大前提として、児童期以降はそういう時期になっていくのだということを知っておいてください。
­
この時期から親は、「子どものスーパーバイザー」としての役割にシフトチェンジする必要があります。ある程度の距離をとって見守りつつ、危険がないか、無茶はしていないか、心と体を傷つけられることがないか、目配り気配りするという役割です。これは子どもが青年期までずっと続く親の仕事だと思ってください。

やんわりマイルドな聞きかたで情報収集を

このお子さんのケースについても、同じことが言えます。
ママにとっては「お隣の子」ですが、息子さんにとってはクラスメイト。親にあまり口を出されたくないという気持ちも少しあるのではないでしょうか。
­
もちろん、隣の子のせいでいじめに巻き込まれるとか、心が深く傷つけられるとか、そのようなことがあれば話は別です。親は担任の先生に相談したり、他のお友だちのお母さんから情報を得るなどして、状況を変えるために動く必要があります。けれど、子どもからのSOSサインがないのであれば、少し様子を見ましょう。「いやだ」と言わないのは、息子さんなりのやり方で大きなトラブルを回避しているのかもしれません。
­
とはいえ、ずいぶん勝手なお隣の子との関係はやはり気になりますね。頃合いを見計らって、さりげなく聞いてみるのがいいと思います。「そういえば、お隣の○○ちゃんにああ言われたけど、ちょっと驚いたよね」「あのあと学校ではどう?」など、あくまでやんわりと。
­
もしかしたら「実はイヤだった」と言うかもしれませんし、忘れてしまっているかもしれません。立ち入ってほしくないという表情をするかもしれません。その反応から、息子さんの中でお隣の子がどんな存在で、どの程度負担になっているのかが見えてくると思います。
­
「まぁ、多少は負担だけど、なんとかなっているんだな」と思えたら、見守りつつもそれ以上は立ち入らないでおいて大丈夫なのではないでしょうか。

お隣の子は息子さんがうらやましいのかも

お隣の子がどういう心境なのかはわかりませんが、ひとつイメージできるのは、お隣のご家庭は親子関係があまりうまくいっていないのかもしれない、ということです。この子にとってみれば、隣の男の子(息子さん)は親にかわいがられているし、性格も穏やかで少しうらやましい存在なのかもしれません。家や学校でたまったストレスを、素直ないい子にちょっかいを出すことで発散したがる子もいます。
­
いずれにせよ、そんな心の動きも含めて、この子たちはみんな自分たちで調整していく時代に入り始めたということをお忘れなく。仲間どうしの工夫によって関係がよくなっていくことを期待しながら見守りましょう。
­
取材・文/神 素子
­
­
Profile菅原ますみ
お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系教授。子どものパーソナリティー発達と精神病理を専門とし、0才~30才までの発達を追う、日本では数少ない長期にわたる縦断研究をおこなう。働きながら子どもを育ててきた先輩ママでもある。

おすすめ

お部屋の掃除、片付け、収納は主婦にとって共通の悩み。そんなときもうひと工夫したいのがお部屋の香りです。お客様を招く際はもちろん、自宅で家族と過ごす時間やひとりでのリフレッシュタイムにも、居心地の良い空間をメイクする方法を暮らしニスタさ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

髙木 あゆみさん

65141

モノとの向き合い方を考え、毎日の暮らしを豊かに♬...

2

花ぴーさん

40275

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

イチゴ♪さん

34609

青森県八戸市♡自撮りと暮らしの雑貨を楽しむ58歳...

4

香村薫さん

33725

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

5

よんぴよままさん

33362

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

1

花ぴーさん

325152

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

happydaimamaさん

167098

元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふ...

3

桃咲マルクさん

145528

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

4

香村薫さん

139482

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

5

よんぴよままさん

137979

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

5442671

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4608130

大学生の長男、JK長女、小6次女、小5次男の母R...

コストコ男子さん

4953160

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4333817

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

包丁いらずのおつまみレシピコンテスト
リメイクシートの使いこなしアイデアコンテスト