お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

実は義両親より難関だった!義理のきょうだいのドン引きエピソード

  • クリップ
実は義両親より難関だった!義理のきょうだいのドン引きエピソード

結婚して、「お義父さん・お義母さんとうまくやれなくて…」というお悩みはよく聞きますよね。しかし、実はそれ以上に難しい付き合いがあるんです。

それがそう、「義理のきょうだいとの付き合い方」。両親よりも会う機会が少ないからこそ、どんな人間か図りきれずコミュニケーションで大爆死!なんて声もちらほら…。

今回は、暮らしニスタユーザーの皆さんに「義理のきょうだいとの付き合いで引いてしまったこと」を答えていただきました。どうぞご覧ください!

本性が出る!?冠婚葬祭

「義理の兄。祖母の誕生日に行われたレストランでの親戚一同の会食で、テーブルにパソコンと書類を出して大々的に仕事を続けていたことには少々驚いてしまった。仕事好きなのは良いのだけれど(笑)」(シャインマスカット)

「昨年の夏、義母のお骨納めがあった。みんな喪服なのに、義妹と義妹のお嬢さんはリゾート風のワンピースを着て来てびっくり!え?その服で?」(リンダ)

「弟のお嫁さんから『コロナ禍なので、お義母さんの49日の法要を(遠方の私を除いた)家族だけで行います』と言われてしまった。私の実母だし、49日はさすがにハブらないでほしかった」(ひみつのアッコちゃん)

「本家の長男である義兄が、寝坊して法事に来なかったこと。それを誰も心配しなかったことにも驚いた。法事ってドタキャンOKだっけ?あのときは親戚付き合いを本気で考えた…」(科捜研の主婦)

義理のきょうだいと会う機会で一番多いのは、やっぱり冠婚葬祭。フォーマルな場ですから、ここで予想外の行動をとられるとびっくりしてしまいますよね。ただ、皆さん驚きつつも「人(家族)それぞれか…?」と思って何も言えなかったようです…。ただでさえ疲れる親族のイベントなのに、本当にお疲れ様でした。

子どものことで気まずく…

「私の出産前に義姉から新生児服のお下がりをいただいたが、洗濯表示の印字が消えているくらいのボロボロで、しかも葬儀会社の紙袋に入れて渡された。悪気があったのかはわからないが、さすがに…」(匿名希望)

「義弟夫婦の子どもが小さかった頃、育児が大変だろうと思い手作りの子ども用おやつなどを持って行ったら『何でも手作りの人って、私のまわりにもいるんですよね…』と言われてしまった。悪気がなく本音がポロリと出たんでしょう。助けてあげたかっただけなのだけれど、プレッシャーだったのかも」(匿名希望)

「子どもがいない義姉からすると、わが家の子どもたちがうるさいようで、話しかける子どもたちをほぼ無視。しかも私と姑がうちの子たちの話をしているのも気に入らないようで、『子どもの話ばかりね』と言われた…。仕方なくない!?」(へちまエンジン)

「義兄夫婦と私達夫婦は、結婚した年も出産した年も同じ。そんな義兄嫁の“出来の良いわが子自慢”がすごくて聞かされるのがつらい。しかも、自慢話がやっと終わったと思ったらこちらの子どもの近況を聞いてくるけれど、そんなに自慢できるようなことはないし…」(まの)

子ども関係のいざこざもかなり多い模様。特に、年齢が近いとマウントの餌食になってしまうこともあるのだとか…。逆に、子どもが得意ではない義理のきょうだいからの冷たい視線も悲しいですよね。「大人同士の仲があまり良くないので、姪/甥からも懐かれず悲しい」という意見もありました。子どもには悟られないよう、最低限仲良くしたいところです。

えっ!?思わず唖然 文化の違い

「義理のきょうだいの皆さんと食事しているとき、どうやらお刺身の小皿が足りなかった模様。手の平を小皿代わりにして醤油をかけて食べていた。言ってくれれば出すから!」(舞)

「お中元を送ったら、『もう少し後の時期に送ってほしかった』と言われた。え、すみません…(?)」(ふぁら)

「フランス人の義弟がどうしても共感できない価値観の持ち主で、リベラルなうちの家族と話が合わない。植民地支配の話題などは大喧嘩&大論争になるので、触れないように気を付けている」(MMM)

「他地方から関西に嫁いだ私。初めてのお正月の集まりで関西弁のパワーとおばさま方の炸裂トークに言葉を失った。15年経った今では…一緒になって大騒ぎしています(笑)」(りんごちゃん)

グイグイ来るタイプの義理のきょうだいに悩まされていた皆さんのエピソード。遠慮がなくて困る、という回答が多かったです。ふぁらさんのお中元事件のように、サラッと言われるとつい謝ってしまいそう(笑)。

 

いかがでしたか?ウマが合わない義理のきょうだいエピソードもたくさんいただきましたが、「介護のときに手伝ってもらった」「(自分が)夫と揉めたとき、一言言ってもらった」など、義理のきょうだいに助けられたシーンも実はあるそうです!

あまり踏み込みすぎず、適度な距離感で付き合いたいものですね。

文/暮らしニスタ編集部

打ち立て、茹でたての本格的なうどんが気軽に食べられる『丸亀製麺』。打ち立てでもちもちの「釜揚げうどん」が特に有名ですよね。そんな丸亀製麺でうどんと並んで人気なのが、揚げたてさくさくの「天ぷら」。実は、天ぷらだけでもテイクアウトできるこ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

とめ(伊藤智子)さん

74688

「モノも家事も減らしてちょっとでも自由時間を増や...

2

🌠mahiro🌠さん

70386

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

3

ねこじゃらしさん

62547

<工房の女将さん>をやりながら<ラテン>を歌った...

4

舞maiさん

56705

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

5

mamayumiさん

50399

無理なく!楽しく! 目標は「ていねいに生きる」...

1

🌠mahiro🌠さん

242059

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

2

智兎瀬さん

188178

いつも閲覧して下さる方々ありがとうございます(୨...

3

ねこじゃらしさん

183234

<工房の女将さん>をやりながら<ラテン>を歌った...

4

舞maiさん

150136

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

5

バジリコさん

148335

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

ちゃこさん

3643316

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

michiカエルさん

4225403

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...

おおもりメシ子さん

6063796

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

RIRICOCOさん

3919529

築40年60㎡マンション5人暮らし。DIYで狭く...

コストコ男子さん

11642931

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

愛情たっぷり♡お弁当コンテスト
すっきりキッチンのキープ術コンテスト