お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

安いとき買いだめしても大丈夫!「ベビーリーフ」長持ち保存法♪

  • クリップ
安いとき買いだめしても大丈夫!「ベビーリーフ」長持ち保存法♪

こんにちは。家事コツ研究員のコンドウです。

春めいてくるとフレッシュなグリーンサラダが食べたくなりませんか?

「ベビーリーフ」がひとつあればサラダはもちろん、お料理の彩りなど何かと重宝するので多めにストックしておきたいですが、“ベビー”だけに持ちはイマイチ…。

でも、買った直後に「ひと手間」かけておけば、1週間ぐらいはずーっとピンピン、パリパリの元気な状態で保存できますよ。便利なのでご紹介します!

ベリーリーフ、実は栄養満点だった!

「ベビーリーフ」とは発芽後30日ほどで収穫した葉物野菜やハーブの若い葉っぱのこと。若い葉には生育に必要な栄養がたっぷりと含まれており、種類にもよりますが、ビタミンCやβカロテンが生長後の野菜に比べて約2倍も含まれるそうです。

か弱い見た目に反して実は栄養豊富。これは積極的に食べていきたいですね。

それでは、冷蔵保存前にするべき「ひと手間」について詳しく説明していきます。

まずは、溜め水で洗います

ボウルに水を溜め、ベビーリーフを入れてやさしく洗います。流水を直接当ててしまうと葉が傷んでしまうので溜め水がベスト。意外と汚れているのでボウルの水を何度か変えて洗いましょう。

3分ほど水に浸けます

商品によっては、すでにグッタリ状態で売られていることもありますが、それでも大丈夫! 3~5分ぐらい水に浸けることでパリッと生き返ります。長時間、水に浸けると栄養が逃げてしまうのでご注意を!

しっかり水気を切ります

サラダスピナー(野菜の水切り器)があれば使いましょう。なければベリーリーフをザルに上げてから同じぐらいの大きさのボウルをかぶせて何度か振って水気を切ります。

\ここポイント♪/「キッチンペーパー」でふんわり包む!

洗って水気を切った状態で容器や保存袋に入れて冷蔵保存する方もいると思いますが、容器に入れるときにベビーリーフを「キッチンペーパーで包む」だけで、さらに持ちが良くなるんです!

最初はキッチンペーパーがベビーリーフに残った水分を吸ってくれますが、日にちが経ってだんだん乾燥気味になったら、今度は保湿の役割りをしてくれます。できれば不織布タイプのキッチンペーパーがおすすめです。

●保存容器を使う場合

キッチンペーパーを2枚連結したまま使うとラクです。



大きめの容器にクッキングペーパー1枚分を敷き、その上にベビーリーフを入れ、つながった状態のもう1枚のキッチンペーパーをふんわり包むようにかぶせます。

あとは容器にフタをして冷蔵庫へ。

●ジップ付き保存袋の場合

キッチンペーパーにベビーリーフをふわっと包んでから保存袋に入れます。そして冷蔵庫へ。

本当に1週間後もビンビンなのか実験!

買った直後から1週間目まで状態を撮影してみました。果たして1週間後はどうなっているのか!?

買ってきた直後(洗う前)

水洗いする前なのでちょっと弱々しい感じです。

水に浸けて水気を切った状態

葉っぱがピン!と元気になりました。
当日食べる場合はこれでOK。

…なんか「買ってきた直後」とぜんぜん違う野菜に見えますが、
数種類の葉っぱがミックスされているため、無造作につかんで盛り付けるとこんな感じになっちゃいました。ご了承くださいm(_ _)m

冷蔵保存1週間後

まだまだ、ピンピン健在!
サニーレタスが若干、へニャッとなりかけておりましたが、味は問題なし!

また、今回は実験なのでしませんでしたが、キッチンペーパーとベリーリーフが乾燥してきたら霧吹きで軽く水分を補充すると最後までパリッとしておいしく食べられます。

「ひと手間」にはすぐに食べられる利点も!

ベリーリーフを食べるときって、洗ってザルに上げて水分切って…の作業がホント面倒。
でも、最初にまとめて洗う「ひと手間」を加えてから冷蔵しておけば、食べるときにはそのまま皿に盛ったり調理したりできます。これだけでも時短になりますよね。

まとめ

今回は、近所のスーパーの農家直売コーナーで購入した「ベビーリーフ」で試してみました。もちろん、野菜は新鮮なうちに食べるのが一番!ですが、特売を見つけたら多めに買って、この「ひと手間」を加えておけばおいしい状態で長持ちします。節約と調理の時短になるので、よかったらお試しくださいね♪

文・写真/暮らしニスタ編集部 近藤

家事コツ研究室
家事って、毎日くり返すからこそ、小さな「気になる!」や「これでいいの?」が生じませんか?当研究室では先人たちの知恵から最新テクまでを検証し、いまの暮らしに役立つ“家事コツ”を発掘していきます。
家事コツ研究室
新型コロナウイルスの影響でおうち時間が長くなり、改めて見直されているのがその過ごし方。毎日の食事も、単におなかを満たすためのものではなく、雰囲気づくりも大切にしながら、家族でおいしいものを味わいたい、食べること自体をゆったり楽しみたい...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

179207

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

バジリコさん

84032

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

3

ろっかさん

70810

I Love Stuffed Animals ...

4

舞maiさん

69361

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

1

舞maiさん

334087

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

2

funkyさん

288941

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

3

バジリコさん

193240

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

5

mimi.bonheurさん

125135

誰でも簡単にできるキャラ弁、 可愛くて簡単に作...

4児ママRomiさん

8243501

100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが...

ハニクロさん

3333251

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

おおもりメシ子さん

4911428

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

*ココ*さん

3360869

よく動きよく食べよく寝て太る、、、良いんだか悪い...

roseleafさん

7364459

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

100均アイテムで★手作りバッグコンテスト
春を楽しむ♡お花見レシピコンテスト