お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

美味しい?それとも……?スーパーフード「ケール」を調べてみました!

  • クリップ
美味しい?それとも……?スーパーフード「ケール」を調べてみました!

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なスーパーフードとして、ますます注目されている「ケール」。ヘルシー志向のカフェやレストランでサラダとして提供されたり、スーパーでも少しずつ扱われはじめたりと、より身近な“野菜”になりつつあるようです。

とはいえ、「ケール」と聞くと青汁の原料で「苦い」とか「青臭い」といったイメージ。野菜として食べるのはちょっと……という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、改めて「ケール」について学んでみることに。ケールを使った料理にも挑戦してみました!

「ケール」は身近な野菜だった!?

ケールは、地中海が原産のアブラナ科の野菜。もともとはアブラナ科の雑草が突然変異したと言われています。私たちがいつも食べているおなじみの野菜には、実はケールと同じ原種から品種改良されたものが多いんです。ケールが結球して生まれたのがキャベツ、ケールのつぼみが進化したのがブロッコリー。そう考えるとケールは意外と身近な存在なんですね。

ケールは、キャベツのように結球せず、大きな葉を花びらのように広げて育ちます。太陽のエネルギーをたっぷり浴びようと1枚1枚が元気に葉を伸ばし、最終的には50cmほどに生長し、大人の顔が隠れてしまうほどにもなるのだとか。

豊富な栄養素には主にどんなものがあるの?


出典:キューサイ

具体的な栄養素について見ていきましょう。
ビタミンAをはじめ、食物繊維やカルシウムなど、ケールには日本人に不足しがちな栄養素がたっぷりと含まれています。

特に注目すべきなのは、ポリフェノール・ルテイン・葉酸の3つの栄養素。

1.ポリフェノールの抗酸化力でアンチエイジング!



出典:キューサイ

ポリフェノールはブロッコリーの約1.6倍、キャベツの約3.5倍近く含まれています。ポリフェノールは肌の老化に影響する活性酸素を除去してくれる抗酸化物質。アンチエイジングのためにも積極的に取り入れたいですね。

2.ルテインは目の疲れや紫外線ケアに効果的

出典:キューサイ

眼の疲れを軽減してくれるルテインはホウレンソウの2倍以上。スマホやパソコンのブルーライトによる眼精疲労を和らげ、紫外線からも眼を守ってくれる効果も期待できます。

3.妊婦さんにうれしい葉酸がたっぷり

葉酸は、ビタミンB群の仲間で血液やタンパク質を作るのに必要な成分です。胎児の神経管閉鎖障害のリスクを軽減させるため、妊婦さんにとってはうれしい栄養素。貧血予防にも効果があります。

ゴーヤならぬ「ケールチャンプルー」に初挑戦!

▲近所のスーパーで購入したケール。なんと長さは30cm超!

ケールの栄養素について学んだところで、いよいよ実食へ。最近一人暮らしをはじめたばかり20代男子、新入社員Tが挑みます。

苦味のある野菜を美味しく食べる調理法としておすすめなのが以下の2つです。
① 油で炒める
② 卵と合わせる

この調理法で作られる代表的な料理といえば、そうです、ゴーヤチャンプルー。
ゴーヤも出始めのころは「苦い」と敬遠されましたが、今や普通に食卓に上るほど身近な野菜になりましたよね。

基本的なゴーヤチャンプルーの作り方を参考に、「ケールチャンプルー」を作ってみました。

【材料(2人分)】
・ケール…2枚
・豚バラ肉(薄切り)…100g
・木綿豆腐…1丁
・卵…1個
・ごま油…大さじ1/2
・しょうゆ…小さじ1
・塩、こしょう…適量
・にんにく…お好みで

【作り方】
1.ケールは硬い葉脈や茎の部分を除くか、1cm幅にざく切りする。豆腐はレンチンで水切りし、卵は割りほぐす。
2.フライパンにごま油を入れて熱し、豚肉を入れてゆっくり炒めて脂を出す。にんにく、ケールを加えて炒める。
3.豆腐を加え、くずしながら炒める。しょうゆ・塩・こしょうで調味する。
4.溶き卵を流し入れ、ざっとまぜて器に盛り付ける。

完成した料理がこれ!



彩りのためにプチトマトを飾ってみました。
30cm大のケールを2枚も使ったのですが、炒めるうちに縮み、さらに豚肉も多すぎたこともあり、主役のはずのケールの存在感があまり……。反省点はありますが、料理初心者としては上出来ではないでしょうか。

初めて食べたケールは……美味しい!

味はなんとなく小松菜に似ていて、食感はホウレンソウのような感じ。心配だった苦味や青臭さもぜんぜん気になりません。ごま油との相性が抜群で、単体で炒めものにして食べてみたいほど、気に入りました♪

みんなに伝えたい!「ケール、美味しいです♡」

苦い、青臭いなどクセが強いイメージだった「ケール」でしたが、想像以上に美味しく食べることができました。普段の食事に加えることで、より健康的な食生活が送れそうです。みなさんもぜひ、スーパーフードの「ケール」を料理して味わってみてくださいね。

情報提供/キューサイ
取材・文/竹本成熙

おすすめ

30~40代は出産や加齢に伴って女性のカラダが変化していく時期。ふと鏡を見た瞬間、「前とちょっと違うかも……」と感じたことはありませんか? その原因のひとつは、髪。ハリやコシがなくなったり、色ムラが出てきたり。特に生え際やトップ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

花ぴーさん

55669

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

4

青山金魚さん

28658

即決!選ばレシピ「暮らしニスタ第1号」として主婦...

5

happydaimamaさん

25562

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

1

花ぴーさん

263637

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

イチゴ♪さん

175999

青森県八戸市♡東北の暮らしを楽しむ58歳♡イチゴ...

3

よんぴよままさん

125880

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

4

Natsue(斉藤 夏枝)さん

112471

東京の整理収納アドバイザー/ 整理収納アドバイ...

5

happydaimamaさん

109555

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

ひこまるさん

5694959

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4790252

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

5515157

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4676362

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

5周年だからバースデーのお祝いアイデアコンテスト
夏こそ食べたい!カレーレシピコンテスト