お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

「あれどこ行った? 」を防ぐ“ グループ収納" のコツ&ワザを公開!

  • クリップ
「あれどこ行った? 」を防ぐ“ グループ収納" のコツ&ワザを公開!

家族みんなが使う文具や応急グッズ、学校のプリント、出かけるとき身につける時計やアクセサリー……。家の中には何かとこまごましたものが多いですよね。ふだん何となく目にしているのに、いざというときに限って「どこに置いたっけ? 」「ここにあるはずなのに……」と家じゅうバタバタ!になりがちです。

整理収納アドバイザーの丸マイさんのお宅では、このバタバタがほとんどないのだそう。その秘密を聞いてみると、答えはズバリ、「グループ収納」でした。

「引き出しやトレー、チャック付きビニール袋などをフル活用して、小物をグループ分けしています。分けたものたちを収納する場所選びも大切なんですよ」と丸さん。

すぐにでもマネしたい「グループ収納」。その極意を教えていただきました!

収納術01:

“ 家族の動線" を意識して、ダイニングに「コックピット収納」

丸さんがこまごましたものを収納しているのは、ダイニングのクローゼット。
掃除機などをしまうような縦長の物入れですが、丸さんはここに事務用の引き出しをセット。家族で使う日用品を用途別に分け、それぞれ引き出しにまとめています。

引き出しごとに「薬」「文具」「工具」などとグルーピングしてあるので、ほしいものが入っている引き出しを開けるだけ。元に戻すときも迷うことがありません。コンパクトな中に日常使いのものが集約された、まさに“ コックピット" のような収納スペースです。

この場所を選んだのにも理由がありました。

家族がものを使うとき、『出す→持って行く→使う→戻す』という“ 動線" がありますよね。それを考えて居場所を決めると、出すのも戻すのもラクなんです。わが家では、それがこのクローゼット。食卓のそばなので、家族全員がチェックしやすいんですよ」

“一時置きスペース”をつくっておくのも散らからないコツ

棚の上にはトレーが。「ここはみんなの一時置きスペース。使いかけの文具などを置いておきます。子どもが宿題中にごはんの時間になったときも、とりあえずここに避難。ものが溜まってきたら定位置に戻します」

扉の裏側もフル活用。学校のプリントなどをバインダーでまとめ、フックにかけて整理しています。デッドスペースをムダなく使えて、プリントが重ならないのも◎。


収納術02

からまりやすいアクセサリーは小袋で整理

クローゼットの中には、パパ、ママ、長男、長女の各自の引き出しもあり、本人が管理しています。これはママの引き出し。ネックレス、ピアス、指輪などが1 つずつチャック付きの小袋に入って、美しく並んでいます。まるでお店のストックヤードみたい!

「アクセサリーはからまりやすいし、小さいから探しにくいんですよね。これなら外出前にサッと選べて、元に戻すのもラク♪ 娘もマネして、自分のイヤリングを入れたりしています(笑)」


厚紙を入れると扱いやすさもグンとUP♪

袋の中に厚紙を入れてあるのもポイント。袋を立てて収納でき、中身も見やすくなります。100 均などの白い厚紙を小さく切って入れるだけ。このちょっとしたひと手間で、ぐっと収納しやすくなるんですね。「紙に切り込みを入れておくと、ネックレスを引っかけることもできますよ」

収納術03

使うシーンごとに分けるグループ収納も

もののグルーピングには、「使うシーンが同じものをまとめる」という方法も。
例えば、イベントのときに活躍するビデオカメラは、デジカメや充電器、SDカードなどと一緒にグルーピング。トレーにまとめた状態でしまっておけば、どれかが迷子になる心配がありません。

「旅行や運動会の直前になって、カメラがない!充電器がない!となりがちですよね。最初からワンセットになっていれば、使うときにトレーごと出すだけ。充電するときもそのまま形を崩さずにコンセントに差せます」。

丸さん宅では無印良品のトレーを使っていますが、トレーは100 均のものでOK。お金をかけずに実践できるのも魅力です。

丸さん流・グループ収納の“ 仕組みづくり" に感心!

「グループ収納」は難しそうなイメージがありますが、丸さん宅では家族みんなが無理なく、自然に実践できている印象でした。そのポイントは「ここだけ探せばOK!」という場所をつくることなのだそう。

「うまくグループに分けられても、家のあちこちに分散させてしまうと、やっぱり探すのが大変。1カ所に集約して、そこだけ探せば見つかるというルールにしておけば、誰にでも使いやすいと思います。わが家では、それがダイニングのコックピット収納。ここをつくってから、家族の『あれどこ?』が劇的に減りました(笑)」

「ものの定位置をみんなが知っていれば、自然と収納・整理に協力してくれるから、自分自身もラクなんですよ」と丸さん。やはり、スッキリ生活はママ1人だけでなく、家族の協力があってこそなんですね。まずはこの仕組みづくりからマネしてみたい!

整理収納アドバイザー 丸 マイさん
ハウスキーピング協会認定・整理収納アドバイザー1級、整理収納アドバイザー2級認定講師、防災士。
ご夫婦と長男(15 歳)・長女 (10歳)の4人家族。結婚を機に九州から関東へ。「当時は慣れない生活のストレスから買い物をしまくり、家じゅうものだらけ。整理収納を学ぼうと思ったきっかけも、出しっぱなしの生活用品で子どもがケガをしたことでした」。整理収納を学んでからは、生き方そのものが変わったそう。その自身の経験を生かして、現在は個人宅での整理収納サービスをはじめ、講座やセミナーなどを主催している。

▼丸 マイさんのほかの収納記事はこちら!

増えていく “お下がり服”どうしてる?スッキリ収納をキープするワザ&コツを公開!

2018.06.22

先輩ママや親戚から、衣替えなどのタイミングでいただく“ 子どものお下がり服" 。特に管理しないまま、クローゼットや押し入れに詰め込んでいくうちに、いざ着られるようになったころには「あの服はどこ??」と行方不明状態...続きを見る


お宅はどうしてる?防災グッズ収納は「すぐ出せる」が大事!

2018.10.31

地震などの災害への備えは、今やどこの家庭でもマスト。いざというときにどうやって家族を守るか、日頃から考えておきたいですよね。でも、「防災グッズってどこに置いておけばいいの?」という素朴な疑問もあります。すぐに取り出せないと...続きを見る


取材・文:後藤由里子
撮影:鈴木江実子

プロ直伝!“目ウロコ”収納術
「整理収納のプロ」として活躍中の暮らしニスタさんが自宅で実際に活用している収納アイデアを伝授!試行錯誤してたどり着いた無駄のない収納アイデアは、まさに“目からウロコ”です♪
プロ直伝!“目ウロコ”収納術
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

マロン214さん

80685

築30年の一戸建てをナチュラルかつ男前にリノベー...

2

花ぴーさん

76896

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

tanari_nuさん

35344

元看護師、防災備蓄収納1級プランナー・整理収納教...

4

みゆままさん

34780

アイデアを見ていただきありがとうございます☆ ...

5

中矢くみこさん

34376

名古屋在住のライフオーガナイザー®︎。4人の子ど...

1

花ぴーさん

273809

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

みゆままさん

201426

アイデアを見ていただきありがとうございます☆ ...

3

RIRICOCOさん

142613

築40年近いマンションを快適に暮らせるようDIY...

4

中矢くみこさん

112657

名古屋在住のライフオーガナイザー®︎。4人の子ど...

5

michiカエルさん

102565

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...

ひこまるさん

5885784

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4943762

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

5789630

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4849156

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

即決☆100均アイテムレビューコンテスト
100均のかご活用アイデアコンテスト