関連するキーワード
全てのキーワードを見る
特集

カラーボックスで机を簡単DIY★ 作り方とリメイクアイデア

カラーボックスで机を簡単DIY★ 作り方とリメイクアイデア
  • クリップ

予算もスペースも限られているけれど、自分の家にぴったりの便利な家具が欲しい! そんな人は、カラーボックスを使ったDIYにチャレンジしてみませんか? DIYは難しそう……と躊躇している人も、カラーボックスを使ったDIYなら簡単に&ローコストで家具を作ることができるんです。「カラーボックスDIY」の中でも、とくにバリエーション豊かにアイデアが集まったのが机。サイズを自分で決められるため、小さなスペースに合わせて作ることができ、大きめに作ってテーブルにしたり、キッチンカウンターのように仕上げても素敵です。

DIYの基礎知識、カラーボックスを使った机の簡単な作り方、使い方や「暮らしニスタ」たちのリメイクアイデアをご紹介します。家に使っていないカラーボックスがあるというあなた、リメイクしてみてはいかが……!?

カラーボックスDIYの「基本のき」――カラーボックスの基礎知識

どの家にもひとつはありそうなほどポピュラーなカラーボックス。そもそもどんなものなの? どんな種類がある?――カラーボックスにまつわるDIYの「基本のき」をまとめてみました。

カラーボックスの種類は?

カラーボックスの種類は?

カラーボックスにはいろいろな種類があります。サイズやカラー、材質、段数もさまざま。ごく一般的なサイズは、2段が幅(W)42×奥行き(D)29×高さ(H)59cm前後、3段が高さ88cm前後。そのほかのサイズも、ホームセンターやインテリア系量販店などで探せば豊富にそろいます。近ごろは、ホームセンターや専門店のウェブショップも充実していて便利。

ちなみに棚板が固定されたタイプと、上の写真のように棚板を動かせる「可動棚」タイプがあります。棚板が固定されているもののほうが強度が高いので、DIYの材料としては向いています。

カラーボックスって何でできてるの? DIYに向いている?

カラーボックスって何でできてるの? DIYに向いている?

カラーボックスには天然木を材料にしたものもありますが、多くは細かい木のチップを圧縮し、固めて作られたもの。リーズナブルで軽くて扱いやすいので、DIY初心者にはとっつきやすい素材ですが、普通の木材よりもやわらかくて崩れやすく、くぎやねじを打つ際には注意が必要という側面も。

板の表面に貼られたいわゆる“化粧材”は、ほとんどの場合、紙にビニールコーティングを施したもの。表面はツルッとしていて汚れがつきにくいのがメリットですが、ペンキや木工用接着剤などもつきにくいため、凝った装飾はあまりうまくいかない可能性があります。注意して計画を。

まずは組み立て! パーツ使いもできちゃいます★

まずは組み立て! パーツ使いもできちゃいます★

カラーボックスを購入したら自分で組み立てるのが一般的。バラバラの板のまま梱包されているので、板を単独で使ったり、ちょっと違う組み立て方をして使ったりすることも可能です。ただし、その場合は強度をしっかりと確かめてから使いましょう。

カラーボックスは配置する「向き」に注意!

カラーボックスは配置する「向き」に注意!

カラーボックスを使って家具を作るときに、気をつけたいのが強度。収納面を横向き(写真上)にすると、上からの力に弱く、グラグラしてねじもゆるみがち。収納面を上向き(写真下)に使うと強度がアップするので、人が上に乗るベンチやベッドなどを作るときは、この向きで使うのがベター。ある程度の高さが必要な机を作る場合は、普通に使うときと同様に立てて作るのがベストです。

カラーボックスを使った「簡単DIY」に必要な道具

カラーボックスで家具を作ると決めたら、まずはDIYに必要な道具を確認しましょう。作る作品によって必要なものは変わってきますが、持っていたほうがいい、ベーシックなツールをご紹介します。

カラーボックス DIYに必須なもの と できれば欲しいもの

カラーボックス DIYに必須なもの と できれば欲しいもの

1 ねじ(ビス)

家具を組み立てるために必須なねじ類は、カラーボックスの標準セットにも入っているので追加で使いたい分を自分で用意しますが、その際はくぎではなくねじがおすすめ。くぎは打ってつなげるだけなのに対してねじはらせん状に溝が入り、回しながら締めることで、抜けにくくなるからです。ねじやくぎにはたくさんの種類があるので、材料の素材やサイズ(厚み)に合わせて選びましょう。

2 プラスドライバー、きり

ねじを締めたりゆるめたりする器具がドライバー。「プラスドライバー」と「マイナスドライバー」があり、プラス(+)型の溝がついているねじには、プラスドライバーを使います。

ドライバーにはねじのサイズに合わせて、1番、2番、3番などの番手(サイズ)があり、数字が大きくなるほどサイズも大きくなります。とくによく使うのは1番(写真右)と2番(写真中央)。また、崩れやすい素材でできているカラーボックスのDIY時は、ねじを入れる前に下穴を開けるのがベター。そのため、きり(写真左)もあったほうが便利です。

3 はさみ、カッター、タッカー

ベンチの座面の制作など、布ものを使うときに必要な道具。はさみやカッターは布やスポンジのカットに使います。タッカー(写真左)は大きなホッチキスのような道具で、布を木などに留めつけるときに活躍します。

4 電動ドライバー

2で説明したドライバーときりですが、実際使ってみるとなかなか作業が大変。そんなときは電動ドライバーがあると、効率が格段にアップ! 小さなサイズで女性でも扱いやすいものも多いので、DIYが好きな人はぜひ購入を検討すべき。ホームセンターなどでレンタルしている場合もあります。

【もっと知りたい! ねじなどの細かいパーツの選び方】

ねじ(ビス)

ねじ(ビス)

一般的にねじとビスは同じものを指して使われることが多いですが、厳密にはビスは先端がとがっていて、木材に打ちつけることができるものを指します。カラーボックスを材料にしたDIYにおすすめしたいのは、写真の「スリム粗目造作ビス」(通称「スリムスレッド」)。

難しそうな名前ですが、要は「スリムな形」で「目が粗い」もの。カラーボックスの板は比較的薄めで柔らかいですが、細いねじを使うことによって、板が薄くても割れにくく、ねじ込むのに力が要らなくなることがメリット。ねじ込んだあと、ねじの頭部分が目立ちにくいのもうれしいところです。一方、目が粗いものをセレクトする利点は、やわらかい木材でも抜けづらく、強くねじ込んだ際に、材料のねじ穴が削り取られて効かなくなる状態が起こりにくいこと。長さはさまざまなので、材料の厚さに合わせて選びましょう。

たとえば写真下は、すのこをカラーボックスに固定したいときの例。ねじを打ち込んだ際にカラーボックスの厚みまできちんとカバーする長さを選ぶのがポイントです。ねじの種類や名前、サイズなどはパッケージに書いてありますが、迷ったときはホームセンターなどの店員さんに聞いてみましょう。

蝶番

蝶番

ドアやふたなどを開閉できるようにしたいときに使う金具が蝶番。取りつけたい材料(板など)の厚みや幅に合わせて、サイズを選びます。

一般的にはねじが付属していますが、穴に入るサイズであれば、違うねじを使ってもOK。カラーボックスで使う場合は、写真のものより少し長いねじ(たとえば前述の「スリム粗目造作ビス」など)のほうが、しっかり留まります。

  • クリップ

この特集が含まれるカテゴリ

コストコ男子さん

2437

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

1805

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

tamiさん

1227

築40年の平屋をリフォームして住んでいます。 ...

よんぴよままさん

1167

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

868

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

Rieさん

43533

「壁紙から始める新しい暮らし」 ライフオーガナ...

くらしスリムさん

32031

東京在住のライフオーガナイザー®・クローゼットオ...

4児ママRomiさん

21308

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

コストコ男子さん

20921

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

ひこまるさん

20315

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

丸 マイさん

139699

『楽に暮らしたい!』をモットーに、アイデアお掃除...

コストコ男子さん

105586

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

93036

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

4児ママRomiさん

92710

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

ひこまるさん

84719

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け