関連するキーワード
全てのキーワードを見る
編集部ニュース

手軽においしさプラス! サラダトッピングにどハマり中

  • クリップ
手軽においしさプラス! サラダトッピングにどハマり中
高まるヘルシー志向で、お惣菜売り場のサラダのバリエーションが増え、サラダ専門店もたびたび話題に――。大人になるごとに「どんどんサラダが大好きになっている」という人、多いのでは? 編集スタッフNも、そんなひとり。忙しくて時間がなくても、日々のサラダをおいしく! グレードアップしてくれる「新・必需品」を見つけました。

­

いつでも食べたい!­ヘルシーサラダ

Nにとって「ピエトロ」のイメージといえば、「レストランやおいしい食堂で出てくるようなドレッシング」。レタスだけ! のような、至ってシンプルなサラダをおいしく食べるための“ごちそうドレッシング”が得意なブランド、という感じです。
­
しかしながら正直、Nはこれまで、市販のドレッシングをほぼ、買ったことがありません。
生野菜に限ったことではありませんが、サラダは大好きなんです! サラダをおかずにごはんが食べられるほど(笑)。ドレッシングを買わない理由は、野菜そのものの味を楽しむには “塩(+胡椒)”と“ビネガー”と“オイル”でシンプルに食べるのがおいしいと思うから――。
­
とはいえ……野菜不足を痛感する昨今。朝も昼も晩も! 機会があればサラダを食べたい! モードに突入。サラダ専門店や市販品でも、具だくさんのごちそう系サラダが増えてきました。たとえば業務中のランチなど――手をかけられないシチュエーションで味のバリエをつけるのに、ドレッシングは便利。改めて売り場を見てみると、なかなかすてきな商品が増えているのですね。たまにはチェックしてみるものです。
­
­

「ピエトロ­ PATFUTTE」­


――と、言いながら。Nがなにより魅かれたのは、サラダ用トッピング「PATFUTTE(パットフッテ)」。基本、ドレッシングはあまり必要ないと感じている私にとって、シンプルな味つけ&組み合わせのサラダに食感や香味のアクセントをつけるトッピング素材は、とても重要。数種のナッツやフライドオニオンは、できるだけ常備するようにしているからです。
­
ちょっぴり大げさですが、子どものころ、近くのレストランで初めてサラダにフライドオニオンをかけて食べたときの衝撃が忘れられない私。肉や魚などのたんぱく質を入れないサラダでも、フライドオニオンが入るととたんに満足度が増すのは不思議です。

でも残念なことに、食べきらないうちに湿気たり、酸化して油臭く……という事態にもなりがち。それも、オニオンならオーソドックスなフライドオニオンとタイ料理などでよく使われる赤玉ねぎタイプの2種。ナッツならくるみ、ピーナッツ、アーモンド、カシューナッツなど、何種類もそろえているから、なおさらです。
­

トッピングして「1日30品目」に手軽に近づく

自分でも買いすぎなのはわかっているんですが……素材が多ければ多いほど、味わいや食感が複雑になり、なにしろおいしくなるんですよね。それから、1日にできるだけ多くの品目を摂ろうとしている身にとって、トッピングは手軽に品目を増やせる絶好のチャンス。かつて厚生省(当時)が提唱した「1日30品目」には実は根拠はなかった――なんて話もありますが、日々たくさんの栄養素を摂るように心がけることが身体に悪いわけがない! と思い込み、現在自分がしているほぼ唯一身体によいことがこの「1日30品目」の心がけだったりします。
­
ちょっぴり堅苦しくなりましたが、なんと言っても「いろいろトッピングすると、シンプルなサラダもおいしいじゃん?」――結局のところ、そこです(笑)。そしてピエトロの「フライドオニオン」を発見してしまったから、これはもう、食べてみるしかない!­ しかも「フライドオニオン&ナッツ」なんてのもあります。あれこれ買わずとも1本で多品目摂れるパターン。こりゃいい! まさに私が求めていたやつではないですか。
­

NYの“満足グリーンサラダ”の再現に挑戦


早速家で、試してみました。トッピングの味をしっかり噛みしめるなら、やっぱりできるだけシンプルなサラダで――と考えたとき、思い出したのが、夏休みにニューヨークで食べた「ケールサラダ」。ケールを使っためちゃめちゃグリーン! な味わいがとてもおいしくて、感動したひと皿です。そうそう、これこれ。

こじゃれ風味な発言で恐縮です。でも決して気取ってなどいません。見てください、このどこか給食を思い出させる飾り気のないホーローボウル。美しく見えるのは、ひとえにグリーン(野菜)の自然な美しさのなせるワザ。
­
ちょっぴりクセありなのがおいしいケール。このお店では“畑のお肉”アボカドを組み合わせて、緑のグラデーションが美しく、「野菜が食べたい!」モードのときにたまらなく食欲をそそるひと皿に仕上げていました。
バルサミコ酢のような芳醇な香りのビネガーと上質のオイルをまとったサラダで主張していたのは、フライドオニオンと大きめクルトン。とくにこのフライドオニオンが絶品でした。ザクザクとした歯ざわりと香味が際立って、ケールの青臭さととにかく合う!­
­
家で再現するとしたら……玉ねぎをスライスして小麦粉をまぶして揚げて。と、ひと手間かけられれば最高なのはわかったうえで、「パットフッテ」の出番です。これはもう、思いっきり主張していただきたい! と「フライドオニオン&ナッツ」を使ってみました。
­
­

フライドオニオンと3種のナッツがワンボトルに


まずは中身のチェックから。パッケージボトルを振り、中身を出してみると、4つの素材が入っていました。色も形もさまざまで、見た目からして、サラダのアクセントになりそうです。
­
玉ねぎは粉をまぶして揚げたものを、小さく砕いた状態。じっくりじっくり揚げたのでしょう。厚みがありながらもザクザクとした歯ごたえがしっかりと主張します。ナッツはくるみとかぼちゃ・ひまわりの種。くるみの魅力は語る必要もなさそうですが、表面はカリッとしているのにやわらかな食感と独特のエグみを伴った濃厚な味わいが大好き。
­
かぼちゃとひまわりは、控えめながらも軽やかな歯ざわり。かぼちゃの種は栄養価や美容効果の高さで有名です。炒った種は薄くて軽やか。カリッとした食感で、くるみとの相性もよし。
­
ひまわりの種は、かぼちゃの種の陰にひっそりとたたずむような、さらに控えめな存在感。血中コレステロールを下げるとされる不飽和脂肪酸を多く含み、生活習慣病や動脈硬化の予防に効果があると評判ですが、単品で買うとけっこうお高いんですよね。塩味のチーズクッキーを作るときに予算面でピーナッツに変更した経験のある私としては、高い美容効果も謳われるひまわりの種を摂れるのはうれしい! 小学生のころ、ひまわりから取った種を硬い皮をむいて食べたりしたものですが、中はけっこうやさしいお味だったのを思い出します。

­

ケール代わりに香味の強い野菜を使う

見た目はキャベツによく似ているけれど、苦味や青臭さがあり、日本ではかの「青汁」の材料として知られるケール。「野菜の王様」とも呼ばれるケールのサラダがもう一度食べたい! のは山々ですが、なかなか手に入れづらいため、泣く泣く断念。香りや風味の強い葉野菜を……と考えて、この時期旬の春菊と、やはり香りの強い三つ葉をミックスして作ってみました。もちろんアボカドも使います。
­
「パットフッテ」は、香りの強い野菜たちの青臭さをいい意味で中和して、香りを立たせられるのか――。
­
結論から言うと、大成功です。葉野菜のなかでフライドオニオンのカリカリ感とナッツの食感&旨みがいい意味で主張し、野菜のやわらかさも引き立ちます。アボカドのねっとりとした質感と“パットフッテ4品目”の相性も、もちろん抜群。
あのケールサラダとは似て非なるものとはいえ、「あの味をもう一度」と幾度となく思い出した「青々しくておいしいサラダ」がいつでも食べられるとわかった喜びといったら!
­
味つけに使ったのは、塩・胡椒(主張し過ぎない白をセレクト)各少々とバルサミコ酢、オリーブオイル。野菜と調味料を和えたあとには、お手本のケールサラダにも入っていて、クセあり野菜との相性も抜群のパルメザンチーズも少し、プラスしました。


これね、いいですよ。パンでも添えれば、ランチにもぴったりのボリューム。おなかがとても空いているときは、倍量食べてもOK。野菜なら罪悪感もありません、なぜでしょう(笑)。
­
­

サラダをさらにおいしく! 仕上げる小さな(でも大きな)ティップス

­
ここからはNの独り言ですが、サラダをおいしく仕上げるためには、絶対に守るべきことがあります。それは、「水気をしっかりときる」こと。
みずみずしい野菜を食べるのだから、多少の水分はおいしさのもと、という気もしないでもないですが、水気は味つけをぼんやりとさせるばかりか、素材のシャキッと感も損ないます。「サラダスピナー」できちんときれば、「おいしい!」まであっという間。
­
実は私も入手するまでに相当の年月がかかったのですが、サラダスピナーはやはりすごいです。野菜を洗ったあとにペーパータオルで水滴を懸命にふき取ったり、ざるに上げてかなりの時間をおいたり……こまこまと努力していたのがアホらしくなるほど。(A)洗って、(B)20~30回ぐるぐる回すだけで、(C)遠心力で野菜がこの状態。(D)ざっと水気をきった“はず”だった野菜からこんな大量の水が出てきちゃう……のだから、その実力は認めざるを得ません。
­
あとは、調味料をしっかりとまぜたもの(ドレッシング)を、野菜にしっかりまとわせるだけ。手で和えるのも、なじみをよくするポイントです。

­

ほんのりした味つけもひそかなポイントでした

そうそう。食べてみてようやく、フライドオニオンにほんのりとお出汁の味わいやスパイスが効いていることに気づきました。調べてみると、玉ねぎはナッツ3種との食感バランスがよくなるように刻んだあとに酢をまぜ、揚げたあと昆布茶などの特製スパイスで薄く味つけしているのだとか。個人的には味なしの商品を好みますが、葉野菜1、2種類だけ、のようなとことんシンプルなサラダのときなどはとくに効いてきそう。玉ねぎが国産100%というのも安心感がありますね。

「PATFUTTE」、わが家の定番になってくれそうな予感がします。
今後、ナッツやベリー類、雑穀などが入った別のバージョンも出たら、うれしいなあ。

―――――

「ピエトロ PATFUTTE フライドオニオン&ナッツ」
70g 希望小売価格¥450(税抜)
「ピエトロ PATFUTTE フライドオニオン」
60g 希望小売価格¥350(税抜)
­
商品詳細はこちら
https://www.pietro.co.jp/products/patfutte/

情報提供/株式会社 ピエトロ

  • クリップ

コストコ男子さん

2653

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

2018

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

よんぴよままさん

951

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

719

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

Rieさん

668

「壁紙から始める新しい暮らし」 ライフオーガナ...

Rieさん

73760

「壁紙から始める新しい暮らし」 ライフオーガナ...

colfunさん

23127

モノ、エネルギー、時間を省力化しつつ、いつもの暮...

コストコ男子さん

21187

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

ひこまるさん

20793

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

roseleafさん

19886

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

丸 マイさん

140473

『楽に暮らしたい!』をモットーに、アイデアお掃除...

コストコ男子さん

106462

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

96039

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

4児ママRomiさん

84583

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

ひこまるさん

83186

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け