お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

ミキティはどうしてる?子どもの習い事の選び方&続けるコツ

  • クリップ
ミキティはどうしてる?子どもの習い事の選び方&続けるコツ
ママ友との間で、必ず話題になるトピックスといえば〝習い事″。親なら誰しも、我が子の可能性を早いうちに見出して、才能を伸ばしてやりたいと思うのは当然のこと。ところが、高い月謝を払って、送り迎えをして、苦労して通わせていても、「今日は行きたくない」とダダをこねたり、「もうやめたい」とすぐにあきらめたり……子どもは気まぐれなものですよね。
­
息子さんがスイミングに通っているという藤本美貴さんに、習い事選びのポリシーや上手に続けさせるコツをうかがいました。

得意なことを見つけられるよう、いろいろトライさせたい

「小学校受験のため」「わが子の才能を見つけたい」「周りがやっているからなんとなく」……etc. ママたちが子どもに習い事をさせる理由はさまざまですが、「得意なこと、好きなことを見つけてほしいから、親がいろいろな可能性を提供してあげたい」と藤本さん。息子さんが3才のときに、まずはスイミングを始めたそう。
男女ともに習い事ランキングの上位にくるスイミングですが、どんなところに魅かれたのですか?
­
「息子の今後の人生を考えたときに、泳げないより泳げたほうが絶対にいいという親の判断です。海でおぼれたときも泳げた方が助かる確率は上がりますし、泳げて損なことは何もないですよね。本人がやりたいと言い出したものをやらせたほうがいいという意見もありますが、それはもう少し成長してからかなあっと。本人は、どんな習い事があるか、まったく知らないわけですし(笑)。今は、親がいいと思うものを提供してあげる時期だと思っています」。
­
特に小さな子どもは、新しい場所や先生に慣れるのはむずかしいものですが、息子さんはスムーズに始められたのでしょうか?
­
「いえ。むちゃくちゃ泣いてました(笑)。元々、新しい場所や人が苦手なタイプなので、予想通りでしたけど。ただ、泣くのは最初の5分だけで、やり始めればちゃんとやる。終わってからも〝楽しかった~″ってなります。もし、水がどうしても怖くて泣いているのなら、無理に続けさせるのもどうかなと思ってしまいますが、場所に慣れていないだけってわかっていたので、1カ月間は毎回泣き続けましたけど、とにかく連れていきました」。
­
でも、毎回泣かれると、親のほうの気持ちが折れそうになりそうですが……
「それはまったく(笑)。ただ、前日に〝明日はプールだね″と話しかけて、意識づけはするようにしました。やはり、小さいうちは、親の根気とかブレない態度が大事だなあと思いますね」。

本人がやめたいと言ったらやめさせる方針

­
子どもが「やめたい」と言い出したとき、どんな対応をとるかも人によって分かれるところ。藤本さんは、どんなポリシーですか?
­
「今の段階では、親がすすめてやらせているので、〝やめたい″と言ったらやめさせると思います。もちろん、本人がどうしてもやりたいから通わせてと言った場合は、話は別ですよ。それは、ちゃんと理由を説明してもらい、親が納得しなければ簡単にはやめさせません。息子には、スイミングのほかに、体操も習わせていますが、これも私の希望。男の子だし、体力があったほうがいいかなあと思ってすすめたんです。だから、スイミングも体操も、本人がやめたいと言ったら、とめないと思いますね」。
­
ちなみに、1才の娘さんにはどんな習い事をさせたいですか?
­
「う~ん、女の子だからバレエかな。ただ単に、姿勢がよくなりそうってイメージだけですけど(笑)。あと、スイミングは息子と同じ理由で絶対にやらせたいって思っています。旦那さんは野球少年だったので、野球をやってほしいみたいですね。私は子どものころ、姉がやっていたのを真似してそろばんをやっていて、とてもよかったと思っています。子どもたちにもたくさんの可能性を与えてあげたいです」。
­
「選ぶのは親だけど、本人が楽しいかどうかが一番。やめたいっていうなら、やめてもいいと思う」というポリシーの藤本さん。共感するママも多いのではないでしょうか? 
巷にあふれかえる習い事の数々。わが子が楽しんで続けられる習い事を、一緒に見つけてあげられるといいですよね!
­

Profile­­藤本美貴
­
1985年2月26日生まれ。2001年歌手デビュー後、モーニング娘。として活躍。2009年にお笑い芸人の庄司智春さんと結婚。2012年に第一子の男の子、2015年に第二子の女の子を出産。産後ダイエットでヨガと出会い、インストラクターの資格を取得。現在、『ミキティが東大教授に聞いた 赤ちゃんのなぜ?』(中央法規出版)が好評発売中。
取材・文/金澤友絵 撮影/土屋哲朗(主婦の友社写真課)
­
5月5日は「数の子の日」ってご存知ですか? 子孫繁栄の象徴とされている「数の子」と「こどもの日」にちなんで制定されました。 数の子といえばお正月に食べるイメージですが、おせち料理以外にも和洋問わずいろいろな調理法があるんです。...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

105650

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

花ぴーさん

97771

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

Asakoさん

89825

北欧インテリア好き。 100均アイテムや植物を...

4

🌠mahiro🌠さん

74330

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

5

智兎瀬さん

72352

はじめまして ちとせと申します(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)...

1

🌠mahiro🌠さん

644182

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

2

おおもりメシ子さん

317451

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

3

舞maiさん

296676

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

4

funkyさん

275384

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

5

花ぴーさん

247333

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

roseleafさん

7430689

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ちゃこさん

3304794

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

michiカエルさん

3818517

ひらめきのワクワク感と作り出す喜び♡ 同じ時に...

コストコ男子さん

10399291

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

香村薫さん

4815538

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

捨てる前に!ペットボトルの活用アイデアコンテスト
「ジブリの食卓 アーヤと魔女」レシピ 作ってみた♡投稿キャンペーン
腸元気♪納豆のアレンジレシピコンテスト