お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

PR

みんなはどんな産後の過ごし方をしたの?

  • クリップ
みんなはどんな産後の過ごし方をしたの?

待望の赤ちゃんと対面できる出産は、女性にとって人生の一大イベントであり、大仕事ですよね。やっと赤ちゃんと出会えたという喜びもある一方で、これから始まる育児の日々を乗り切れるのか不安になることもあるでしょう。赤ちゃんとの新しい生活を楽しむために、先輩ママ達がどのように産後の過ごし方を工夫したのか、アンケートを取ってみました。
なるべくゆっくり過ごせるようにした人が大半!

【なるべく寝る時間を確保する】

・赤ちゃんの寝ているあいだは、自分も横になって身体を休めていました。(60代/女性/パート・アルバイト)
・まずは、とにかく休む!これに尽きます。初めにしっかり休んでおくことで、結果的に体力の戻りが早くなりました。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・帝王切開だったので、休めるときは少しの時間でも体を休めて体調を崩さないように子どもが寝ているときは無理をして家事などをしないで一緒に寝る(40代/女性/専業主婦(主夫))
・とにかく睡眠時間を確保すること。産後すぐはまとまった睡眠時間がとりにくいですが、赤ちゃんが寝たら自分もベッドに横になって少しでも睡眠時間を確保することに努めました。おかげで少ない睡眠時間でも体調を崩すことは無かったです。(30代/女性/専業主婦(主夫))

出産はもちろんですが、育児はとても体力が必要です。体力を回復させ、日々を元気に過ごすためには睡眠をたくさん取ることが大切だと考え、なるべく寝る時間を確保するように努めたママが多くいました。特に産後は授乳の回数も多いため、夜中に何度も起きなければならず、睡眠不足になりがちです。そのため、赤ちゃんと一緒にこまめに寝るようにしたというママが多かったです。

【実家や夫などに家事を助けてもらう】

・実家を頼り、一か月半ほどは家事のすべてを頼り切っていた。帰宅後も週2回は実家の母に助けてもらった。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・産後体が思うように復活しなかったので、主人が休みの日は、授乳時以外は赤ちゃんをみてもらいなるべく横になって体を休めた。ご飯をテイクアウトしてもらった。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・ヨシケイを取り、手のかかる料理の頻度を減らしました。カット野菜や冷凍食品を積極的に取り入れ、浮いた時間を睡眠に充てました。(30代/女性/パート・アルバイト)
・とにかく無理をしないことです。少しでもくらっときたり、体調が悪いときはひたすら子供と横になっていました。買い物はネットショッピングで済ませ、洗濯は乾燥まで洗濯機で済ませていました。料理も調子の良いときに作り置きして、本当に体調が悪いときは出前を利用していました。(30代/女性/専業主婦(主夫))

実家に里帰り出産をしたり、旦那さんに家事を代わってもらったりして、自分で家事をしないようにゆっくり過ごすようにしたという人も多かったです。産後は赤ちゃんのお世話だけでも大変なので、育児以外の家事は周りの人にしてもらうだけで肉体的にも精神的にも負担は随分と少なくなります。食材の宅配サービスを利用して買い物に出かけるのを減らしたり、出前を取ったりして乗り切ったママもいました。

【自分の身体のケアを大切にする】

・たくさん食べて栄養を摂りました。身体を回復させるために必要なことですね。(30代/女性/専業主婦(主夫))
・産後は目を駆使すると目が悪くなると聞いたことがあったので、本を読まずによく眠るように心がけました。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・産後1カ月はとてもデリケートな時期だから、体を冷やさない、テレビを見ない、たるんだお腹を締めるためガードルの着用をする。母からきつく言われ実践していました。(40代/女性/正社員)

元気に育児をするためには、まずママ自身が元気でなければなりません。体力を回復させ、赤ちゃんに美味しいおっぱいをあげるために、きちんと栄養を取ることは大切なポイントです。また、産後に目を使いすぎると良くないといわれているため、なるべく目を使わないように心がけた人もいます。そして、きれいなママでいるために、産後の身体の引き締めを心がけて生活する人もいました。

【ストレスを溜めない】

・孤独を感じないで済むように、なるべく夫に早く帰宅してもらったり、友だちとラインで話したりしていました。また、産後ヨガなどに通って家に閉じこもらないようにしました。子どもとずっと2人きりだと息が詰まってしまったと思います。(40代/女性/個人事業主)
・義母や母から、最初の1カ月は家にいてのんびり赤ちゃんと過ごしたほうが良いと助言をもらい家に居ました。徐々にお散歩をして産後の体力回復などに努めていました。また、旦那さんからご褒美で一日時間をもらってライブにも行ってきましたよ!(30代/女性/正社員)

産後は慣れない育児でストレスも溜まりがちになります。そのため、なるべくストレスを溜めないように工夫したママもいました。一人で育児をしている孤独感があるとつらくなることもあるため、友達に話したり旦那さんに早く帰ってきてもらったりしたママもいます。たまには育児のお休みをもらって、一人で気晴らしに出かけることも良いストレス解消法ですね。

まずはママの身体と心が元気になることが大切!

産後はなるべく睡眠時間を確保し、美味しいものを食べて栄養をつけ、ストレスを溜めない工夫をしたママ達がたくさんいました。出産もそのあとに続く育児も体力の消耗が激しいため、なるべく無理をせず疲れを溜めないようにすることがポイントです。できる限り旦那さんや実家に手伝ってもらって、ゆっくり過ごすことで体力の回復も違ってきます。ずっと赤ちゃんとふたりで向き合っているのはつらいので、週末などに旦那さんに赤ちゃんを見てもらい、ひとりになれる時間を作るのも良い方法です。産前産後は女性にとって最も体力的、精神的につらいときでもあるため、周りの人にどんどん助けを求めてみると良いのではないでしょうか。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【子供】有り
■調査期間:2019年02月22日~2019年03月08日
■有効回答数:100サンプル

 

暮らし小町
「家事や子育て、みんなはイライラしたときどうしているの…?」 を調べてみました。 頑張るママを応援してます!
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

179207

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

バジリコさん

84032

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

3

ろっかさん

70810

I Love Stuffed Animals ...

4

舞maiさん

69361

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

1

舞maiさん

334087

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

2

funkyさん

288941

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

3

バジリコさん

193240

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

5

mimi.bonheurさん

125135

誰でも簡単にできるキャラ弁、 可愛くて簡単に作...

4児ママRomiさん

8243501

100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが...

ハニクロさん

3333251

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

おおもりメシ子さん

4911428

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

*ココ*さん

3360869

よく動きよく食べよく寝て太る、、、良いんだか悪い...

roseleafさん

7364459

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

100均アイテムで★手作りバッグコンテスト
春を楽しむ♡お花見レシピコンテスト