コラム

驚愕!結婚してわかった「旦那家族の謎と闇」

  • クリップ
驚愕!結婚してわかった「旦那家族の謎と闇」
結婚し、旦那一家との親戚づきあいがはじまって初めて知る「婚家の裏側」。まさかの生活習慣や家庭内事情に思わずアゼン……そんなことありませんか? ママたち100人の衝撃経験をアンケートで聞いてみました。

「生活習慣」にビックリ!!

・「バスタオルを家族全員で共用する。それだけでなく、親戚などの泊り客が来ても、客用にタオルを出す事がなく何人増えても全員同じものを使う。他人の私(嫁)が泊っても同じ。こんな事なら自分でバスタオル持参すれば良かったと思いました」(32才・専業主婦)
­
・「テーブルを拭く布巾を、おしぼりのように手や口拭きに使う。しかも家族みんな同じのを使っている。悲鳴が出そうになった」(36才・専業主婦)
­
・「おならをするときに歌いながらする習慣があった。ごまかすためだと思いますが、急に大声で歌うのでびっくりする」(25才・専業主婦)
­
・「予想以上にドケチというか節約内容がすごかった。男性用下着のトランクスをクッションのカバーにしている。伸びたセーターを足拭きマットがわりにしている。車の頭部分のカバーに子どものスカートを使っている。使用済みオムツでお風呂の水滴とりをする。などなど想像をこえていた」(38才・専業主婦)
­
・「割りばしやつまようじを洗ってまた使う。本人たちはエコだと言って満足気」(54才・専業主婦)
­
・「夫は外国人。ソースのある食事やデザートは、お皿を舐めてフィニッシュします。最初見た時はやめるようお願いしましたが、美味しい証拠だといまだやめません。新婚当初、義母宅でランチの際、義母がデザート皿を普通に両手で持って舐めていたのを見て根源を発見したと思いました」(42才・専業主婦)
­
実際にアジアの一部地域では、空になったお皿を舐めて「おいしかった」を伝える習慣があるのだそう。国や地域で習慣の違いはさまざまではありますが、悲鳴が出そうなものについては、人前での披露は遠慮してもらいましょうかね。

「旦那家族」にビックリ!!


・「とても知的でステキな夫婦に見えていた義両親。実は夫婦仲がすごく悪いことが、子どもが産まれて長期宿泊した時に分かった。義父はそれに耐えきれず半分アル中になっており、義母は義父の布団だけ雨が降っても取り込まない、食事の準備もしないなどの意地悪を続けている。とても気まずかった」(40才・専業主婦)
­
・「夫の両親は既に定年退職していますが、義父は毎月一回、国外に旅行に行っていて、義母はサークルで知り合った仲間と毎日カラオケで盛り上がっている。バラバラに生活していてもお互い不満はないみたいで、別にいいのですが少し驚きました」(55才・専業主婦)
­
・「祖母は統合失調症、義母は診断こそされてないが確実にうつ病。義父は浮気中」(34才・専業主婦)
­
・「主人の両親は離婚しているのですが、今も仲の良い友達らしく行事のたびに普通に招待しあう。ここまで円満離婚も珍しいとびっくりしました」(40才・専業主婦)
­
・「姉妹が4人いて、そのうちの1人は血が繋がっていなかった。先に言って欲しかった」(30才・専業主婦)
­
・「家族全員がネットワークビジネスの子会員になっていた。私の弟が引き入れられそうになり焦った」(50才・専業主婦)
­
結婚して初めて「義両親の不仲」に気付いてビックリ、というコメントが多かった今回。結婚生活も長くなるといろいろあるようで、どちらの味方もしづらい嫁は気を使います。せめて自分たちだけは、息子や娘家族に迷惑をかけないようにしたいところ。

「宗教」にビックリ!!

・「旦那の実家はとある宗教の熱心な信者だった。 結婚して新居に引っ越した時、ご両親が手伝いに来てくれたのだが、いの一番に仏壇を勝手にセット完了していた。その仏壇を置いた棚は私の私物なんですけど……。もうびっくり」(28才・専業主婦)
­
・「義両親がクリスチャンで神社には入らないようにしているとは知らなかった。初詣はもちろん孫のお宮参りの時ですら神社には入りません」(42才・専業主婦)
­
・「宗教が家族でまったく違う。それに伴い、祈っている人のとなりでテレビを観ていたりする家族がいて不思議です」(51才・専業主婦)
­
・「かなり信心深く、年中の儀礼を大切にしている。ご先祖様に対する思いも強い。お墓参りもあまりしない家で育った私は戸惑った」(32才・専業主婦)
­
・「夫の実家は特別信仰深いわけではないのですが、家族全員がお経をとなえることができ、驚いた。毎朝お仏壇にお茶を供えるとき、家族揃ってお経を読み上げるのが習慣なのだとか。その地域の伝統的な風習で、古い家庭ではみな普通だそうです」(36才・専業主婦)
­
仏壇や神棚を祀って手をあわせる、日本人ならではの習慣はたいせつにしたいところ…ではありますが、新居に勝手に仏壇をセットされてしまうのは怖いの一言。特殊な宗教ならなおさらです。「嫁は婚家の宗教従うもの」と強引に入信を勧誘されることもありますが、納得できないのであれば早いうちに「結婚と宗教は切り離して考えたい」とハッキリ伝えるのが大切なのかもしれません。
­
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© Y's harmony - Fotolia.com、© imtmphoto - Fotolia.com

Profile和田玲子
女性まわりの記事をコツコツ書いてウン十年のフリーライター。趣味はパン作りと水泳、豆乳ヨーグルトの摂取。最近のトピックスは蜂の巣をふたつやっつけたこと。
  • クリップ

コストコ男子さん

2647

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

1695

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

よんぴよままさん

976

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

尾花美奈子さん

941

ライフオーガナイザー🄬 元雑貨店店員。埼玉県川...

ちゃこさん

811

8歳の女の子と6歳の男の子のママです。出産前は美...

Rieさん

75307

「壁紙から始める新しい暮らし」 ライフオーガナ...

colfunさん

23632

モノ、エネルギー、時間を省力化しつつ、いつもの暮...

コストコ男子さん

21380

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

roseleafさん

21130

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

ひこまるさん

21073

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

丸 マイさん

140841

『楽に暮らしたい!』をモットーに、アイデアお掃除...

roseleafさん

97344

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

コストコ男子さん

91955

Welcome~♪ コストコに10年以上通い続...

4児ママRomiさん

82753

大学生の長男、JK長女、小5次女、小4次男の母R...

ひこまるさん

82716

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
家計簿
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け