お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

関連するキーワード
全てのキーワードを見る
コラム

【医師が解説】マスクによる肌荒れが改善!おすすめお手入れ3選

  • クリップ
【医師が解説】マスクによる肌荒れが改善!おすすめお手入れ3選

最近、お出かけするときに絶対忘れてはいけないアイテムのひとつがマスクですね。コロナウイルス感染症の拡大により、外でマスクをするのが当たり前の時代になりました。通勤、職場、外出先…と、1日中マスクをする必要がある人もいるでしょう。

そんな中、マスクによる肌荒れでお悩みの方が増えています。マスクをつけることは避けられないため、マスク肌荒れは本当につらいですね。

そこで今回は、そんなマスクによる肌荒れに悩む方必見の、マスク肌荒れにおすすめのお手入れ法をご紹介します。
(文/皮膚科医:金城 里美)

マスクつけっぱなしで肌荒れ度MAX

マスクによる肌荒れはどうして起こるのでしょうか。まずは、マスク肌荒れの主な原因を知り、対策を考えていきましょう。マスク肌荒れの主な原因と、出やすい症状・部位についてまとめました。

1.マスクによるこすれ

マスク装着中は、口や顔が動くたびにマスクと肌の間にこすれが起こります。顔や口は呼吸や話をするたびに動くので、マスクを着けている間はずっとこすれが続きます。持続するこすれによって肌のバリア機能が弱くなり、肌荒れが起こりやすくなります。

部位:マスクのゴムがあたる耳の周囲、頬骨、顎のフェイスラインの部位
症状:赤み(ときに皮めくれ)、痛み、かゆみ、乾燥

2.マスクによるムレ

マスク内は呼気によって温度、湿度が共に高くなっています。温度・湿度が高いと雑菌が繁殖しやすくなります。

部位:マスクでおおわれる部位全体
症状:ニキビ、吹き出物

3.マスクを取った後の急激な乾燥

帰宅してマスクを外すと、マスク内の湿気が逃げると共に肌の水分も一緒に逃げてしまいます。そのため、マスクを外すと急激に肌の乾燥が進みます。

部位:マスクでおおわれる部位全体
症状:乾燥(カサカサ、ゴワゴワ)

4.マスクの材質によるかぶれ

ときに、マスクの材質に対してかぶれてしまう場合があります。不織布マスク着用時に比較的多い症状です。マスクの材質がかぶれの原因の場合は、別の材質のマスクにすると症状が改善します。

部位:マスクでおおわれる部位全体
症状:赤み、かゆみ、ぶつぶつ

医師が教える!マスク肌荒れのお手入れ方法3選

それでは、つらいマスク肌荒れを今すぐ改善したい方へ、マスク肌荒れにおすすめのお手入れ方法を3つご紹介します。

1.マスクのこすれを避ける

マスクのこすれを避ける対処法としては、次のようなものがあります。

①マスク(マスクのゴム)と肌の間にコットンやガーゼを挟む
コットンやガーゼを挟むことでマスクやマスクのゴムが直接肌にあたるのを防ぎ、こすれを改善できます。コットンやガーゼが水分を吸収してムレを改善させる効果もあります。

②マスクがこすれる部位にワセリンを塗る
ワセリンは皮膚に保護膜を作って皮膚を刺激から守る作用があります。

2.しっかり保湿する

マスクによる肌荒れの原因となる乾燥は、とくに、帰宅してマスクをとったタイミングで進みます。帰宅後にマスクを外す際は、洗顔をしてから保湿をしっかりしましょう。

化粧水のみの保湿だと、化粧水の水分が蒸発するとともに肌の水分も逃げてしまう可能性があります。そのため、化粧水の上に乳液やクリームなど油性の高い保湿剤を重ねることをおすすめします。

3.マスク選びを工夫する

マスクによる肌荒れが続く場合、マスクの素材が刺激になっている可能性もあります。そのため、マスクの素材を変えてみることも解決策になることがあります。

不織布マスクで肌荒れが強い場合は、綿やシルクの素材のマスクに変更するのもひとつです。耳の部分の肌荒れが強い場合は、耳の部分がゴムではないものを選んでみてください。

また、マスク内の雑菌の繁殖を防ぐため、マスクは常に清潔を保つようにしましょう。

肌荒れにおすすめの漢方薬

「1日中マスクをしないといけないけど、肌荒れを避けたい」
「マスクの肌荒れに負けない肌を目指したい」

そんな方には漢方薬がおすすめです。
「乾燥」「湿疹」「ニキビ」など、さまざまな症状に効果がある漢方薬はいくつもあります。

漢方薬は、多くの症例により効果が認められているお薬で、自然の素材がからだにやさしく働くため、一般的には、西洋薬よりも副作用が少ないといわれています。

また、現在生じている不調を抑えるだけでなく、根本的な体質の改善を目指すもので、肌荒れなどの症状や肌が弱い体質に悩む方にぜひ試していただきたいお薬です。

さらに、健康のために、栄養バランスのととのった食生活や、ジョギングや筋トレなどの運動習慣を続けるのは難しいという場合でも、漢方薬なら、自分の症状や体質に合ったものを毎日飲むだけですので、手間なく気軽に継続できるというメリットもあります。

効果が認められている漢方を毎日の生活に取り入れることで、健康を維持して快適な生活をめざしてはいかがでしょうか?

<マスク肌荒れにおすすめの漢方薬>

・消風散:かゆみの強い慢性の湿疹や皮膚炎に効果的です。 
・十味敗毒湯:化膿を伴うニキビや湿疹に効果的です。

ただし、漢方薬を選ぶときに重要なことは、その人の状態や体質に合っているか、ということです。うまく合っていないと、効果を感じられないだけでなく、場合によっては副作用が生じることもあります。

どの漢方薬が自分に合うのかを見極めるためには、プロの力を借りるのがおすすめです。「あんしん漢方」などのオンライン漢方サービスに、一度相談してみるのもいいでしょう。

AI(人工知能)を活用した漢方のプロが、お手頃価格で、一人ひとりに効く漢方薬を見極めて自宅に郵送してくれる「オンライン個別相談」が話題です。スマホで完結するサービスですので、対面では話しにくいことも気軽に相談できます。

▶「あんしん漢方」を詳しく見てみる

マスク肌荒れを解消してピカピカお肌に

マスク肌荒れの原因には、マスクによるこすれ・ムレ・マスクを取った後の急激な乾燥・マスクによるかぶれなどがあります。今回は、マスク肌荒れ対策としておすすめのお手入れを3つご紹介しました。
つらいマスク肌荒れには、こすれを避けるケア・保湿・マスクの素材を変えてみることを意識してみてください。
マスクが避けられない環境は今後もしばらくは続きそうですね。しっかりお手入れしてマスクに負けないピカピカお肌を目指しましょう。

<この記事を書いた人>



皮膚科医 金城 里美
医師/薬剤師
東京大学薬学部卒業後、医師を目指して、東京医科歯科大学医学部に入学。
体、精神とも関わって多様に現れる皮膚の病態に興味を持ち、皮膚科医の道を選ぶ。卒業後、大学病院、総合病院、クリニックでの皮膚科勤務を経て、一般皮膚科から美容皮膚科まで皮膚科領域の診療を幅広く行う。
現在、総合病院の皮膚科常勤医として勤務。3児の母。
皮膚がより良くなることで、その人の毎日がより明るくなることを目指して日々診療を行う。

▶あんしん漢方(オンラインAI漢方)
▶不調の改善に!無料体質判定はこちら

子どもたちが遊ぶ姿を見ていると、おもちゃを思わぬモノに見立てたり、オリジナルの物語を作って「ごっこ遊び」をしたりと、その豊かな想像力に驚かされることもたくさんありますよね。 遊びやおもちゃへの身近な疑問について、「こどもパートナ...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

193225

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

ろっかさん

79477

I Love Stuffed Animals ...

3

舞maiさん

55768

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

5

もちパパさん

39813

伊勢志摩出身。 幼年期、国際救助隊に就職して、...

1

舞maiさん

342141

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

2

funkyさん

328462

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

3

バジリコさん

193436

2018年にメンバー入りしたのが還暦過ぎてから。...

5

mimi.bonheurさん

125925

誰でも簡単にできるキャラ弁、 可愛くて簡単に作...

ちゃこさん

3276540

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

4児ママRomiさん

8253175

100均/廃材/古着を活用したリメイク、DIYが...

桃咲マルクさん

4485520

~cafe' fuu Manma~かふぇ風まんま...

花ぴーさん

6632807

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

RIRICOCOさん

3320183

築40年60㎡マンション5人暮らし。DIYで狭く...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

100均アイテムで★手作りバッグコンテスト
春を楽しむ♡お花見レシピコンテスト