お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

ありえない!コロナで人間不信に陥ったエピソード

  • クリップ
ありえない!コロナで人間不信に陥ったエピソード

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年の春わたしたちは自粛生活を余儀なくされました。
こういう非常事態には、普段は見られないその人の“顔”や“本性”が垣間見えるもの。
温度差や価値観の違いが浮き彫りになり、「ウイルスも怖いけど、人間の嫌な部分を見て憂うつ」という方もけっこう多いのではないでしょうか?
主婦100人!アンケート隊」の皆さんにも、コロナ騒ぎで誰かに失望してしまったエピソードを聞いてみました。


ぜんぜん自粛しない人々

「自粛が始まってからカラオケやBBQパーティーに誘ってくる知人。
そんな人だと思っていなかったから驚いた」(Kagoya・47才)

「コロナで今安いから!と、旅行に行きまくり、帰ってくるとマスクがないと薬局をハシゴしている知人。
かかりに行っているようなもの」(しゅうととまま・29才)

「友人一家は、自粛中なのにマスクもしないで家族全員で買い物に出かけたり、県外にドライブして外食したりしている」(mintanmama・42才)

「家の隣の公園では、毎日子ども達がマスクなしで群がって遊んでいる。そして親たちもマスクなしでペチャクチャおしゃべり!理解不能」(ポトス・38才)

「ゴールデンウィーク期間、ご近所に車がなく長期不在しているのを見ると、きっといつも通り楽しんでいるのかな…と切なくなった。
自粛している我が家がバカなのかとさえ思っちゃう」(ひゆこゆ♪・37才)

“ステイホーム”ができない人々については、ニュースやSNS等でよく耳にしましたよね。こちらは我慢して自粛しているのにそういう人を見ると、空しくなると同時に恐ろしさすら感じてしまいます。


ストレスフルなお買い物事情

「毎日スーパーのセールに行って『半額商品をゲット!』と喜んでいる知り合い。
今なら電車が空いているからと、わざわざ都内にテイクアウトを取りに行っていると聞いて驚愕。
命より“お得”が大事なんだろうな」(匿名希望・50才)

「マスクを買うため、毎日4時間並ぶ近所のおじいちゃん。
三枚入りを1人1個、と決まっているが、並ぶために毎日1枚ずつ使っていて、それ必要?といつも思う」(ゆゆ・41才)

「家電量販店のPC・スマホ相談窓口にお年寄りが列をなし、1人1人が長っちりで雑談しているのを見て寒気がした」(匿名・38才)

「スーパーに買い物に行くと、家族全員でワイワイ来ている人たちをいまだによく見かける。
散歩ついでなのかもしれないけど、そういう人たちを見かけるだけでイラッとする」(mina・45才)


緊急事態宣言後、繁華街は人が減りましたが、スーパーやドラッグストアは毎日混雑が続いています。
ヒマつぶしや余計な買い物に奔走しているなら、自粛の意味もありませんね。


もはやテロ!?

「アポなしでいきなり高齢の叔父夫婦が『元気にしているかなと思って』と訪ねてきた!相当ヒマでガマンできなくなったんだろうけど、こちらはビックリ。
家にはあげず、庭でお茶をふるまい、帰ってもらった」(匿名希望・40才)

「熱が出たお局が、平熱に戻ったからと翌日出社してきた。
お願いだから休んで~!外に出てこないで!」(あまえび・45才)

「出社しなければいけない日、けっこう混んでいる電車のなかで『GWは毎日パチンコ行っていた』と談笑しながらけっこうな咳しているおじさんがいた。
しかも『俺マスクが苦手なんだよ~』とマスクなし!
震えてしまった」(匿名・33才)

「子どもとのんびり1日1回のお散歩をしていたら、スポーツ自転車に乗ったマスクなしのオッサンがあろうことかすれ違いざまにこちらに向かってゴホッ!と咳をしてきた。
犯罪レベルでしょう」(匿名希望・38才)


あまり危機感を持っていないタイプの人が近くにいると、本当に困りものです。
悪意があるにせよ無いにせよ、ウイルスをばらまきかねない行為は非常識ですね。


過剰に怖がりすぎ?

「コロナが怖いと騒ぎまくるママ友。
重曹水クリーナーで消毒しているというので、汚れは落ちるけど重曹に消毒効果はないと指摘したらものすごい顔でにらまれた」(うにぽん・55才)

「マンションで隣の家に引っ越してきた人、1カ月も経つのに挨拶もなし。
コロナだから自粛しているのか?
でも子どもがいる家なら、うるさくするかもって一言、手紙くらいあってもいいのに…」(みりみり・37才)

「コロナをすごく警戒している、情報ツウのママ友。
ありがたいことなんだけど、毎日怖いニュースやデータが書かれたサイト等をLINEで共有してくれる。
でも内容が怖すぎて欝々しちゃうから、最近は味読スルー気味」(匿名・39才)

「コロナについて恐怖を煽るようなワイドショーを見てすっかり怯えてしまった友人。
『外にはウイルスが漂っているかも』と、散歩もしないし、換気もほとんどしないらしい。逆に病気になっちゃうよ!と説得中」(匿名希望・41才)


こういう非常事態では、過度な恐れも敵の一つ。
正しい情報だけを厳選して、粛々と対処していくに限ります。


不安な職場

「職場で、接客や打ち合わせ以外はマスクをせず、手洗いも不十分なままの人と、電話や話をする時にわざわざマスクをアゴにずらして外す人がいる」(タイム・52才)

「在宅勤務にまったく応じない社員がいる。
聞けば『家だとお菓子食べたりテレビ見ちゃったりするし。
みんなに会いに会社に来たい』という。子どもか!とあきれてしまった」(moe・45才)

「出始めの頃は、店長が『インフルとたいして変わらないでしょ』と言っていてあり得ないと思った。
今は危機感を持ったようでしっかり対処してくれている」(のいずみ・38才)

「学校が休校となり、ずっとお友達と遊べなくなった子どもがいる我が家。
そんな中、同僚がSNS上で『子どもは学童に行っているから、毎日お友達と元気に遊べている』と書いていて、デリカシーのないマウンティングだなと思ってしまった」(はりさん・39才)


いろんな世代のいろんな人々が多く集まる仕事場では、あり得ない!と思うことが多いよう。
リモートワークや営業自粛など不安定な事態が続くなかで、1人1人が責任感をもって挑んでいきたいですね。


『危機の時こそ人間の本性があらわれる』といいますが、いまそれを痛感している方も多いのかも。
ウイルスだけでなく、学校や会社など心配なことが多いなかで「非常識な人を見かけるとストレスがどっとたまる」というコメントも見られました。
最近では少しずつ自粛ムードがやわらいできており、楽観的な方たちのこれからの行動によっては、第二波・第三波の感染拡大も懸念されています。
収束までは時間がかかりそうですが、せめて私達だけでも粛々と、良識ある行動を続けていきたいですね。

文/小林みほ

 

おすすめ

見た目年齢を大きく左右するのが目元。「最近、まぶたがシワっぽい」「若い時と比べて、目ヂカラがなくなった」…そんなお悩みを抱えている方に、超おすすめのアイクリームがあるんです!
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

花ぴーさん

115968

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

🌠mahiro🌠さん

96727

   R元年11月2日に投稿始めて早半年……。 ...

3

ふくまめさん

84494

“めんどくさい”の口癖からヒラメキ、自宅で実践し...

4

おなかがぺこりんさん

53338

簡単、時短、節約、ダイエット、高血圧防止レシピを...

5

ゆぅゆ❤️さん

45715

孫達の(〃)´艸`)オイシー♪の声に励まされ♡ ...

1

🌠mahiro🌠さん

404897

   R元年11月2日に投稿始めて早半年……。 ...

2

花ぴーさん

274999

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

288Melonnn🍈さん

257292

手作り 塗装 木工が好きです。家は魔女が住む館と...

4

kitty_kittyさん

168628

☆美容☆簡単レシピ☆ショッピングを中心に紹介中で...

5

ゆぅゆ❤️さん

168586

孫達の(〃)´艸`)オイシー♪の声に励まされ♡ ...

ひこまるさん

7484656

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

6536822

4児の母Romiです。100均/廃材/古着を活用...

コストコ男子さん

7974685

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

6453744

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

野菜の家事コツ!実践レポートコンテスト
コンビニ食材でアレンジレシピコンテスト