お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

それ、絶対NG!主婦が目撃した鍋の「ありえない」食べ方とは?

  • クリップ
それ、絶対NG!主婦が目撃した鍋の「ありえない」食べ方とは?
まだまだ寒さの続くこの時期、鍋料理がおいしいですよね。だけど鍋って家庭によって千差万別。中にはビックリするような食べ方をする人もいます。自分で鍋料理を作ることも多い主婦のみなさんに「周囲の人の引いちゃうような鍋の食べ方」の目撃談を寄せてもらいました。

直箸厳禁!自分の箸で鍋をつつく人たち

・「自分の箸を使って鍋を食べる人。つつかれると私は食べることが出来ないので本当に嫌です。ちなみに義両親です」(33歳・専業主婦)
­
・「お箸をねぶってから、毎回お鍋をつつく人がいて、とても不快でした。無神経」(40歳・専業主婦)
­
・「まだそんなに親しくない間柄の時に、自分のお箸で鍋の中の具をかきまわし、あさりまくる友人(女性)がいました。二度と一緒にごはんに行きたくないと思いました」(38歳・専業主婦)
­
子どもや夫ならまだしも、義理の実家や他人と直箸はいや!という人が多かったようです。直箸に関しては賛否両論あるようですが、箸をねぶったり、自分の箸で鍋の中身をかき回す人には引いてしまいますよね。

それ、アカンやつ……自分の汁を鍋にリバース

・「友人たちと鍋を囲んでいた際のこと。最後に雑炊をしようと思っていたのですが、ある友人が自分の取り皿に残っていた出汁を鍋に戻したのを見て驚きました。家族間ならまだしも、他人と一緒に食べてこれをやってしまう人にはちょっと引きます」(25歳・パート)
­
・「取り分けた分を食べ終わると、いちいちそのだし汁を鍋に戻す。温かいものを都度食べたいというのが理由のようだが、嫌悪感が……」(34歳・自営業)
­
・「会社の先輩(男性)ですが、取り皿に具を取ってわたしたら『これ、きらい』と鍋の中に戻されました」(30歳・専業主婦)
­
・「職場の同僚と鍋をしているとき、豆腐がまだ冷たかったようで、一言も言わずにかじった豆腐を鍋に戻した」(29歳・アルバイト)
­
最も多かった“引く”エピソードが、「自分の取り皿から鍋に戻す」人たちの目撃談。ちょっと抵抗ありますよね。年配のかたに比較的多かったようですが、中には会社での宴会で体験した人も。上司の戻し汁は、さすがに無理!

鍋奉行の仕切りにうんざり

・「鍋の食べ方にこだわりを持ったサークルの先輩がいました。食材を入れる順番から、食べるタイミングまでを細かに指示する、まさに鍋奉行。大学生のサークルコンパの鍋で使う食材なんてたかが知れているのに、やたら張り切って空回りしている姿には、引きました」(36歳・専業主婦)
­
・「旦那が鍋をするたびに、鍋奉行になることです。それまで“鍋奉行”を見たことがなかったため、みんなの皿にせっせと取り分ける姿に最初は引きました」(36歳・会社員)
­
・「お鍋は一人しか触ることが出来ず、一回一回空になったら、その人にお願いして入れてもらうシステムでした。自由に好きなものを好きなだけ食べられない鍋なんて、全く楽しくありません」(41歳・専業主婦)
­
鍋奉行に厳しく管理されて食べる鍋は、誰でもおいしくありませんよね。好きな具材をワイワイ食べてこその鍋。奉行はいなくていいから、平民同士で気楽に食べたいっ!

大胆なレシピにドッキリ!

・「しゃぶしゃぶ屋さんでのこと。かっぷくのいいおじさまが、一皿のお肉を一気に鍋へ。時が止まってしまいました」(39歳・専業主婦)
­
・「友人と自宅で鍋パーティーをしている時。トマトチーズ鍋だったので、〆はリゾットにしようと思っていたら、友人の旦那さんがマヨネーズを大量に投入し、私達家族はドン引き。勧められるのを断るのに苦労しました」(35歳・専業主婦)
­
・「大学生の時に友人の実家で一緒に鍋を食べた時の話です。鍋が終盤に差し掛かったところで友人のお母さんが鍋にご飯を投入すると、友人を含む家族一同が煎餅やスナック菓子を持ってきて鍋に投入し、最後に溶き卵を流し入れていました。見た目はギョッとするおじやでしたが、意外に美味しくいただきました」(34歳・派遣社員)
­
どんな食べ方をしても自由といえば自由ですが、大胆な投入に、周囲はシーン。ドン引きする人たちがいる一方、中にはおいしい奇跡のレシピに遭遇した人も……。鍋って奥が深い!­
­
親しい人と囲む鍋の味は、なにものにも代えがたいですよね。なるべくおいしく食べるためにも、基本のマナーは守りたいもの。1人でも不快な人が出ないよう、できるだけノーマルなルールで楽しみたいですね。
­
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© kazoka303030 - Fotolia.com
Profile吉田直子
元・フリー編集者。出産後は2人の男の子を育てながら、ライターとして活動。生活系の執筆のほか、書評、映画評など。近著は『キャラクターを知れば源氏がわかる! 登場人物で読む源氏物語』(KADOKAWA / 富士見書房)。
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

花ぴーさん

72354

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

よっちゃんさん

70931

昔「山女」今「ママさんタグラグビー」をちょこっと...

3

emicombさん

48062

9歳と7歳の男の子2人のママです。 お裁縫、D...

4

RIRICOCOさん

31659

築40年近いマンションを快適に暮らせるようDIY...

5

happydaimamaさん

29338

元気な3人息子(11・10・4歳)のママ☆あんふ...

1

花ぴーさん

202948

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

2

髙木 あゆみさん

192157

モノと食との向き合い方を考え 毎日の暮らしを楽...

3

香村薫さん

124235

愛知県岡崎市のライフオーガナイザー 香村薫です...

4

よっちゃんさん

122637

昔「山女」今「ママさんタグラグビー」をちょこっと...

5

よんぴよままさん

118721

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ひこまるさん

5558121

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

4665839

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

5216135

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

4511826

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

手作りファブリック小物コンテスト
包丁いらずのおつまみレシピコンテスト