お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

ママの敵はママ?女性の心がザワついた瞬間

  • クリップ
ママの敵はママ?女性の心がザワついた瞬間
「独女VS既婚女子」なんてバトルはよく見かけますが、なにも立場の違いだけで女性はモヤモヤするわけではありません。ママ同士だって、どんなに仲良しだったとしても、ふとした瞬間に「モヤッ」「イラッ」「ドキッ」などの負の感情がわき上がることもありますよね。
今日は、そんなママたちの心がザワついた瞬間をご紹介します。些細なことから、確かに…と思う話まで、あなたはどの話に共感しますか?

先を越された感はママへのダメージ大

「『2人目が生まれました』は、やっぱり堪えます…」
そう語ってくれたのは、現在妊活中の30歳女性。自分はなかなか授からないところでの吉報とあって、「おめでとう」より先に「なんで…」というモヤモヤ感があったといいます。
「でも、モヤモヤをぶつけても仕方ないので、そこは平和に『おめでとう』って言いましたよ(笑)。完全に祝福モードにはなれないですけどね」
こればっかりは、本人が乗り越えないと仕方のない問題。独身同士でも、突然の結婚報告にモヤッとすることはありますが、同じようなショックさなのかもしれませんね。

「友人の復職宣言は、『私もいつか』と思っているからドキっとした」
続いては、現在専業主婦で1歳と4歳の子を育てる34歳主婦の方。家計のことを考えると復職しなくてはという気持ちがあり、周りの行動には敏感になると言います。
「現在育児休暇を延長中なんですけど、いつ戻ろうかなーっていうのは常に悩んでいます。子どものことを考えたら戻りたくないけど、収入的にはキツくて…。だから、周りが復職したっていうのを聞くとちょっと焦ります」
彼女の場合、問題は保育園ではなく気持ちの問題だと言います。文字にすると幸せな悩みにも捉えられますが、今しか経験できない子育ての時間をどう過ごすかは、悩ましいところがあるようです。

ビックリ発言はつい詳細に見てしまう…

そして続いては、ママに限った話ではないかもしれませんが、妙にポジティブだったり、妙にネガティブな発言は、ついつい詳細を追いかけてしまいたくなるようで…。

先ほどと同じ34歳の女性はSNSでこんな書き込みを見つけて、心がざわついたそう。
「私の年齢って、そろそろ離婚した組が出てくるんです。先日は高校の同級生が『離婚しましたー☆色々ありましたが、今は私も子どもも元気です♪』って、めっちゃポジティブな書き込みをSNSにしていて、逆に『どうしたの?』って思ってしまいました」

そして、彼女の心をさらにザワつかせたのは…
「彼女の投稿のコメント欄がまたしても妙に明るくて、『ランチ行こう!』『元気そうでなにより☆』『明るく行こっ』なんて感じで、誰も彼女の離婚には突っ込まないんです。逆に外野としてはモヤモヤして色々追いかけちゃいましたよ」

離婚報告については、確かにどう話すべきか迷いますよね。筆者も経験者としては、発言したママの気持ちも、見てしまったママの気持ちもわかる気がします。

女は共感する生き物だから、モヤッは仕方ない

今回はママたちの心がザワついた瞬間を探してみましたが、ほかにも「マイホーム購入&引越し」「習い事の話」など、自分が経験していないステップアップ(のように感じる話)は、ザワつくことがあるようでした。

しかし、女同士というのはなぜこうも自分との違いに敏感なのでしょうか? それはやはり、女という生き物が「共感」を大切にする生き物だからなのかも。
共感とは、すなわち「同じ」であるということ。それを基準に見渡せば、自分との違いが多い人ほどドキっとする要素を持っているとも言えますよね。
もちろんそれだけが原因ではありませんが、モヤモヤした気持ちを抱くことを“性格の悪い人間だ”と責めるママもいますが、それくらいは“性格が悪い”のではなく、“生物としての本能”というもの。
どうかママ達が、心穏やかに育児に取り組めますように。

<プロフィール>
おおしまりえ
雑食系恋愛ジャーナリスト/イラストレーター
10代より水商売やプロ雀士、素人モデルなど人気商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。無自覚の気持ちを見抜く観察眼と、男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動。大手メディアを中心に年間100本以上恋愛コラムを執筆中。

写真© miya227 - Fotolia.com
雑食系恋愛ジャーナリスト/イラストレーター。10代より水商売やプロ雀士、素人モデルなどの商売に身を投じ、のべ1万人の男性を接客。無自覚の気持ちを見抜く観察眼と、男女の特性を踏まえたコミュニケーション術を研究し、恋愛ジャーナリストとして活動。大手メディアを中心に年間100本以上恋愛コラムを執筆。
生ごみのニオイやキッチンのシンクまわりのニオイなど、、生活の中のどうしても取れない生活臭。新しい生活様式で家での自炊が増え、調理のニオイを気にする人も増えています。 そんなお悩みを解決してくれるのが、いま大注目のパナソニックの次...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

🌠mahiro🌠さん

106239

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

2

sawa.rararaさん

73886

沢山の中からご覧頂きありがとうございます。 バ...

3

emicombさん

59528

11歳と9歳の男の子2人のママです。 好きなも...

4

AMTAs mamさん

57239

小中高の4児の母です。子育ても自分時間も楽しむ!...

5

とめ.(伊藤智子)さん

53543

モノを減らしてワタシを増やす。がモットーです。「...

1

🌠mahiro🌠さん

1141169

🌟Bookmarkが嬉しい❢イイね❢もありがと〜...

2

sawa.rararaさん

317115

沢山の中からご覧頂きありがとうございます。 バ...

3

智兎瀬さん

300538

いつも閲覧して下さる方々ありがとうございます(୨...

4

ここはままさん

232342

39歳、15歳高校1年生男の子、11歳小学5年生...

5

舞maiさん

170820

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

なが みちさん

3561491

見ていただきありがとうございます(o^^o) ...

ハニクロさん

3674205

3児の母、医療関係の仕事をしています。 身...

よんぴよままさん

5788904

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

ちゃこさん

3589554

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

香村薫さん

5123737

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

家族で楽しむ☆クリスマスアイデアコンテスト