お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

実母VS姑の壮絶バトル!女同士の恐るべき闘いエピソード

  • クリップ
実母VS姑の壮絶バトル!女同士の恐るべき闘いエピソード
育ててくれたお母さんと、結婚後にお母さんになった「義理の母」。当然、考え方も違えば性格も違います。そんな母たちが、バトルになる時とは? 既婚女性たちに、実母と姑がバトルしたエピソードを語ってもらいました。

結婚式でバトル! 結果、折衷案で

・「夫婦の結婚式で大もめ。義母は夫の実家近くである石川県で、実母はこちらのほうが親戚が多いからと福岡でやるようにと両者譲らず…。結局は中間地点の京都で式を挙げました」(29歳・専業主婦)
­
・「結婚式の内容でバトリました。私はいわゆる地味婚を希望していたのでウエディングドレスだけのシンプルな式を予定していました。しかし義母は和装を、実母は洋装を見たい!とお互い譲らず、仕方なしにお色直しを和装→ウエディングドレス→カクテルとフルコースですることに」(34歳・専業主婦)
­
・「信仰の違いで、結婚式をどのタイプ(キリスト教式or仏式)で行うかバトルになりました。結局、最後まで平行線のままで、前撮りの日に私の親族だけで仏前で式を行い、その後、教会で行いました。よって、2回挙式したことに」(43歳・自営業)
­
いきなり結婚式から戦闘態勢の母たち。結果、挙式は中間地点で、衣装はオールジャンル、挙式スタイルも2種類と、全部盛りの式に。習慣の違いとはいえ、若いご夫婦が大変そうですね。

孫を巡って一触即発

・「子どもが生まれた時、お宮参りの産着でバトルした。実母は衣装は買わない代わり、写真屋さんできちんと撮影する派。義母は衣装を買う派。結局、私がインターネットで衣装を購入し、写真館で別の衣装を借りて2着分の写真を撮った」(37歳・公務員)
­
・「当時、私達の子どもが両家にとっての初孫だったのですが、偶然同じ週末に我が家へ両家が孫を見に来た際に、どちらが抱っこする、食事を食べさせる、などでピリピリムードに。最後は孫自身に選ばせることで一応の解決?はしたようです」(35歳・専業主婦)
­
孫をめぐるバトルには終わりがありませんね。どちらが先に抱く、どちらが預かる、どちらに懐いている……。愛情のインフレ状態は当分続きそうです。

「男の浮気は嫁が悪い」発言に実母ブチギレ

・「夫が会社の同僚とW不倫をしていて、それを思わず私が義母に話したところ、彼女は夫の肩を持ち私を非難した。そのことで実母が激怒し、私の知らないところで電話でかなり激しく口論したと、後々聞いた。口論した直後の2人の様子は何ら変わりなかったので私は全く気が付かなかった」(38歳・契約社員)
­
・「旦那の浮気の話し合い中に、義母に『嫁が悪いから浮気したんだ』と開き直られ、実母が激怒。余計にこじれて最終的に離婚しました」(39歳・専業主婦)
­
我が子可愛さのあまり、「浮気は奥さんのほうも悪いんじゃないの?」と息子をかばってしまうお姑さん。でも、口は災いのもと。それが原因で離婚に至ることも多いようです。浮気はやっぱり、した人が悪いですよネ。

結果的にお得? お祝いで張り合う母たち

・「結婚前はどちらが家具を買う、新居の頭金をどちらがいくら出す、家電はどちら、と揉めてました。結婚してからは子どもの三輪車をどちらが買う、ランドセルはどちらなど争ってくれるのがとてもありがたいです。たいてい、私が『じゃあお母さんにお願い!』『これはパパのお母さんにお願い!』と振り分けさせてもらっています」(35歳・専業主婦)
­
・「私の実家も彼の実家も自営業をやっており、平均よりはお金持ち。私たちの嫁入り道具や結婚式等の支援をしてくれたのはとても助かったのですが、片方が何か買ったりすれば片方は式のオプションを増やしたりと小さな争いを初めて、最後にはまだ若くて未熟者の私たちなのに、すごい豪華な部屋と式になってしまったことです」(23歳・専業主婦)
­
お互いの好意をありがたく受け取って、上手にお付き合いしている人もいました。こういうものは、両方受け取るか、両方拒否するか、二択になっちゃいますよね。
­
女性同士だけに、実母と姑との小競り合いは、多少なりとも発生するもの。娘としては、双方なだめつつ、上手に立ち回るのが無難なよう。折り合いがつかない時はキッパリ、若い夫婦の意見を言うことも大事なようですね。
­
※暮らしニスタ編集部が既婚女性100人を対象に行ったアンケート調査より
­
写真© Photographee.eu - Fotolia.com
Profile吉田直子
元・フリー編集者。出産後は2人の男の子を育てながら、ライターとして活動。生活系の執筆のほか、書評、映画評など。近著は『キャラクターを知れば源氏がわかる! 登場人物で読む源氏物語』(KADOKAWA / 富士見書房)。

おすすめ

「こたつ」といえば、家族大集合でぬくぬくの団らんがたまりませんよね。でも気になるのは、あの“古き良き”ルックス。ぬくぬくのためには仕方ないか……なんて諦めなくて大丈夫なんです! イマドキの「こたつ」は、私たちのライフスタイルに合...
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

香村薫さん

217118

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

2

森麻紀さん

44561

名古屋市在住のライフオーガナイザー。背伸びしない...

3

muccinpurin さん

37392

簡単でおいしく、ごはんもお酒もすすむ系の料理が中...

4

happydaimamaさん

36852

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

5

eriseさん

34138

日々のひらめきでおしゃれに!

1

香村薫さん

280813

モノを減らして時間を生み出す、ロジカルなお片づけ...

2

happydaimamaさん

161148

元気な3人息子(12・10・5歳)のママ☆あんふ...

3

☆ miamama ☆さん

150857

100均、プチプラが大好きな子持ちの主婦です◡̈...

4

よんぴよままさん

143073

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

5

花ぴーさん

135233

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

ひこまるさん

6221023

簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子...

4児ママRomiさん

5337042

2男2女の母Romiです。100均・廃材・古着を...

コストコ男子さん

6412160

コストコアドバイザーのコストコ男子です。 コス...

roseleafさん

5353832

四姉妹の母です。 ちょっとした時間を見つけて、...

暮らしニスタ大賞2019 賞金総額50万円 応募は11月12日まで 詳しくはこちら

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

きのこを使った一皿コンテスト
見せたい!コレクション収納コンテスト