お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

コラム

ミキティも実践中♪夫と楽しく会話するために大切なこと

  • クリップ
ミキティも実践中♪夫と楽しく会話するために大切なこと
「子どもがいるときは間がもつけれど、夫婦ふたりきりになると会話が続かない」と感じている人は多いもの。「子どものお世話に忙しくて、夫が話しかけてきても邪見に扱ってしまう…」という人も…。
­
芸能界のおしどり夫婦として知られる藤本さんカップルですが、会話がはずむ仲良し夫婦でいられるコツは何だと思いますか?夫と楽しく会話するために大切なことを聞いてみました。

LINEやメール、電話も“会話”だと割り切って

「旦那さんとの会話はとても楽しいです。一緒にいるときは、基本的にずーっと話してますね。ふたりではしゃいで、キャッキャしてますよ」と、とっても仲良しな様子。とはいえ、忙しく働く共働きの夫婦で、どうやって会話の時間を作っているのでしょう?
­
「確かに、わが家は夫婦とも時間が不規則な仕事なので、丸一日顔を合わせないことも多々あります。今朝も、私と子どもたちが起きたら、旦那さんは仕事に出た後でした。
そんなときでも、LINEで頻繁にやりとりするのが習慣。それこそ“幼稚園の送り完了”とか“これからみんなでランチ行ってくるね~”とか、行動をことこまかに報告しています。
旦那さんからも、“今、ジムに来てるよ。そのまま仕事に向かうね~”とか、頻繁に連絡がきます。1日に20~30通はやりとりしているかな。
­
ちょっとした用件を電話で話すこともあるし、LINEやメールも含めて、それらが会話って思っていいんじゃないかな?顔を合わせて話すことだけを会話ってとらえると、働き盛りのパパもママもなかなか時間を作るのは難しいですよね。
欧米のカップルみたいに“夜はお酒を飲みながら大人の会話ね”なんて、理想といえば理想だけど、あまり決め事を作ると疲れるだけ(笑)。今の時代は、便利なツールを利用して、会話を楽しめばいいんじゃないかなあと思っています」。

夫が話したそうなときはしっかり聞いて、リアクションを

「LINEやメールでは仲良く会話できるのだけど、実際に顔を合わせるとなかなか会話が続かない」と悩んでいる夫婦も意外と多いもの。藤本さんは「そこはやっぱり、相手の話をしっかり聞いてあげることが大事だと思います」とのこと。
­
「旦那さんが話したそうにしていたら、子どもが起きている時間帯でも、しっかり話を聞いてあげます。もし、子どもが割り込んできたら、“いま、大人が話してるでしょ”って、子どものほうを制止します。そこは、旦那さんをちゃんと尊重しているって態度を見せたほうがいいと思います。
­
それと、くだらない会話のときでも、ちゃんと聞いて、いちいちリアクションをしてあげるのも大事かな。ママは子どものお世話でそれどころじゃないって思うかもしれませんが、長い人生いっしょにいるわけだし、つっこみつっこまれで楽しく会話する関係を築いておいたほうが絶対に得ですよ」。
­
「夫とふたりきりになると、子どものこと以外に会話のネタがない」と悩んでいる人もいるようですが、藤本さんは「それは当たり前ですよ~」と肯定派。
­
「子育て世代の旦那さんは、基本的には家と仕事場の往復の単調な生活ですよね。だから、奥さんが期待するほどおもしろい会話のネタを持ってなくて当たり前(笑)。それに、子どものことを話して楽しむのは今しかできないこと。悪いことでも悩むことでもないと思います。逆に、急に甘い雰囲気の会話を迫られても困りませんか?(笑)」と、ごもっともな意見。
­
また、藤本さんが旦那さんと会話のある夫婦でいるために心がけていることのひとつは、“会話がない日があっても気にしない”ことだそう。
­
「旦那さんからあまり話したくないオーラが出ていたら、無理に話しかけません。そんな日もあるわって思うくらいで。会話しなきゃしないで、家にはやるべき家事が無数にありますし。やることやって、“寝ま~す”って寝室に入ります。そこを“今日はなんでしゃべんないの!”などと責めたててもいいことないですしね。長く夫婦をやっていれば、会話のネタが尽きる日もあるってことで、気にしないことですね」と、なんともさっぱり男前なアドバイスが。
­
“LINEやメールなど便利なツールでつながって会話を楽しむ”ことと、“夫の話をちゃんと聞いて、リアクションをとること”。このふたつが、藤本さんが実践している夫婦で楽しく会話をする秘訣のようですね。

Profile­­藤本美貴
1985年2月26日生まれ。2001年歌手デビュー後、モーニング娘。として活躍。2009年にお笑い芸人の庄司智春さんと結婚。2012年に第一子の男の子、2015年に第二子の女の子を出産。産後ダイエットでヨガと出会い、インストラクターの資格を取得。現在、『ミキティが東大教授に聞いた 赤ちゃんのなぜ?』(中央法規出版)が好評発売中。

取材・文/金澤友絵 撮影/馬場のぶよし
­
­
­
釣りは一度体験したら病みつきになる人も多いアウトドアレジャースポーツの一つですが、その魅力とは何なのでしょうか?いったい何が楽しいの? 老若男女を問わず、みんなが釣りに惹かれる理由をご紹介します。
[PR] 暮らしニスタ編集部
さっそく見る
  • クリップ

Ranking

ランキング

もっと見る

Popular Kurashinista

人気の暮らしニスタ

もっと見る

1

funkyさん

105650

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

2

花ぴーさん

97771

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

3

Asakoさん

89825

北欧インテリア好き。 100均アイテムや植物を...

4

🌠mahiro🌠さん

74330

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

5

智兎瀬さん

72352

はじめまして ちとせと申します(୨୧ᵕ̤ᴗᵕ̤)...

1

🌠mahiro🌠さん

644182

🌟2019.11.5に投稿開始。気づけば殿堂入り...

2

おおもりメシ子さん

317451

おいしいもの妄想家♪ 日本酒とお刺身をこよなく愛...

3

舞maiさん

296676

 本の世界から観る史跡巡りが好きで古都にも足を運...

4

funkyさん

275384

ちょっとした工夫で、いまが、より良くなればと、い...

5

花ぴーさん

247333

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

happydaimamaさん

3635425

USJが大好きな3人息子の母ちゃん☆ユニバリアル...

花ぴーさん

6852718

ヘルシーでエコで簡単なお酒のあてを作るのが好きで...

*ココ*さん

3413513

小さな草を根から抜き取る作業は大変だけど〝その後...

ちゃこさん

3304732

11歳女の子と9歳男の子のママです。出産前は美容...

よんぴよままさん

5234735

4人の子どもに振り回されながらもイロイロ楽しんで...

著名人コラム連載中!

収納王子コジマジックの100均収納術
藤本美貴さんのお気楽Happy週間
会員登録

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

捨てる前に!ペットボトルの活用アイデアコンテスト
「ジブリの食卓 アーヤと魔女」レシピ 作ってみた♡投稿キャンペーン
腸元気♪納豆のアレンジレシピコンテスト