レンガで創作!!アプローチ縁取りの造り方♪

レンガで創作!!アプローチ縁取りの造り方♪
投稿日: 2017年5月25日 更新日: 2017年5月28日
閲覧数: 5,279
11 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
2016'9月より参加させて頂きました。 2013'7月に現在のリフォーム済み...
皆さんこんにちは。

我が家のお庭→駐車場への形はちょっと不便な形なのです!
建物の北側に道路があり、そこから車を入れたら建物東を通過して
更にメインの南側のお庭を横切り、西側方向の駐車場~
っと!!!いう感じなのです。。

将来的には南側にバイパスが通る予定なのですが・・・
こちらの道路も我が家より100m程先に出来る予定なので
我が家の駐車場には直接入れるかどうか???なのですね(´-ω-`)
いつになるか、入れるか分からないバイパスを待っていても仕方が無いので
今通っている動線をオシャレにしてしまおうと計画してみました(^_^)v
北側道路から駐車場へ行く為に横切るメインガーデンには
アプローチを作ろうと思います。

まずはアプローチの縁取りをレンガで造ってみました。

今回はそのアプローチの創作レンガの敷き方をご紹介しますね('◇')ゞ

材料

  • レンガ :必要分
  • 砕石 :適宜
  • モルタル :セメント1:砂3適宜
  • 異形鉄筋 :D10サイズ必要数
  • モルタル接着増強剤 :適量

下地を作る~砕石入れ突き固め

下地を作る~砕石入れ突き固め

まずはデザインを決め、土上に棒切れ等でイメージの線を引いてみます。
イメージ、デザインが決まったら下地となる基礎を造っていきます。

1.イメージしたライン上にレンガの幅の倍位の幅で深さ25~30cm位の溝を掘ります。

2.掘った溝の中を角材等を使って突き固めます。

3.更に砕石を15cm程入れ突き固めます。
※水を少量撒きながら突き固めるとしっかり締まります。

下地を作る~鉄筋型づくり

下地を作る~鉄筋型づくり

縁取りのレンガ敷の際はいつも下地のモルタルの中に鉄筋を入れています。
鉄筋を入れる事によって、地盤のゆるみや上からの重量等に対して下地となるモルタルのひび割れを防ぐことが出来ます。

1.上画像の工程で突き固め出来た溝の形に添って、真っ直ぐな鉄筋を曲げて形を造ります。

2.鉄筋の長さを継ぎ足す時は、重なりを10㎝以上重ね、結束線(針金等)で縛って繋ぎ合わせます。

3.この後モルタルを敷くので出来た鉄筋を一旦どかしておきます。


花壇の縁取りやレンガ敷の縁取りも同じ要領ですので応用してみて下さいね!

外構DIY☆レンガ花壇・天然石乱張りテラス・小路のコラボ~前編
外構DIY☆レンガ花壇・天然石乱張りテラス・小路のコラボ~前編
2016年9月30日
ウッドデッキ前の靴脱ぎテラス~小路を通りYの字で分岐し、テラス階段とレンガ花壇で 囲って乱張りの小路を繋げました! こちらの小路の中央程には既存の排水升が有った為、これを利用して小路に落ちる 雨水を効率よく流してしまう事にしました。 排水升に向かって緩やかに傾斜させフタの隙間から雨水が流れ込む様すり鉢状に しています。 花壇のレンガは緩やかにカーブを入れポイントでレンガ柱を立て、メリハリも付けました! 泥庭からの解放です(^_-)-☆
2016年9月30日

下地を作る~モルタルで下地をつくる

下地を作る~モルタルで下地をつくる

車や人が通る動線上なのでこのようにモルタル止めでしっかりとした縁取りにします。

1.この縁取りは乱張りの小路と高さを揃えるので、乱張り小路の高さから、レンガの厚み+モルタルの厚み3㎝程引いた高さまで下地にするモルタルを敷き込みます。(計算上で約3~5㎝程でしょう~)

2.モルタルを敷き終わったら上記工程で作った鉄筋を置き、少し食い込ませます。

3.鉄筋は鉄なので必ずモルタルの中に潜る様にして外気に当らない様にして下さい。


※鉄筋が最終的に完全にモルタルの中に入っていないと錆びてしまいます。
錆びるとその部分が酸化してモルタルの強度が落ち割れたり崩れてしまいます。

モルタル(セメント系)はアルカリ性なのでこの中にいる鉄筋は錆びません!

レンガを敷いていく

レンガを敷いていく

上記工程の上に更にモルタルを5㎝程盛り、レンガを敷いていきます。

画像の様に新たにアプローチの縁取りとするレンガと乱張り小路の縁取りのレンガの高さを揃えますので、レンガ同士の上に真っ直ぐな角材を載せ、水平器を使って高さを揃え水平出しをしながら敷いていきました。


創作レンガ敷

創作レンガ敷

イメージは枝とリーフ!!

レンガをカットしたり削ったり、割れてしまったレンガを少し加工してラインに強弱をつけました。

このイメージデザインが最終的には北側の道路側まで続く計画です。

全体です

全体です

1番目の塗り壁フェンス裏の花置台よりフェンスを貫通して、このアプローチへ繋がります。


レンガで造る花置き台?♪小テラスの枠組みの造り方♪
レンガで造る花置き台?♪小テラスの枠組みの造り方♪
2017年3月31日
小さな塗り壁フェンスの裏側(駐車場側)にレンガで囲った石張り天板の花置きスペースを造ります! 駐車場へのアプローチ縁取りと塗り壁とを一体にするデザインで小さな小さな石張り天板のテラスをDIYしていきます。 この部分はレンガ積の手順と同じなのでレンガ花壇やレンガ壁にも・・・ 更に大型のテラスなんかにも流用が出来ちゃいます! この位の面積ですと資材も比較的安価なので手軽にDIY出来ますが 完成の外観は価格以上の物になります 天板は以前作った天然石張りテラス階段とお揃いでアルビノイエロー天然石の乱形張りで張っていきたいと思います。 今回はこの小テラスの枠となるレンガの積み方をご紹介します。
2017年3月31日


【ステップ12】自作コの字レンガとスライスレンガを使った壁面装飾編!《塗り壁フェンスDIY!》
【ステップ12】自作コの字レンガとスライスレンガを使った壁面装飾編!《塗り壁フェンスDIY!》
2017年3月31日
塗り壁フェンスをDIYしている中で、仕上がりにアクセントを付ける為 スライスレンガとコの字型レンガを自作しブロック塀の壁面に装飾しました!! 1番目の塀と2番目の塀の間は4mほど開け駐車場へのアプローチとした為、 こちらにも塀からの続きでレンガワークをしていきます。 今回はコの字レンガのカット方法と壁面装飾の様子をご紹介します!!
2017年3月31日


レンガで造る花壇!創作花壇の造り方?
レンガで造る花壇!創作花壇の造り方?
2017年4月17日
4月に入り季節も”春”って感じになってきました? 今週は初夏に近づく暖かさになりそうですね♪ ”春”と言えばお花の季節でもあり、あちこちにお花が華やかに咲き始めます! お家に花やグリーンがあるだけで気持ちも穏やかに何かワクワクもしてきます。 そんなお花達を引き立てる役目が花壇だったりポットだったり。。。 今回は容にとらわれずに自由な発想で造った我が家の花壇DIYのご紹介をします。 っと言っても・・・ まだまだ進行中のDIYですが・・・(;^ω^) レンガを中心に創作した花壇!?です!
2017年4月17日

アプローチ縁取りの創作レンガ敷完成~

アプローチ縁取りの創作レンガ敷完成~

塀からの一体でここの部分の縁取りが完成で~す(^_-)-☆


普段から車が出入りする場所なので、少しづつ進めていこうと思います。

コツ・ポイント

私の住む長野県では冬場の氷点下において地面(地下)が凍りつき、凍結により地面が持ち上がります。
私の地域では砂決めや単に置いただけのレンガでは冬場になるとレンガが持ち上がり凸凹になってしまいます


この様な地域や場所では凍結深度以下まで砕石を入れ、モルタル(又はコンクリート)に鉄筋を入れる事により凍害を避けられます。
冬場の地温がマイナスにならない地域では溝掘りも浅くて大丈夫です。

インターネットで『凍結深度』を検索すると、各地域別の凍結の深さが分かるので参考にしてみて下さいね!

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード