お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

プレスリリース

高級西洋なし「ル レクチエ」、今年の解禁日は11月21日に決定!

お歳暮やパーティーシーズンの贈答品として高く評価

JA全農にいがたは、新潟県特産の高級西洋なし「ル レクチエ」の販売解禁日を11月21日に決定いたしました。県産「ル レクチエ」は、早出し競争による品質低下を防ぐため、JAグループの自主的な取組として販売解禁日がもうけられています。


「ル レクチエ」は、皮が薄く、傷つきやすいデリケートな性質のため、栽培には繊細な技術と環境が求められます。生産量が限られ、出荷時期が約1ヵ月と短いため、希少価値が高く、高価なもので1玉4,000円の値が付けられるものもあります。その希少性と、甘くとろみのある上品な口当たり、芳醇な香りといった特長から、お歳暮など贈答品として高く評価され、華やかなパーティーシーズンにぴったりの果物です。
「ル レクチエ」

「ル レクチエ」



他の西洋なしと比べて追塾期間が長く、例えば、「ラ・フランス」の追熟期間は15~20日間ほどですが、「ル レクチエ」は約40日間の追熟期間を要します。10月中~下旬ごろからの収穫作業ののち10~15℃で管理することによって、表皮が緑色から山吹色に変化し、高い糖度ととろけるような果肉、
独特な甘い香りが生まれます。


「ル レクチエ」は、フランス生まれの西洋なしで、日本では明治36年(1903年)に新潟県で栽培されはじめました。当初、栽培に試行錯誤を繰り返していましたが、デリケートな果実をひとつひとつ袋をかけて大切に栽培するなど、産地をあげて本格的な栽培に取り組み、平成に入った頃、安定的に出荷できるようになりました。こうして新潟県は本国フランスをもしのぐ「ル レクチエ」の一大産地へと発展しました。現在、国内における「ル レクチエ」の8割が新潟県で生産され、県における「ル レクチエ」の年間生産量は約1,600トンにのぼります。




【ル レクチエの概要】
・名称   :「ル レクチエ」
・販売解禁日:11月21日
・収穫時期 :10月中旬~下旬
・販売期間 :11月21日から約1ヵ月
・販売場所 :首都圏・中京・関西の百貨店、果物専門店 など
・価格   :1玉平均300~500円ほどで、贈答用高級果実として高く評価される
・色    :追熟で緑色から山吹色に
・味    :濃厚な甘みと適度な酸味
・香り   :甘い香水のような芳醇な香り
・形    :首の部分がくびれた、エレガントな外観
・食感   :とろみがあり、なめらかな口当たり

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
暮らしニスタとは?
よくある質問

インタビュー

特に今、注目したい暮らしニスタを"姫ニスタ"と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

Vol.30 SHIMAさん | 今月の注目姫ニスタさんインタビュー!
vol.30

SHIMA さん

フードディレクター、料理研究家、料理ブロガー、料理YouTuber、六本松蔦屋書店の食のコンシェルジュ。お料理のモットーは「簡単、時短、お洒落」。料理が得意じゃなくても料理が楽しめるようなレシピが人気。福岡県在住、夫&愛犬と暮らす。

家計簿
公式アカウント

暮らしニスタの最新情報をお届け


開催中! 暮らしニスタ

コンテスト

CONTESTS

コンテスト

第2弾!~和豚もちぶたタイアップ企画~豚肉のおいしい!レシピコンテスト♡
サンドイッチのおべんとうレシピコンテスト
賞金総額50万円!+豪華企業賞「暮らしニスタ大賞2018」
衣類の収納アイデアコンテスト
フェイクグリーンのプチインテリアコンテスト