ミントたっぷり!自家製モヒートはこうして作る

ミントたっぷり!自家製モヒートはこうして作る
投稿日: 2022年7月25日 更新日: 2022年11月29日
閲覧数: 2,642
17 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライター/料理人。息子、夫、ロングヘアード・ワイマラナーと4人で、極...
バルコニーに植えているミントたちがにょきにょき増えてくる夏。
早く収穫しないと暑さにやられて枯れちゃうよ、と訴えかけてきます。
スーパーに並ぶミントにも、なぜだか自然と視線がいってしまう。

そうです、夏です、モヒートの季節です。

ホワイトラム、炭酸水、ライム、ブラウンシュガー、そしてミントたち。
たっぷり作ってごくごくいただきましょう。

材料

  • ホワイトラム :50ml
  • 強炭酸 :50ml
  • ミント :20枚程度
  • ライム :1/2個
  • ブラウンシュガー :適量
  • 飾り用ライム :適宜

キューバ生まれのロングカクテル、モヒート

ヘミングウェイが愛したことで有名なモヒート。
キューバの首都ハバナが発祥の地で、レシピはいくつかあるようです。

まずラム酒について。
19世紀後半はバカルディのホワイトラムを使うのが正式なレシピでしたが、キューバ革命の影響でバカルディ社がキューバから撤退したため国内で飲まれるモヒートはハバナ・クラブが使われているんだそう。
日本では、バカルディかハバナ・クラブのホワイトラムを使っとけば問題なし!

ミントはイエルバブエナという種類。
別名モヒートミントともいわれるほど、モヒートいえばこれ!なのです。
スーパーとかで普通に見かける種類ではありませんが
苗木は売っているので私はバルコニーで育てています。

イエルバブエナはそもそもスペアミントとパイナップルミントの交配種らしいので、一般的には入手しやすいこれらを使うとよいかと思います!

ライムもミントも優しくつぶします

ライム1/2個は縦横半分に切り、4切れの状態にします。

グラスに、カットしたライムとブラウンシュガーを入れ、
すりこぎなどでライムの果肉部分をつぶして果汁を出します。
ガムシロを使うと楽に溶けますが、やっぱりブラウンシュガーがおいしいです。

ミントは軽く洗ってから先ほどのグラスに入れ、
すりこぎで優しく押すようにして香りを出します。

つぶしすぎると苦味が出るので、つぶすというより押す感じ。
両手でパン!とたたいて香りを出すのもありです。

氷→ラム酒を入れたら一度ステアし、最後にグラスになみなみと強炭酸を入れて、もう一度混ぜ混ぜしたらできあがり。

ライムとミントがさわやかで、甘さも自在な自家製モヒート。
グリーンの色合いに炭酸のプチプチで、ルックス自体も「夏」満載です。

これからの季節はとくにおいしくいただけますね。

コツ・ポイント

グラスの側面にスライスしたライムを飾ると、見た目もさわやか♡
最後にミントの葉をトッピングするのもおすすめです。

SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード