フレアパンツのお作法はヘアゴム2本で完結

フレアパンツのお作法はヘアゴム2本で完結
投稿日: 2021年5月19日 更新日: 2021年6月7日
閲覧数: 82,543
6 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
WEBライター、ブロガー、ハンドメイド作家(←new)、と3足のワラジをせ...
太ももが張っている私にとってワイドパンツやフレアパンツは必需品!
たくさん持っていますが、案外動きにくいのが悩みです。
特に困るのが、自転車に乗るときとトイレに行くとき。
同じ悩みを持っている人は、ぜひヘアゴム2本をご用意いただいてお読みください。

フレアパンツを履くときに困ること

フレアパンツは履きやすいし体型をカバーしてくれる私の強い味方!
…なんですが、ヒラヒラの裾でこんなことに困りませんか?
・自転車が漕ぎにくい
・トイレの時に床に裾がつきそう
・雨の日に裾が濡れちゃう
・アクティブな作業をするときに邪魔になっちゃう
ふわっとしている分ちょっと生活するのに困ることが多いんですよね。

ヘアゴム2本で解決します!

ヘアゴム2本で解決します!

このお悩み、ヘアゴム2本で解決できます。
まずは膝にピッタリになるサイズにヘアゴムを2本用意し、膝にセットします。

写真がぼやけてて失礼!
ヘアゴムにパンツの裾を入れちゃいます。
ぐるっと一周入れてください。
トイレはこの状態だと床に着くことなく安心ですよ♪

外に出るなら形を整えて

外に出るなら形を整えて

ちょっとこのままだと不恰好。
外には出にくいので見た目を改善します。
上から引っ張って裾の3センチくらいのところにゴムがくるように調整します。

手を離すと、裾が内側に収納されました!
これだと自転車に巻き込まれることもなく、すごく急いでるときにガシガシ漕いでも大丈夫!
雨の日にも快適に歩けます。
見た目的にもそこま変ではありません。

用事が済んだらズボンを上から引っ張って裾のゴム解除!
※しわになりにくいフレアパンツでお試しください。

コツ・ポイント

輪ゴムでもいいのですが、生地との相性を考えるとヘアゴムの方が良さそうです。
ぶかぶかすぎると外れてしまう恐れがあるので、できるだけぴったりサイズをご用意ください。



SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード





プレゼント&モニター募集