【クローゼットのデッドスペース活用法!】カラーボックスでかばん収納

【クローゼットのデッドスペース活用法!】カラーボックスでかばん収納
投稿日: 2017年8月31日 更新日: 2017年11月29日
閲覧数: 24,287
39 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
兵庫県在住 ライフオーガナイザー/クローゼットオーガナイザー 小学5...
兵庫県のライフオーガナイザー®&クローゼットオーガナイザー®
原田ひろみです。

クローゼットの扉をあけるとできる使いにくいデッドスペースの活用法 第二弾!
スリムなカラーボックスでつくるバッグ収納についてご紹介します。

折り戸タイプのクローゼットは端のスペースが使いにくい

折り戸タイプのクローゼットは端のスペースが使いにくい

折り戸タイプのクローゼットは扉を開けるとどうしても両端に扉の厚みの分だけデッドスペースができちゃいます。

デッドスペースが30cm

デッドスペースが30cm

引き出しケースは引き出すと扉にあたってしまうため、端まで寄せて置けません…残念

スリムなカラーボックスを活用

スリムなカラーボックスを活用

棚の位置が変えられる幅20cmのスリムなカラーボックスを活用!

空いていたデッドスペースにバッグを収納する場所をつくります。

カラーボックスは奥行きが浅いこと、高さに余裕をもたせたことで、こちらにバッグを入れても出し入れに不便さはありません。

バッグを収納する定位置ができたことで”出しっぱなし”もなくなりました。

「モノの定位置をつくる」って大切!
片づけが維持しやすくなりました。

コツ・ポイント

「使いにくいデッドスペースはあえて開けておく」という選択もありますが、私は無理なくおさめることができるなら活用します。

クローゼットのデッドスペース活用法
第一弾はこちら

簡単にできる!100均のつっぱり棒でクローゼットのデッドスペースがベルト収納に!
簡単にできる!100均のつっぱり棒でクローゼットのデッドスペースがベルト収納に!
2017年7月25日
兵庫県のライフオーガナイザー®&クローゼットオーガナイザー® 原田ひろみです。 クローゼットの扉を開けるとできる使いにくいデッドスペースに突っ張り棒を使って有効活用しています。 100均グッズで簡単にできるデッドスペースを活用したベルト収納をご紹介します。
2017年7月25日

洋服クローゼットに穴を開けなくてもできるデッドスペースの活用法です。



SNSでシェア
詳しく見る