【ランドセルはどこに置く?】3年間迷走した我が家の変化

【ランドセルはどこに置く?】3年間迷走した我が家の変化
投稿日: 2017年4月20日 更新日: 2019年1月31日
閲覧数: 31,269
43 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
はじめまして横田ちひろです。2013年~主に乳幼児のご家庭にあった片づ...
こんにちは!兵庫宝塚の暮らし整えサポーター横田ちひろです。新学年いかがお過ごしですか?

さて、つい置きっぱなしになりがちなランドセル。置き場所や収納に困りますよね。我が家でも、小学校入学から試行錯誤を繰り返し、3年かけてこの度やっと落ち着きました(;^ω^)

今日は、その変遷!我が家の長ーい親子バトル(笑)と試行錯誤の歴史をご紹介します♪

小学校入学当初

小学校入学当初

娘の部屋は、リビング続きの和室です。小学校入学当初は、その和室にある学習机の椅子の下を、ランドセル置き場にする事にしました。

しかし、これが無理だったんです(;´・ω・)

なぜなら・・・

なぜなら・・・

学校から帰ってきた娘は、玄関からリビングに直行し、まず床にどさっとランドセルを置き、中身をぶちまけ、連絡帳を出します。

そこから学習椅子までの距離が遠く、戻すのが面倒で、つい床におきっぱなしに。

しかも、椅子の下にランドセルを置くと、椅子が重くなってしまうのも”戻せない”原因でした。

”おきっぱなし”付近を住所にしよう!

”おきっぱなし”付近を住所にしよう!

次に、「じゃあ、おきっぱなしにする場所に、ランドセル置き場を移動しよう!」という事で、和室とリビングの境目に住所を変えました。

ちなみに教科書収納も、入学当初は学習机付近にあったのですが、この時点で一緒に場所を移動しました。

しかしこれは、見た目に私がNG!

しかしこれは、見た目に私がNG!

で、娘本人はすこぶる満足していたのですが、これには私がイライラ。

だって、リビングからランドセルが丸見え!置き方もこんな感じなんです!!

その上、時間割の準備になれてきた娘は、出し入れが頻繁な教科書は「棚の上に置きっぱなしにしたい」と言い出し、さらに見た目がごちゃごちゃに。

この時期、

私「片づけなさい!」
娘「これで片づいてるやん!」

という、親子バトルが繰り返されました(;´Д`)

親子の「心地よさ」を求めて

親子の「心地よさ」を求めて

という訳で、この春休みに親子二人で話し合い、ランドセル収納をニトリのカラーボックス(2段)で作ってみました。

ニトリのカラーボックスは棚板の位置が調整できるので、出し入れを考えて上段の棚は、ずらして使用。おかげで、ランドセルを雑にほおりこんでも、楽に収納出来るらしく、これには娘も大満足。

下段には、ハンカチ・ティッシュ・給食袋と体操服と、ご用意に必要な物をまとめて収める事にしました。

教科書もおきっぱなしでOK!

教科書もおきっぱなしでOK!

置きっぱなしの教科書も、ニトリのボックスに隠れて、リビングからだと、まったく見えません。

見た目もOK!

見た目もOK!

ランドセルも、リビングからだと赤色が少し見えるけど、これ位なら私の許容範囲です。

これでようやく3年かかって「ランドセルを決めた場所に戻せる」ようになりました。

コツ・ポイント

ああ、ここまで長かったー(^▽^;)

ほんと、子どもの環境って、試行錯誤の繰り返しですね・・・。小学校生活半分を費やして、やっとこさ落ち着いた我が家の「ランドセル置き場と収納」。参考になりましたでしょうか?

私はお片づけの仕事をしていますが、子どもの環境に限っては、私が最初から素晴らしい仕組を用意する。というのは”違う”と思っています。

みなさんも、お子さんと沢山話し合って、おうちの環境づくり頑張ってくださいね!



SNSでシェア
詳しく見る