無印良品VSニトリのファイルボックスを徹底比較

無印良品VSニトリのファイルボックスを徹底比較
投稿日: 2016年12月28日 更新日: 2017年11月28日
閲覧数: 6,002
15 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
小中高の4児の母です。子育ても自分時間も楽しむ!をモットーに、心地...
ただいま家の収納を見直していて、ファイルボックスを取り入れようと思っています。

そこで候補なのが、無印良品とニトリの商品です。

(右)無印良品:ポリプロピレンファイルボックス スタンダードタイプ・A4用
(左)ニトリ:A4ファイルケース

どちらにしようか決めるため、いろんな面から比較してみました。

《色》

無印:ホワイトグレーというだけあり、少しグレーの色味がある

ニトリ:真っ白なホワイト

《形》

《形》

無印:ボックス型

ニトリ:真ん中が凹んでいるボックス型

《厚さ》

無印>ニトリ

無印の方がしっかりしています。


《サイズ》

無印:約幅100×奥行き320×高さ240mm

ニトリ:約幅100×奥行き315×高さ240mm

奥行きに5mmの違いがあります。

《バリエーション》

無印:透明のタイプや、ワイドのサイズもあります。

ニトリ:1種類のみ

《価格》ここが重要です!

無印:税込700円

ニトリ:税込410円

1個あたり290円の差があります!
特にまとめて揃える場合、この差は大きいです。

《収納検証》

《収納検証》

実際に収納する予定のものをそれぞれのファイルケースに入れてみました。

学校の教科書:無印〇 ニトリ〇
子供用ドリル・テキスト:無印〇 ニトリ〇
雑誌:無印〇 ニトリ〇
A4のプリント:無印〇 ニトリ〇
A4ファイル:無印〇 ニトリ△
A4クリアケース:無印〇 ニトリ△

このようにA4用のファイルやクリアケースは、ニトリのファイルケースだとぴったりなので、たくさん入れた場合取り出しにくくなりそうでした。

サイズ5mmの差は、ここに影響しそうです。

ただ、凹みがある分ニトリの方がそれ以外は取り出しやすそうです。

《私の見解》

無印

・よく取り出すA4ファイルやA4クリアケースの収納
・スタンダードとワイドを組み合わせて使いたい
(・透明でそろえたい)
・重いものの収納(耐久性がありそうです)

ニトリ

・お金をかけずにたくさんそろえたい
・ホワイトで統一させたい
・保管用のA4ファイルやそれ以外のものの収納

コツ・ポイント

何を収納したいのか、どのような収納スタイルにしたいのかをイメージした上で、予算にあわせて選ぶといいと思います☆


SNSでシェア
詳しく見る