[リユース] おもちゃが高く売れるちょっとしたコツ

[リユース] おもちゃが高く売れるちょっとしたコツ
投稿日: 2016年11月29日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 1,047
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
小中高の4児の母です。子育ても自分時間も楽しむ!をモットーに、心地...
子どもの成長に伴い、おもちゃを見直しています。

ちょっと前まで楽しそうに遊んでいたおもちゃ、捨ててしまうのは忍びない気もします。

お下がりとしてあげるのも、ニーズにあえばいいのですが、きちんと相手の意向を確認しないと迷惑になってしまうこともありますよね。

そこで欲しい人が自ら選んで買えるヤフオク(Yahoo!オークション)やメルカリ(フリマアプリ)で売るようにしていますが、経験からちょっとのことでより高く売れるコツをまとめてみました。

1.すぐに遊べるようにセットで売るとよいです!

今回、トミカの収納できるタンクローリーを売りたくて、オークファンで相場を見てみたら、単品よりもトミカのミニカーとセットになっている方が高く売れていたので、セットにして1円~売ってみたら、予想より高値で売れました。

プラレールなら線路とセットで売ると、届いたらすぐに遊べてよいみたいです。

オークションについてはこちらもご参照くださいね。

【ヤフオク・メルカリ・アッテ】高値で売れる!値段のつけ方のコツ【リユース】
【ヤフオク・メルカリ・アッテ】高値で売れる!値段のつけ方のコツ【リユース】
2016年11月29日
リユースとして捨てずに他の方に使ってもらえるだけでも十分嬉しいのですが、高く売れたら、なおさら嬉しいですよね。そこで、ご存知の方も多いと思いますが、値段のつけ方をまとめてみました。
2016年11月29日


2.現在市販されていないものほど高値になります!

現在買えないものほど、希少価値があり、プレミア価格で売れたりします。

特に、売っていた当時から限定品など数が出回っていないものは、更に高く売れます。

3.定番品は値崩れしません!

トミカ・プラレールなど昔からある定番品は、多少使用感などあっても安定した値段で売れます。

コツ・ポイント

もう子どもが遊ばなくなったおもちゃ、多少使用感があってもリユースをしてみると、思いがけないお小遣いになるかも☆

いらなくなったおもちゃ(小学生以上になればゲームソフトなども)を子供に自分で選ばせて売って、それで次に欲しいおもちゃを買うというもの、おもちゃが増えず循環ができてよいと思います。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード