フリマ出店準備/値段の付け方

フリマ出店準備/値段の付け方
投稿日: 2016年10月30日 更新日: 2017年3月6日
閲覧数: 18,593
11 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
こんにちは! Montanaです。 暮らしを楽しむことが好きです。 ESSEプ...
我が家でサイズアウトした子供服は、お下がりとして姪っ子たちにあげているのですが、季節やサイズが合わなかったり、その子の好みでなかったりと、どうしても残ってしまう服があります。
とはいえ、まだ着られるので、捨てるにはもったいない。
(中には着用感があまりないものも、、、)
そこで、フリーマーケットに出店し、売ってみることにしました。

今日は出店準備のひとつ、値段付けをしました。
フリーマーケットへ出店する際、あらかじめ商品に値段をつけておくと、当日のディスプレイや販売がスムーズになるのです。
また、値段がはっきりしていれば、立ち止まって見てくださるお客さんも増えます。
私がしている値段の付け方は3種類。
①段ボールでまとめて値付け
②ボードでまとめて値付け
③1点ずつ値付け
①、②は手間がかからず、簡単にできます。
③は手間がかかりますが、この値段で売りたい!!と思った割と高いものに向くと思います。

出店したら、またレポートを書きますね。

段ボールでまとめて値付け

段ボールでまとめて値付け

段ボールで商品を値段ごとに分けて、段ボールごと値段をつける方法です。
分かりやすく、準備も楽々。
さらに、荷物が段ボールでまとまっているので、搬入時に運びやすく、当日は自分のブースでこの段ボールを並べるだけでOK。
ディスプレイも簡単です。
値下げして販売したいときは、マジックで簡単に金額訂正できます。

ボードでまとめて値付け

ボードでまとめて値付け

自分のブースにどどーんと商品を並べ、ボードで値段を表示する方法です。
分かりやすく、準備も楽々。
細かく値段をつけたいときには不向きですが、種類ごとやおおまかに値段をつけたい時に向いています。
値下げして販売したいときは、マジックで簡単に金額訂正できます。

1点ずつ値付け

1点ずつ値付け

商品1点ずつに値段をつける方法です。
手間がかかりますが、1点ずつの値段がはっきりします。
この値段で売りたい!というものに向いています。
単語帳のような小さな紙を使ったり、マスキングテープで値段をつけたりできます。
私はハンドメイド品にはこの方法で値段をつけますが、洋服などのリサイクル品には手間がかかるので、この方法は使いません。

コツ・ポイント

フリマには出店するのも、遊びに行くのも好きです。
ふれあいフリーマーケットの実行委員もしています。

エコ活動をしています!
エコ活動をしています!
2016年10月26日
ふれあいフリーマーケットの実行委員をしています。 主婦4名で構成される実行委員会は、できることからエコ活動をモットーに楽しく活動しています。 具体的な活動としては、 ①フリーマーケットの定期開催(2回/年) ②廃油石鹸作り、無料配布 ③エコ工作/手芸のワークショップ開催 ④グリーンカーテンの推進(ツル植物の苗を無料配布) 仕事や家事、子育ての合間に楽しく活動しています。
2016年10月26日


SNSでシェア
詳しく見る