さくさく☆ヘルシーお菓子「クロッカン」レシピ

さくさく☆ヘルシーお菓子「クロッカン」レシピ
投稿日: 2015年5月22日 更新日: 2017年10月28日
閲覧数: 68,295
75 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
主婦の友社のお料理の本からベストレシピをセレクト、スタッフが自分で...
「名前は聞いたことがあるけどどういう食べ物かわからないシリーズ」! クロッカンとはフランス語で「カリカリとした」という意味。英語だとクリスプに該当します。このお菓子のポイントは「油脂を使っていない」点。体重が気になる~、でもお菓子を手作りしたい~という方にはおすすめですよ!

■材料■(直径約6cm 20個分) 
アーモンド(ホール) 50g 
くるみ 50g 
アイシング 卵白 25g(約1個分)
粉砂糖 125g
薄力粉 40g 
<A> 卵白 小さじ1
    粉砂糖 適量

材料 (20個分)

  • アーモンド(ホール) :50g
  • くるみ :50g
  • アイシング 卵白 :25g(約1個分)
  • 粉砂糖 :125g
  • 薄力粉 :40g

1 下準備

1 下準備

アーモンドとくるみはクッキングシートを敷いた天板に広げ、170度にあたためたオーブンで7分焼く。あたたかいうちにあらく刻み、冷ます。 天板に再びクッキングシートを敷く。150度に予熱開始。

2 アイシングを作る

2 アイシングを作る

ボウルに粉砂糖を入れて卵白を加え、泡立て器で粉砂糖が完全にとけるまでまぜ合わせ、アイシングを作る。

※泡立てる必要はありません。ダマがなくなるよう溶いてください。

3 薄力粉をまぜる

3 薄力粉をまぜる

こし器に薄力粉を入れてふるい入れ、ゴムべらで粉が見えなくなるまでまぜる。

※ダマになりやすいので、ここはめんどうでもふるってください。
製菓道具がお手元にない場合は目の細かいざるや茶こしなどを活用して。

4 ナッツをまぜる

4 ナッツをまぜる

アーモンドはあまり粗すぎても歯ごたえが強すぎるので、適度に小さく刻んでください。
特筆するほどの難しさやコツはない工程です。
全体的にクロッカンはそれほどコツがいるお菓子ではなく、失敗しにくいと言えます。

5 棒状にまとめて切る

5 棒状にまとめて切る

手でひとまとめにし、直径約3cmの棒状にまとめ、20等分に切る。

※卵白量は一定ではないので、ここでまとまらない場合は薄力粉を打ち粉にしてください。

6 天板にのせてつぶす

天板に間隔をあけて並べ、指先で押して平らに広げる。
天板に入りきらないときは2回に分けて焼く。(オーブンが2段の場合は、2枚の天板で一度に焼く)

7 仕上げをして焼く

7 仕上げをして焼く

Aの卵白をはけで薄く塗り、粉砂糖を茶こしに入れてふるいかける。150度にあたためたオーブンで30分焼き、冷ます。

8 できあがり!

8 できあがり!

歯ごたえサクサク、カリカリのお菓子です。
アーモンドはあまり粗すぎない刻み方のほうが食べやすく仕上がります。
紅茶よりもコーヒーが合いそう。

工程を失敗しにくいのと、寝かせる時間がなくすぐに完成すること、手がこんで見える割に簡単なのとで、たまに作るプレゼントお菓子としてオススメ!

焼き上がりサイズも大きめなので、セロファンで個包装すればぐんとフォーマルに。

コツ・ポイント

もし粉砂糖がたまたま足りない場合、グラニュー糖をミキサーやミルサーにかけると粉砂糖を作ることができます。モーターの熱でとけないよう様子を見ながら、機種や量にあわせて1分から5分程度。



SNSでシェア