お知らせがあるとここに表示されます

コメントがあるとここに表示されます

編集部からの連絡

編集部からの連絡があるとここに表示されます

プレスリリース

【銀座 蔦屋書店】第24回岡本太郎現代芸術賞大賞受賞の大西茅布による個展「人間の森のなかで」を7月16日(土)から開催。受賞作「レクイコロス」(コア部分)ほか、新作も展示。

銀座 蔦屋書店(東京都中央区 GINZA SIX6F)は、大西茅布個展「人間の森のなかで」 を7月16日(土)から7月27日(水)の期間に開催いたします。会期前半には岡本太郎現代芸術賞の大賞にあたる「第24回岡本太郎賞」を受賞した「レクイコロス」(コア部分)、後半には新作「今日の神話」をメインとした最新の作品群を展示いたします。


組作品「森の愛」左「Part1-エロス-」右「Part2-タナトス-」




概要


岡本太郎の遺志を継ぎ、次代のアーティストを顕彰する岡本太郎現代芸術賞(通称「TARO賞」)において、2020年度、史上最年少の18歳で、大賞である「第24回岡本太郎賞」を受賞した大西茅布。「レクイエム」と「コロナウイルス」を組み合わせた造語「レクイコロス」と題した合計60枚の絵画からなるインスタレーションを発表し、注目を集めました。

本展では、東京藝術大学在学中の直近半年間で描かれた作品を中心に、メイン展示を会期の前後半に分け、ご紹介いたします。会期前半には岡本太郎賞受賞作「レクイコロス」のコア部分、後半の7月21 日(木)からは岡本太郎の作品「明日の神話」へのオマージュの意味を込めた新しい組作品「今日の神話」の「昼の絵」「夜の絵」を展示。「昼の絵」には、独特な解釈による「真・善・美の完備した楽園」が、「夜の絵」には逆の世界として、巨大な武器を中心に生命と霊魂が翻弄される姿が描かれ、組作品として眺めると「昼」と「夜」を貫く存在として、岡本太郎の太陽の塔が描かれています。

後半のもうひとつの見どころは、組作品「森の愛」の「Part1—エロス—」「Part2—タナトス—」。会場中央の 天井から吊るされ、東京藝大の森に展示された最初の姿を再現いたします。大阪の高校生としての作品である「レクイコロス」から東京藝大生としての最新作「森の愛」以降までをご覧になることで、作者が「大阪から東京に来て作風がかなり変わった」と語るその画風の変遷もご鑑賞いただけることと思います。

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/27492-1713080628.html
「今日の神話」より「昼の絵」「夜の絵」



「人の森」



アーティストステートメント

私の大学の小林正人教授が「この星のアート」という言葉をよく口にされる。この言葉を自分で口にしてみると、私の存在がこの星・地球にすこし根がのびるのを感じる。

 先日の小林先生のゼミで私は「森の愛」という組作品を提出した。東京藝大には広くはないが古木の鬱蒼とした「森」がある。私には「この星のアート」というような大きな物はまだ作れないが、「この森の絵画」とでも言えるものを作ってみたかった。提出日、梅雨の曇り空の日だったが、大学の森の中に絵を展示して、先生や友人に見てもらった。私にとっては、森の霊気と大学の人々の生気につながって、私の作品が命を得たような気がした一瞬であった。

 このたび、人間的エネルギーの密集する銀座のど真ん中で、無数の書物に囲まれながら私の作品を展示できる喜びを強く感じる。私の作品が、この街のアートになり、この東京のアートになり、そしていつか「この星のアート」にまで成長できればいいと思う。 


大西茅布


作品販売について

展示作品の一部は、銀座 蔦屋書店の店頭およびアートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術手帖」にて、2022年7月16日(土)12:00より販売開始いたします。

※作品はプレセールスの状況により、会期開始前に販売終了することがあります。
OIL by 美術手帖 https://oil.bijutsutecho.com/gallery/730


アーティストプロフィール


大西茅布

大西茅布(おおにし ちふ)

2003 大阪府生まれ
2021 東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻入学

受賞歴
2015 史上最年少(小学校6年)で独立展入選
2021 史上最年少(高校3年)で岡本太郎現代芸術賞 岡本太郎賞(大賞)受賞

個展
2021「レクイコロス礫塊」ルンパルンパ(金沢)
2021「How Was Chifu Made?」Bohemians Guild、Bunpodo Gallery(東京)
出展
2022 アートフェア東京、ボヘミアンズギルド出展
2022 岡本太郎記念館、受賞作家新作特別展示


展覧会情報

大西茅布個展「人間の森のなかで」

期間|2022年7月16日(土)~2022年7月27日(水)
時間|11:00~20:00 ※会期最終日のみ、18:00閉場
会場|銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
入場|無料
主催|銀座 蔦屋書店
協力|ボヘミアンズ・ギルド
お問い合わせ|03-3575-7755(営業時間内)/info.ginza@ccc.co.jp

特集ページ|https://store.tsite.jp/ginza/blog/art/27492-1713080628.html


銀座 蔦屋書店

本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。

(C) 2017 Nacasa & Partners Inc. all rights reserved.


住所|〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号|03-3575-7755
営業時間|店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ| https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook|https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter|https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram|https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/


CCCアートラボ

私たちは、企画会社カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社の中でアートに関する事業を行う企画集団です。「アートがある生活の提案」を通じてアートを身近にし、誰かの人生をよりハッピーにすること、より良い社会をつくることに貢献したいと考えています。店舗企画やアートメディア、商品開発やイベントプロデュースなど、長年の実業経験を通して培った知見をもとに、専門的なアプローチで企画提案を行います。
https://www.ccc-artlab.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
暮らしニスタ★主婦Stars

姫ニスタインタビュー

特に今、注目したい暮らしニスタを"姫ニスタ"と命名。素敵なアイデアが生まれる背景や、そのキャラクターを探ります。

Vol.58 MaMan*さん| 今月の注目姫ニスタさんインタビュー!
vol.58

MaMan* さん

ハンドメイドアイデアクリエイターとして、雑誌やテレビのハンドメイド企画の監修などを手がけるMaMan*さん。暮らしニスタでも、身近な素材を使ったかわいいだけでなく実 用性もあるものづくりのレシピが好評。ご主人と高校生の長女、中学生の次女との4人暮らしです。

RIRICOCOさん
vol.57

RIRICOCO さん

にじいろ工房さん
vol.56

にじいろ工房 さん

AKKOさん
vol.55

AKKO さん

暮らしニスタとは?
よくある質問
暮らしサポーター

暮らしニスタの最新情報をお届け