包まないお稲荷弁当

包まないお稲荷弁当
投稿日: 2022年1月8日 更新日: 2022年11月25日
閲覧数: 10,812
5 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
こんにちは! Montanaです。 暮らしを楽しむことが好きです。 ESSEプ...
宮田とうふ工房(宮田村)さんの油揚げを使った「包まないお稲荷弁当」です。
平日毎日、家族3人分のお弁当を作っていますが、飽きないようにちょっと工夫したお弁当も作ります。
ご飯を詰めるだけではなく、おにぎり弁当にしたり、のっけ弁当にしたり。
お稲荷さんも美味しいけれど、朝は忙しくて作る時間が、、、。
そこで、たまに作るのが「包まないお稲荷さん」
前日に油揚げを煮ておき、朝は寿司飯にのせるだけです。
これなら簡単、時短になるだけでなく、毎日のお弁当に変化がつけられて家族も喜んでくれます。

ちなみに、このお弁当のおかずには「油揚げのくるくる巻き」を入れてあります。

宮田とうふ工房さんの油あげ

宮田とうふ工房さんの油あげ

宮田とうふ工房さんは、地元産のナカセンナリ(大豆)を使用した豆腐や油揚げなど、大豆商品を製造・販売しています。
美味しいのはもちろん、パッケージも可愛いです。

「豆乳(にがり付き)」で作った豆腐の美味しさにはビックリしました。
(自宅で簡単にこんなに美味しいお豆腐ができるなんて!!)
https://mtoufu-kobo.co.jp/shop/detail/29

油揚げを煮る

油揚げを煮る

油揚げをザルに入れ、熱湯をかけて油抜きする。
小鍋に水、だしの素、しょうゆ、砂糖、みりんを入れ、沸騰したら、油揚げを入れて煮る。

これを作っておき、翌日は寿司飯(かんたん酢やだしまろ酢を使えば簡単、塩こんぶや白ごまを少々いれても)を作り、煮ておいた油揚げをのせ、お弁当に。

コツ・ポイント

家族が別々の場所で食べるお弁当。お昼にほっと一息できるお弁当を目指して、日々研究中。
手間のかかるデコはやりませんし、フルタイム(残業の毎日、、、)なので、朝はとても忙しく、お弁当作りは時短になるよう、前日までに下準備しておくのが鉄則です。
日々のお弁当はインスタグラムに投稿しています。
https://www.instagram.com/montana_life1907/



SNSでシェア
詳しく見る