バターナイフは見えない収納

バターナイフは見えない収納
投稿日: 2020年6月30日 更新日: 2020年7月4日
閲覧数: 4,749
12 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
50代になった兼業主婦です。更年期障害で3年もだらけた生活をしていまし...
マーガリンのケースに挿しっぱなしのバターナイフ。
持ち手が飛び出していて、冷蔵庫の収納の邪魔になることがあります。

また差込口の穴があると、マーガリンが変色(乾燥)して黄色くなりやすいような…
かといって穴をあけずに蓋をして、バターナイフを別にするの面倒です。

そこで、ケースの中に収納しちゃうことにしました。

中のペーパーを半分に切って敷きっぱなしに

中のペーパーを半分に切って敷きっぱなしに

これで持ち手の方がマーガリンでベタつく事がありません。

半分使ったらペーパーを移動

半分使ったらペーパーを移動

マーガリンがなくなる最後まで、持ち手がベタつくこなくバターナイフを収納しておけます。

穴を作らないので乾燥防止に

穴を作らないので乾燥防止に

マーガリンは使っていると表面が黄色くなってくることがありますが、あれば空気に触れることで表面から水分が蒸発して(乾燥して)おこるのだそうです。

この収納方法だと、バターナイフの差込口を開けなくて済むので以前よりマーガリンが変色(乾燥)しにくくなりました。

コツ・ポイント

マーガリンケースに収納できるサイズのバターナイフが必要です。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード