春の極太アスパラガスは卵とろ〜り「ビスマルク風」で

春の極太アスパラガスは卵とろ〜り「ビスマルク風」で
投稿日: 2020年6月4日 更新日: 2021年3月9日
閲覧数: 8,183
8 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
ライター/料理人。息子、夫、ロングヘアード・ワイマラナーと4人で、極...
旬の北海道産アスパラガスが手に入ったら、その甘味と旨みを存分に味わえるよう
「Asparagi alla Bismarck アスパラガスのビスマルク風」を作りましょう。

alla Bismarck (ビスマルク風)とは、目玉焼きを仕上げにのっけるイタリア料理。
アスパラガスのほかには、
Pizza alla BismarckピッツァやBistecca(ビステッカ=ステーキ) alla Bismarck などがありますね。
日本ではポーチドエッグで作ることが多いですがイタリアでは本来、目玉焼き。
うちは冷蔵庫にポーチドエッグを常備しているので(低温調理器でまとめて作ってます♥︎)
ビスマルク風にもポーチドを使うけど、半熟目玉焼きでもOKですよ!

材料

  • アスパラガス :好きな量
  • :1〜3個
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
  • ブラックペッパー
  • オリーブオイル、塩

アスパラガスの下処理をして茹で、焼き色をつける

アスパラガスは根元を切り落とし、かたい部分とハカマをピーラーで剥きます。

お湯をわかして根元から茹で(1〜2分でOK)、オリーブオイルを敷いたグリルパンで焼き色をつけます。

焼けたら塩をまんべんなく振っておきましょう。

目玉焼きを半熟でつくる

目玉焼きを半熟でつくる

卵を半熟目玉焼きにします。

※写真のようにポーチドエッグを使う場合は、アスパラガスを茹でる前に用意しておきます。

お皿に盛って、チーズと黒コショウをたっぷり!

お皿に盛って、チーズと黒コショウをたっぷり!

アスパラガスの上に卵をのせたら、パルミジャーノ・レッジャーノとブラックペッパーをたっぷりふりかけて、できあがり!

黄味をからめながら、いただきましょう!

コツ・ポイント

今回はアスパラガスをたくさん使ったので卵も3個!
ですが、普通は1個で作ります★

春先のアスパラガスは太くて甘くてホントにおいしいので、
ぜひぜひお試しを!


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード