簡単お役立ちフェルト小物で、ほっこりティータイム

簡単お役立ちフェルト小物で、ほっこりティータイム
投稿日: 2014年11月12日 更新日: 2023年10月12日
閲覧数: 25,658
159 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
こんにちは。カルトナージュ教室を主宰しています。みんなが片づけやす...
おうちでのお一人様のんびりティータイムや、おともだちをお招きしたときは、とっておきのお砂糖を入れた、フェルト仕立ての「お砂糖入れ」と、プチプラ食器でセッティング。

ホットな飲み物と合わせて、ほっこりほっこり。

木製のトレイにひとまとめ。

木製のトレイにひとまとめ。

ミルク入れ・お菓子を置いているお皿はセリアで。
木製トレイは、
木工のワークショップで作った結構本格的なよいものです(^^)

ペーパーナプキンを添えて。

ペーパーナプキンを添えて。

何枚かペーパーナプキンを添えてカフェ気分♬
こちらもセリアで購入。

何枚か添えておくと、おともだちも遠慮なく使ってくれるので、
最初から数枚添えています。

(フェルトバックの作り方)

(フェルトバックの作り方)

正方形のフェルトを三等分するように線を引き(写真は分かりやすいように、紙に鉛筆で書いています)、同じ方向の4カ所に切り込みを入れます。
写真上段の真ん中の四角と、下段の真ん中の四角に、両サイドの四角をくっつけていくと箱になります。(フェルトが3枚重ねになります)

手芸用ボンドや、木工用ボンドでくっつけます。

あとは、持ち手を作り、くっつけるだけ。

ビスケットのフェルトマットを利用して・・・、

ビスケットのフェルトマットを利用して・・・、

追加のお菓子入れに。

こちらのフェルトマットもセリアでだいぶ前に購入。

(お菓子入れの作り方)

(お菓子入れの作り方)

100円の木箱の縁に白のフェルトを貼り、
ストライプのリボンを上に巻く。

フェルトマットを重ねて、フタとして使う。

コツ・ポイント

フェルトはぷっくり感を出すとかわいいと思うので、お砂糖入れは、縦・横・高さが同じの立方体になるようにしました。



SNSでシェア
詳しく見る