小学校でも持っていく人急増の理由は、面倒な洗い物がなくなる!から

小学校でも持っていく人急増の理由は、面倒な洗い物がなくなる!から
投稿日: 2018年8月9日 更新日: 2020年12月8日
閲覧数: 299,066
632 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
14歳女の子と12歳男の子のママです。出産前は美容師。ときどきヘアメイ...
お弁当セットの箸入れ、毎日洗うのは正直面倒。
プラスティック製は、作りが複雑。溝があったり、角がやたらある。スポンジでササッとなんてやっていると、気づけば角に汚れが!なんてことも。
その面倒な箸入れ洗いから解放できちゃう、箸入れが、子供たちが通う小学校でも人気になっています。

材料

  • 手ぬぐい
  • ヒモ

手縫でも簡単

手縫でも簡単

おうちにある余り布や手ぬぐいを使って簡単に作れるので、こどもに持たせているお母さん続出中。
うちもたくさん持っています。

嫌な洗い物から解放

嫌な洗い物から解放

ガチャガチャ音がならないようについているシリコンもあったり、ちょっと面倒がいっぱいの洗い物でした。

汚れは洗濯機にお任せ

汚れは洗濯機にお任せ

汚れが付くポケットを裏返して、洗濯機に入れるだけ。今までの嫌な洗い物から解放です。

手ぬぐい1枚で2枚

手ぬぐい1枚で2枚

1枚の手ぬぐいからは、2枚できちゃいます。

作り方

作り方

ヒモを三角形のテッペンに挟み、くの字に縫います。あとは、左側を14センチくらい折り縫うだけ。
右利きの方は、左を折った方が扱いやすいと思います。
左利きなら右を折るといいかなっと。

手縫でも簡単だし、アジも出るのでいいですよ。刺繍糸を使うのもかわいいのでオススメです。

コツ・ポイント

手ぬぐい1枚あれば、2枚作れるので、洗い替えも1枚でできちゃう低コストは魅力ですね。
最近の手ぬぐいは、かわいいですし、ちょっとシワになった手ぬぐいもまたよかったりします。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード





プレゼント&モニター募集