りんごジュースを使って作る!酸味優しい「とり手羽のさっぱり煮」

りんごジュースを使って作る!酸味優しい「とり手羽のさっぱり煮」
投稿日: 2017年9月1日 更新日: 2017年9月1日
閲覧数: 4,447
34 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
簡単レシピ・100均グッズでテーブルコーデ・お子さんと楽しめるハンドメ...
100%のりんごジュースを使って、ツンとお酢がきつくない「さっぱり煮」を作ってみました。
圧力鍋を使えば、時短になってほろほろのお肉になるのもあっという間!
お財布にも優しいとりの手羽元!骨から出るお出汁が最高!!是非作ってみて下さい。


*このレシピが生まれた背景*
優しいお酢っといえば「リンゴ酢」。でも、少しお値段が高いんですよね。
もっと気軽にリンゴ酢を楽しめたらいいのにな~っと思ったんです。
ならば、100パーセントのりんごジュースとお酢を混ぜて使ってみればいいんじゃないか?
単純な発想ですが、りんごの優しい甘味と酸味+お酢でツンとしないお酢を実現。

りんごの栄養も一緒にとれるし、来客でジュース買ったけど、あんまり消費出来なかった時にも
お勧めです。

材料 (2~3人分)

  • 鶏の手羽元 :6本
  • にんにく :3~4カケ
  • ☆100%りんごジュース :300cc
  • ☆米酢 :100cc
  • ☆薄口醤油 :30cc
  • ☆みりん :30cc
  • ブロッコリースプラウト(なくてもOK) :1パック

主な材料

主な材料

おもな材料は鶏の手羽元とにんにくだけ!
後で茹で卵を加えて頂いたりしたら、更にボリューム感がアップしますが、今回はスプラウトを添えたので、シンプルな材料にしました。

にんにくは半分位に切っておいてください。

材料と調味料を圧力鍋に入れます

材料と調味料を圧力鍋に入れます

圧力鍋に、鶏の手羽元とにんにく、☆印の調味料を入れます。

高圧で10分加圧する

高圧で10分加圧する

圧力鍋は蓋をして、ロックをしてから強火で加熱します。圧がかかったら、弱火にして10分加圧を続けて、自然減圧します。

圧力鍋は使うメーカーや機種によって異なりますので、お手持ちの圧力鍋の説明書をご覧下さい。

私の使用しているWMF JAPANのパーフェクトプラスというお鍋の場合は強火で加熱を続けると蓋の部分からキャップの様な物が上がり、リングが見えてきます。高圧の場合はオレンジの部分の2本目が見えるまで加圧が必要です。ここまでリングが上がったら、弱火にして加圧を続け、時間が経ったら、自然減圧(カチっと音がされるまで放置)

蓋を開けたら中火強で煮詰めます

蓋を開けたら中火強で煮詰めます

蓋をあけたら、まだ汁気が多い状態です。
よくタレを絡ませながら、煮詰めていきます

出来上がりの目安

出来上がりの目安

こちらが完成した鶏肉です。
かなりトローリと汁が濃縮されている位が出来上がりの目安です。

盛り付け

盛り付け

お好きなお皿に、鶏手羽を盛り付け、残ったタレを上からかけます。
根元を切り落として洗ったブロッコリースプラウトを添えれば完成。

栄養価の高いスプラウト。少しピリっと辛味があるので、コッテリしたお肉との相性抜群です。

コツ・ポイント

いつもご覧頂きましてありがとうございます。
あると便利な圧力鍋!でも実際は何をどうやって作って使っていいのか?なんて声もよく耳にします。私は平日は昼間が仕事だったりするので、時短である圧力鍋はちょっと手の込んだお料理を作りたい時や、鶏肉から出汁を取りたい!なんて時にも、使えて便利です。
特に煮込み系のお肉のほろほろ加減がこんなに短い時間で出来ちゃうのが素晴らしいです。
今回のレシピも圧力鍋以外のお鍋でも作って頂けますが、柔らかくなるまで時間がかかる旨ご了承ください。


SNSでシェア
詳しく見る


関連するキーワード