もうカーテンもブラインドも不要! ホムセンアイテムで掃き出し窓に板壁誕生~

もうカーテンもブラインドも不要! ホムセンアイテムで掃き出し窓に板壁誕生~
投稿日: 2017年7月3日 更新日: 2017年7月3日
閲覧数: 17,919
20 この人たちがステキしました
ステキをしている人
author
築30年の一戸建てをナチュラルかつ男前にリノベーションしています。100...
ご覧いただきありがとうございます✨

窓がたくさんの家は明るい! そう思って買ったマイホーム、でも物が溢れてカーテンをつけても、パーテーションを作ってもいまいち気に入らない!

それが、ホームセンター「コーナン」で見つけた、ブラインド効果のあるポリカーボネート樹脂製の板が遮光もできて、目隠しにもなり、お掃除も楽! とくれば買うしかない(笑)

それに、テレビボードで隠れてしまうけど、ちらちら見えるアルミサッシが古くさい!
またまた「コーナン」で、養生シートが一枚178円!

一緒に買って、このブラインドカーボとあわせ、
ダイソーの板壁柄リメイクシートとシールでおめかししました。悩みもすっきり解決!

ではゆっくりご覧ください✨

材料

  • ブラインドカーボ :コーナンで1980円
  • 養生シート :コーナンで178円
  • リメイクシート :ダイソー
  • 両面テープ :ダイソー 20mm
  • シール :ダイソー 2種類

丸見えガラスに貼って

丸見えガラスに貼って

窓の上半分は通りから丸見え! カフェカーテンを突っ張り棒でつけていたのを外し、まずはこの商品を半分はりました。もう視線が気にならない?

貼ったのはこちら!

貼ったのはこちら!

ブラインドカーボという商品で、窓一枚分で1980円でした。上半分に両面テープで張り付けていきます。サッシの色が見えないように、サッシの端まで塞ぐように貼ります。

その下は養生シートを

その下は養生シートを

両面テープで養生シートを張った写真です。この上からリメイクシートを貼ります。
ブラインドカーボとの重なり部分にも両面テープで貼りました。サッシの枠に貼っているので、ガラス窓とブラインドカーボや養生シートはくっついてはおらず、間が中空になっています。

リメイクシートを貼って

リメイクシートを貼って

養生シートも半分にカットしました。窓の大きさに合わせてカットしてから貼ります。

マロンの家は幅をカットしないでそのまま使いました。リメイクシートは5枚ほど使いました。

ブラインドカーボと養生シートの合わせ部分も両面テープを貼り、リメイクシートを横方向に、合わさった部分が隠れるように貼ると、気にならない!

仕上げにシールを貼って完成~

仕上げにシールを貼って完成~

すっきりしすぎて寂しい(笑) 感じだったので、
ダイソーのシールを2種類買って貼りました。ヴィンテージ! ぽくて大好きな柄です。

コツ・ポイント

夏らしくカーテンを替えようかと思っても、気に入る柄がなく、カーテンレールもないのでブラインドをつけるのも埃が気になる! 画期的なアイテムで夏らしくすっきりしました。サッシの端まで全部を覆ってしまうことで、サッシの存在感が消えます。サッシのカギはペロッとめくると出てきます。窓としてではなく、壁として考えて作りました。開け閉めする場所には不向きですので、くれぐれも注意! パーテーションもなくなり、中途半端なカフェカーテンもなくなったので、スッキリ! サッシの中心の部分は貼れてないので、白い養生テープを貼っています


SNSでシェア
詳しく見る




「リメイク・ハンドメイド」の人気アイデア